脳の化学成分のバランスを取り、鬱と向き合う3つの方法

1月 28, 2018
毎日外出し、30分歩くことが脳の化学成分に良く、セロトニンの生成を助けます。セロトニンが分泌されると気分が良くなるでしょう。

脳の化学成分によって、私たちの心はある特定の気分になりやすくなります。これは複雑でありながらとても興味深いプロセスです。私たちの神経伝達物質に不安定さや変化があり、モチベーションから最悪の悲しみ、喜びまで経験することができます。だからこそ、鬱と向き合うことができるよう、基本的なことを理解しておくことが重要なのです。

これらの生化学的変化は複数の要因に寄ります。例えば、低セロトニンの値が無力、無快感症、永久的な落胆に導くところに内因性の種類の鬱があります。

一方外因性の鬱は、私たちの周りの物事だけでなく、私たちが物事を扱う方法、大小関係なく毎日向き合う事柄にも関連しているのです。

また同時に、鬱は特定のアミノ酸と、セロトニン、ノルエピネフリン、ドーパミンといった特定の神経伝達物質のコンビネーションにも関連しています。

脳の化学成分は私たちの感情的な状態を決定付けます。時には薬に頼るしかないという場合も多くあるということはご存知でしょうが、今日は、補完的なストラテジーについてお話したいと思います。

これらの神経伝達物質を規制する自然な方法があります。どのようにすれば良いのかご説明しましょう。

1. ドーパミン不足と鬱

後ろ姿の男性

ドーパミンの値が低いと、次のような明らかな症状が起こります。倦怠感、無気力、急激な気分の変化、身の回りのことに対する興味の喪失、鬱などです。鬱に向き合うのは難しいことかもしれません。

ドーパミンは脳にとって最も重要な神経伝達物質の一つです。神経細胞間のコミュニケーションを仲介します。

また、ドーパミンには私たちの動き、運動技能、エネルギー(またはモチベーション)を作り出す時に不可欠な機能を持っていることで知られています。

ドーパミンの値を自然に増やすには

  • ドーパミンを増やす基礎アミノ酸があります。Lフェニルアラニンとして知られているアミノ酸です。
  • 私たちの体は自然にLフェニルアラニンを合成することができません。そのため、食物から摂り入れることが必要なのです。
  • Lフェニルアラニンがチロシンに変化した時、同時にドーパミンを生成します。

アミノ酸は以下のような食べ物から摂取することができるでしょう。

  • 乳製品
  • アーモンドやクルミなどのナッツ類
  • シード類(ゴマ、ヒマワリの種、カボチャの種)
  • バナナ
  • ビーツ
  • チョコレート
  • 緑茶
  • ブルーベリージュース
  • ノニジュース

また、瞑想や適度なスポーツといった活動も脳の化学成分のバランスを取るのに役立つでしょう。

2. 幸せホルモン、セロトニン

両手を広げる女性

抗鬱剤の多くは、一連の抑制剤がセロトニンの生成を妨げないように働きかけます。そしてそのことで、鬱と向き合うのをより難しくさせるのです。

  • セロトニンの値が低いとストレス、落胆、ネガティブな考え、絶望などを引き起こす原因となりえます。
  • そのため、薬剤師の中には、この神経伝達物質の正しい生成のために働いている人もいます。
  • しかし、セロトニンの生成を自然に促すことがやはり大切なのです。

セロトニンの値を上昇させる方法

  • バナナ、ダークチョコレート、アボカド、鶏肉、スイカ、ブルーベリー、牛乳、プランテーンなど(ドーパミン値を増やす食べ物)の消費量を増やし、食生活を改善しましょう。
  • 新しい趣味など何か新しいことを始めましょう。絵画教室、ダンスクラス、ヨガなど…
  • 音楽を聴く:脳の化学成分のバランスを保つ働きをするポジティブな感情
  • 外出して人に会う

3. 脳の化学成分のバランスを取るには、適切な睡眠が必要

脳の断面

質の良い睡眠を取っていない、寝付くまでに何時間もかかる、睡眠不足が続くなどは様々な結果をもたらします。

良い睡眠を十分に取れていないと、セロトニンの値が減少します。結果、倦怠感や過敏、鬱に直面するリスクの上昇などが考えられます。

ぐっすりと眠ることは脳の化学成分のバランスを取る健康的な方法です。これにより神経伝達物質が規制され、感情的により強く、よりポジティブにする助けとなります。

脳の健康を維持するための良い睡眠を取るには

  • 同じ時間に食事をする、就寝するなど毎日同じスケジュールで行動しましょう。
  • パソコン、携帯電話、タブレットを切るなど、就寝する2時間前から電子機器の使用を控えましょう。
  • 午後にエクササイズをしましょう。しかし、就寝する直前に行ってはいけません。
  • 寝る時間になったら毎日同じことをしましょう。温かいシャワーに入る、ハチミツ入りのミルクを飲む、ベッドで本を読む、リラックスするなど。
  • 部屋の温度を適温に保ちましょう。暖かすぎずせず、強いの香りを避けるなどは体の休息に影響を与えます。

鬱に向き合い、治療するために脳の化学成分を正常に保つことは薬に頼ることではありません。このトンネルを抜け出すには、より心理学的な方策やヒューマンリソース、より良い生活習慣などが必要となるでしょう

 

あなたへおすすめ