水腫やむくみによる5つの症状

· 4月 6, 2018
急激な疲労や倦怠感と共に起こる炎症性の四肢の痛みは水腫やむくみによるものだと知っていましたか?

水腫は私達の多くを悩ませている症状です。これは皮膚の下や体の特定の部分の組織に、不要な液体が蓄積されている、代謝が悪い状態のことを指します。

また、主に下半身に頻繁に見られる症状ですが、手や腕、顔、そして腹部に現れることもあります。

これは正確に病気と分類されているわけではありませんが、他の深刻な症状の警告サインとして出現し、循環器系やリンパ系の不具合、またはホルモンのバランスが整っていないことを意味します。

水腫やむくみに気づかないこともありますが、これは炎症プロセスの制御が上手く出来ていないので体に何らかの反応を引き起こすことがあるのです。

そして、そのような症状や合併症を避けられるよう、水腫やむくみの原因、そしてその原因になる習慣を理解することはとても重要なことです。

今回は、その主な症状とそれを防ぐためのアドバイスを紹介していきたいと思います。

軽く見てはいけない水腫やむくみの症状

軽度の水腫やむくみだと気づかないこともありますが、体重の微増を感じることがあります。

しかし、状態が悪化すると日々の生活をむしばむ一連の症状を引き起こしてしまうのです。

1.四肢の炎症

四肢の炎症

明らかなむくみが腕や脚に現れたら、それは水腫の症状だと言えます。

腕や脚が普段より太くなるのは、余分な水分が弁膜を圧迫することで起こる現象なので循環器系に何か問題があるということです。

また、以下の部分にも炎症が起こることがあるので覚えておいてください。

  • 腹部
  • 胸部

2.倦怠感

また、水腫やむくみが現れると、強い倦怠感を感じるのは一般的なことです。特に体を動かすことが面倒になるのです。

これは腹部の余分な水分があなたの体重を増やし、筋肉、リンパ系や循環器系に影響を与えているのです。

3.セルライト

セルライト

お尻や脚に現れるセルライトは様々な影響によって引き起こされています。しかし、その影響が余分な液体によるものなら、そのセルライトは目立ちやすい、そして治療しにくいものとなります。

もちろん様々な治療を駆使することで軽減することは出来ますが、その治療法の一つとして、不要な水分の蓄積を解消することも必要不可欠です。

4.疲労や不快感

余分な液体の蓄積が引き起こす問題が循環器系に影響を与えると、肉体の疲労や不快感を感じることがあります。

この問題は体に酸素を運ぶ働きや細胞に栄養を届ける働きを妨げます。これが私達の肉体的、そして精神的な能力を低下させるのです。

5.排尿の減少

排尿の減少

腎臓が体内の液体を適切に処理できないと、排尿量が減少し、泌尿器の感染リスクを高めてしまいます。

こちらの記事もご覧ください:思っているより危ないデリケートゾーンの5つの習慣

水腫やむくみの予防法

むくみを予防する習慣や治療法は多く存在します。これは様々な原因により引き起こされる問題ですが、生活習慣を改善することがこの問題を解消する重要なポイントとなります。

塩分を制限する

過度の塩分摂取は体内バランスの不具合を招き、不要な液体が組織に蓄積します。

ですので、摂取してはいけないとは言いませんが、しっかり量を制限することが大切です。また、以下の食べ物の摂取量を控えると良いでしょう。

  • ソーセージ
  • 缶詰
  • チーズ
  • スナック菓子
  • 炭酸飲料

水をたくさん飲む

たくさん水を飲む

水や健康的な飲料を十分飲まないと水腫やむくみを引き起こします。水を飲むと循環が調整されて、老廃物を除去し、腎臓の働きを改善してくれるのです。

利尿作用のある物を食べる

余分な液体を排出する為の利尿作用を持つ食品は多く存在します。

最もおすすめの食品は以下のようなものです。

  • パイナップル
  • アーティチョーク
  • ビーツ
  • アスパラガス
  • スイカ
  • メロン
  • しょうが
  • ホーステイル(すぎな)

こちらの記事もご覧ください:静脈瘤に効果的な5つの薬草

タイトな服は着ない

タイトな服を着ない

きつすぎる服は血液の循環を妨げ、水腫や静脈瘤などの原因となります。

運動をする

動かなかったり、ずっと同じ態勢で過ごしていると炎症や循環器の不具合、そして不要な液体の蓄積に繋がります。

20から30分間の運動を定期的に行うと、循環が良くなり、細胞に酸素が届きやすくなります。酸素が体内を巡ると体のバランスが整えられるのです。

あなたは今回紹介した症状に見覚えはありませんか?症状を抑える為に習慣を変えたり、必要な措置をとりましょう。

また、それでも症状が悪化するようなら、すぐにお医者さんと相談することも忘れないようにしましょう。