食生活にゼラチンを加えるべき5つの理由

ゼラチンをはじめとするタンパク質は、私たちのエネルギーレベルを高めて、パフォーマンスを向上させるのに役立ちます。今回の記事では、ゼラチンの利点について詳しく学びましょう。
食生活にゼラチンを加えるべき5つの理由

最後の更新: 28 10月, 2019

食生活にゼラチンを加えるべき理由をご存知ですか?

ゼラチンは、健康的なデザートの材料として人気を集め、低カロリーで体内の代謝の機能をサポートする高エネルギー栄養素が含まれているため、減量を促進する効果が期待できるといわれています。

ゼラチンを摂取しないほうがいいという意見もありますが、これはゼラチンを使った市販品には多くの添加物や着色料が添加されていることがその原因の一つであり、現在では、できる限り自然な方法で摂取をすれば、私たちの健康に有益だという考えが主流となっています。

低カロリーのゼラチンは、食間の空腹を緩和して食べ過ぎを予防する効果があります。

さらに、タンパク質と抗酸化物質が豊富に含まれているため、体内に入ると、筋肉量の増加や健康な体重の維持に欠かせない体内機能を促進する効果も期待できます。

ゼラチンとは何?

減量を目的とした食生活にゼラチンを加える効果について説明する前に、ゼラチンという食品についてご紹介します。

味のついていない一般的なゼラチンは、牛と豚の結合組織を処理して作られる動物由来の増粘剤です。

ゼラチンパウダーやシートとして販売されており、デザートをはじめとする様々なレシピの材料として人気です。

主な栄養素はコラーゲンですが、炭水化物や抗酸化物質も含まれています。

食事にゼラチンを加える理由

減量効果を促進するためにゼラチンを摂取するべき理由はいくつかありますが、ゼラチンをどのように使うかによっても、その効果が大きく異なります。

ゼラチンを健康的な自然食品と組み合わせると、バランスのとれた食生活に最適なデザートに仕上がります。

ゼラチンの利点を見ていきましょう。

1. 空腹感の緩和

ケーキ 食生活にゼラチンを加えるべき理由

ゼラチンを食事に加えると、空腹を和らげるのに役立つため、過食につながる過剰な食欲を軽減する低カロリーのスナックとなります。

2. 運動能力を改善する

カロリーが低いにもかかわらず、タンパク質と炭水化物を含むゼラチンは、エネルギー源として機能することに加えて、ビタミンとミネラルが、運動能力を向上させます。

3. 筋肉量を増やす

筋トレ 食生活にゼラチンを加えるべき理由
筋肉量を増やしたい場合は、食事にゼラチンを加えてください。

ゼラチンに含まれるアミノ酸の1つがアルギニンで、アルギニンが体内に吸収されると、クレアチンの獲得に役立ちます。

クレアチンは、筋肉量を増やす過程でとても大切な決定要因であり、他のタンパク質と一緒に、強くて引き締まった体を作るのに役立ちます。

4. 消化を改善する

食事にゼラチンを加えると、消化機能を促進し、特定の栄養素の同化が改善されます。これは、胃の中の塩酸を刺激するグリシンと呼ばれるアミノ酸が含まれているからです。

さらに、便秘を解消し、胃酸の逆流を軽減する効果も期待できます。

5. 脂質とコレステロールが含まれていない

ゼラチンには脂肪やコレステロールが含まれていません。

そのため、ゼラチンを使ったデザートを作るときに砂糖や添加物などを加えなければ、体重増加の引き金とならない健康的なデザートを作ることができます。

ゼラチンを使った減量メニュー

フルーツゼリー 食生活にゼラチンを加えるべき理由
手作りデザートを作るのが、ゼラチンの最も健康的な摂取方法です。

食事にゼラチンを加えてその効果を最大限に活用するためには、できるだけ自然な方法でゼラチンを食事に加えてください。

ゼラチンを使ったデザートが市販されていますが、砂糖や添加物が加えられた高カロリーのデザートである場合は多くあります。

ゼラチンは、朝のスナックまたは午後のおやつの材料に使ったり、ジュースなどに加える方法もあります。

ゼラチンを食事に加える際の使用例を、いくつかご紹介します。

朝食

  • ゼラチンを加えた天然果汁のジュース 1杯(200 ml)
  • 紅茶またはコーヒー 1杯(250 ml)
  • クリームチーズ入り全粒穀類のパン 2切れ
  • 果物 1切れ

昼食

  • 玄米 大さじ2(40 g)
  • 鶏肉または魚(100 g)
  • 蒸し野菜 3サービング
  • ミックスサラダ サラダボウル 1杯
  • 果物入りゼラチン(水で戻したもの) 1回分

夕食

  • 野菜スープ 1杯
  • ゼラチン 1回分
  • 緑茶 1カップ(250 ml)

これはあくまでの食事の例です。

毎日の食事プランとしては使用しないでください。

減量に役立つゼラチンジュース

ゼラチンジュースは、朝食やスナックの一部として飲めば、ゼラチンを食生活に取り入れて最大限に活用するための、手軽で効果的な方法となります。

ただし、ゼラチンには下剤に似た作用があるため、過剰摂取は避けてください。

材料

  • ゼラチン 大さじ3(45 g)
  • お湯 1カップ(250 ml)
  • 果物 1切れ(風味に)
  • フラックスシード 大さじ1(15 g)
  • 生のおろし生姜 小さじ1(5 g)
  • 氷(お好みで)

作り方

  • お湯でゼラチンを戻します。
  • 他の材料と一緒にブレンダーに入れてゼラチンを混ぜます。

摂取方法

  • 出来上がったジュースは2回分です。
  • 朝1回、そして午後1回飲んでください。

今回ご紹介したように、ゼラチンには多くの利点があり、様々な方法で摂取することができます。

減量の大きな味方になるゼラチンを早速試してみませんか?

こちらの記事もおすすめです。
ゼラチンを使ったレシピ4選
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
ゼラチンを使ったレシピ4選

ゼラチンは美味で使い勝手が良いため、様々な形のレシピがたくさんあります。ゼラチンは長い間食べられてきた、アミノ酸が豊富な食べ物です。この記事では、ゼラチンを使ってできるおいしくてヘルシーなデザートを4つご紹介します。超簡単に作れて、時間もかかりませんよ。



  • Coronado H, M., Vega y León, S., Gutiérrez T, R., Vázquez F, M., & Radilla V, C. Antioxidantes: perspectiva actual para la salud humana. Revista Chilena de Nutrición. Junio 2015. 42 (2).
  • González, I. (2015). Gelatina. FEUM.
  • Jäger R, Kerksick Ch. M, et al. International Society of Sports Nutrition Position Stand: protein and exercise. Journal of the International Society of Sports Nutrition. junio 2017. 14: 20.
  • Levine M, Violet P. C. Breaking down, starting up: can a vitamin C – enriched gelatin supplement before exercise increase collagen synthesis? American Journal of Clinical Nutrition. Enero 2017. 105 (1): 5-7.
  • Medline Plus. Creatina. Biblioteca Nacional de Medicina de Estados Unidos. Octubre 2021.
  • Roberts J, Zinchenko A, et al. The short-term effect of high versus moderate protein intake on recovery after strength training in resistance-trained individuals. Journal of the International Society of Sports Nutrition. Noviembre 2017. 14: 44.
  • Salvador, A., Suay, F., & Martínez-Sanchís, S. (1995). Deporte y salud: efectos de la actividad deportiva sobre el bienestar psicológico y mecanismos hormonales subyacentes. Psicología General Aplicada. 1995. 48 (1): 125-137.