その恋愛には未来はありますか?

恋愛関係を終わらせるときにとても悲しい気持ちになります。特にかつて幸せだった二人にとっての別れはとても悲しく、取り乱しても仕方ないでしょう。

なぜ人は恋愛関係に行き詰まりを感じるのでしょうか?

ロマンチックな二人の関係が停滞したり先に進まないように感じるのには多くの理由があります。また二人の関係に未来が見えなくなっていてもそれを認めたくないだけかもしれません。

しかしどれだけ否定しても、破壊的な結末しかない関係があります。

本記事では、永遠に続くように見える関係に終わりを告げるべき時が来た兆候を見極める方法をご紹介します。

1. 何かが間違っているように感じることが続く

何かが間違っているように感じる時、不安が私たちを襲い、何かが間違っていることには気づいているのに、深く考えないようにしがちです。

自分のパートナーがあなたに対して誠実でなかったり、正直ではないと気づいたとき、また相手に対して疑いの感情を持つ自分との葛藤などが原因でこのような感情が生まれます。

相手を責める気持ちから起こるのではなく、二人の恋愛関係の調和を保つための解決策を探したいと言う気持ちから相手への疑問がわきあがります。

しかし相手が協力的ではない場合や、あなたの疑問や不安に対して解決策を見つけようとしないなら、その人は一緒にいる価値のない相手です。

2. 一方的に自分の気持ちを伝える関係

二人のうちどちらかが罪の意識を感じているとき、その関係には未来がないと考えられます。

二人の関係が自分にとってどれほど大切かを相手に伝えたいときがあります。

自分が相手を大切に思う気持ちや、今後も二人の関係を続けていきたいという気持ちを相手に伝えても、相手の反応がないときやあなたが期待する反応ではないときどのような気持ちになりますか?

あなたが常に相手に自分の気持ちを伝えるだけの関係ならば、あなたが気持ちを伝える努力をやめた瞬間から、二人の関係は壊れ、そこから関係は前進しません。

一方が相手に与え、もう一方は何もしない関係では、必ず問題が生じ、その関係には未来はありません。

3. 性生活に満足できないとき

「え?」と驚くかもしれませんが、性生活が以前ほど楽しくない場合、二人の関係に問題が生じている可能性があります。

二人の関係や性生活の新鮮さを保つために新しい行為を試したいと考えても、性生活は二人の問題です。

あなただけが望んでもうまくいきません。

性生活も含め恋愛関係の希望を相手にしっかりと伝えて話し合う機会を設けてください。何か悩んでいることがある場合、心の奥にしまっても自然に解決することはありません。

4. 本当の自分でいることを諦める日々が続く時

パートナーといるとき、または恋愛関係が始まってから、本当の自分でいられないように感じ、本当の自分を見せるのを諦めてはいませんか?

恋愛関係が続くうちに、自分が気づかないうちに本当の自分を忘れていることもあります。

また恋愛当初は本当の自分でいられたのに、関係が続くにつれて恋愛が始まった当初の自分ではなくなっているように感じるのなら、パートナーがあなたを大切に扱っていないことが原因かもしれません。

自分が不当に扱われていないか、そして自分はふさわしい扱いを受けているか、改めて考える必要があります。

自分の原動力となることや幸せ、そして将来の夢を諦め、自分は価値のない人間だと思っていませんか?

このように感じる時は、一度恋愛関係から距離を置いて、本当の自分を見つめ直してください。

あなたと常に一緒にいる人はあなたのパートナーではなく、あなた自身です。


恋愛関係を終わらせる時、悲しい気持ちが私たちを襲います。

その関係がかつて幸せなものであったならなおさらです。しかし、あなたを混乱させてしまう関係は終わらせる必要があります。

二人の関係が複雑になってしまった時、本当の自分を見失った時、パートナーとの言い争いが絶えない時、新しい第一歩を踏み出す必要があります。

自然に問題が解決することを待っているのは時間の無駄です。二人の関係に未来がないと感じた時が新しい道に進む時です。