食品添加物にはどんな種類があるの?

食品添加物の摂取を完全に避けることは非常に困難です。しかし、その摂取を控えめにすることで、有益な健康効果をもたらすこともあるものです。今回は、食品業界の中でも特に多く使われる食品添加物の種類についてお伝えします。
食品添加物にはどんな種類があるの?

最後の更新: 31 1月, 2021

食品添加物とは、食品の特性や保存性を向上させるために食品業界が使用する一連の物質のことです。その多くは安全なものですが、中には専門家の間で意見の食い違いが生じるものもあります。詳しい説明を始める前に、食品添加物には様々な種類があることを理解しておきましょう。まず、食品添加物はグループに分類されています。

食品添加物のいくつかは、体に無害であるか、あるいは有益なものもあり、ゲル化剤の場合がこれに当てはまります。しかし、他のもの、例えば甘味料は、腸内細菌叢への影響で物議を醸しています。

食品添加物の種類

食品添加物の主な分類と人体の健康への影響を説明します。

1. 保存料

保存料とは、食品に微生物が増えるリスクを軽減し、保存性を高めるための物質のことです。保存料の多くは、腸内で代謝や吸収を行わないため、人体には無害です。

しかし、最も一般的な食品添加物の1つである亜硝酸塩は、いくつかの形態の癌の発生率を増加させます。Nutrients誌に掲載された研究は、この主張を裏付ける証拠を発表しています。

食肉産業は防腐剤を使用しており、専門家が加工された赤身肉の消費を控えるよう呼びかけている主な理由となっています。この種の食品は、他の添加物の中でも特に亜硝酸塩が多く使われ、健康状態が悪化することと関連していると言われます。

食品添加物の種類 赤身肉
加工された赤身肉に使われる亜硝酸塩は、中期的な健康被害に関連しています。

2. 香料

香料とは、その名の通り、食品の臭いを気にならなくしたり、より良くしたりする役割を持つ物質のことです。基本的に、過剰摂取による腸の不調を除き、健康には無害です。

腸の不調として最も多いのは下痢です。しかし、長期的に見れば、香料は有害ではないか、少なくとも、科学的な文献では、有害とみなすエビデンスはまだ出ていません。

3. 着色料

このタイプの食品添加物は、色をつけるために使用されます。一部の着色料は、ある種の癌の発症との関係から禁止されています。

しかし、現在食品業界では、風味を加えるために多量の色素を使用しています。これらの色素は悪影響を与えないだけでなく、病気の発症を防ぐ効果もあります。ブルーベリーの色の原因となり、抗酸化作用を発揮するアントシアニンがその代表例でしょう。Critical Reviews in Food Science and Nutritionという学術誌に掲載された研究によると、アントシアニンは病気の予防に役立つとされています。

食品ラベルを確認するときは、食品添加物に注意を払うことが大切です。天然着色料(特に植物由来の植物栄養素)が使用されている場合は、その製品に含まれる他の物質に有害なものが含まれない限り、その製品を有害だと考える必要はありません。

4. 甘味料

この種類は、栄養学の専門家の間で最も議論を呼んでいるものです。甘味料とは、砂糖の代わりになる甘さがある物質のことです。しかし、甘味料が砂糖自体よりもはるかに優れているかどうかについては、まだ議論が飛び交っています。甘味料の中では、サッカリン、ステビア、スクラロース、アスパルテームが目立ちます。

中には、腸でこれらの甘味料の多くを代謝しないと主張する人もいますが、ほとんどの研究では、腸内微生物叢に悪影響があることが示されています。確かに、結果を確実に推定できることはできませんが、安全性を確認するための長期的な実験が行われていないのも事実です。

5. 化学調味料

化学調味料の中には、食品の有機臭の特性を改善する一連の食品添加物が含まれています。これらの中で最も重要なものの1つはグルタミン酸ナトリウムであり、これは近年発見されたうま味の素であり、特に東洋の料理に見られます。

多くの工業製品では、食品の受容性を向上させ、その口当たりを向上させるために、この種類の食品添加物が使われています。これらは、先験的に健康に有害なものではありません。ただ、塩分の過剰摂取には注意が必要です。

6. 安定剤、ゲル化剤、乳化剤

この種類の食品添加物は、食品の食感を改善する役割を担っています。これらは人体に悪影響を与えるものではなく、むしろその逆の作用があります。

このカテゴリーに該当するものの中には、腸内細菌叢を刺激してその機能を向上させる性質を持つものがあり、例えば寒天藻類の場合です。

ゲル化剤の定期的な消費は、腸内にいる細菌の成長を促進するための発酵を起こします。このプロセスは、栄養素の代謝を改善し、肥満や代謝性疾患のリスクを減らすことができます。学術誌Gut Microbesに発表された研究が、同様のエビデンスを示しています。

寒天 食品添加物の種類
寒天は、健康に良い添加物です。

7. 加工デンプン

デンプンは焼き菓子などの製品に使用され、食品や生地にもちもちとした弾力性を与えるために使われていて頻繁に目にすることがあります。デンプンは多糖類の混合物で構成されており、炭水化物です。それ自体は、人体に有害ではありません。

座りがちな生活の人には炭水化物の過剰摂取は有益ではありません。運動中に使われるグリコーゲンの補充のために炭水化物を摂取しなければならないスポーツ選手なら話は別です。

しかし、加工デンプンを高温にさらすと、アクリルアミドのようないくつかの有毒物質が発生します。研究では、これらが健康に有害であることが示されています。

8. 酸味料

食品の味を引き立てるために酸味料も使用されます。硫酸ナトリウムと硫酸カリウムは最も使われるものの例です。これらは、規定の用量を超えない限り、体内で有害な結果を引き起こすことはありません。

過剰摂取をすると、下剤を服用したような症状が出る可能性があります。例えば、キャンディーやチューインガムを食べすぎたときに起こります。

9. 酵素

酵素は、乳糖不耐症の人のための食品や、栄養補助食品産業によって作られる製品に典型的に見られるものです。最も一般的なケースは、ラクターゼという酵素の存在が乳糖の代謝を助けるため、乳糖不耐症の患者が摂取する場合です。

また、栄養素の消化を良くしてガスの発生を防ぐために、消化酵素を配合したプロテインアイソレートや濃縮物として見られる場合もあります。酵素は健康を害するものではなく、安全に使用できると考えられています。

こちらもお読みください:朝食にオススメの健康的な食品

10. 酸化防止剤

酸化防止剤とは、食品の酸化を防いだり、遅らせたりする食品添加物のことで、食品の保存期間を延ばす働きがあります。例えばアスコルビン酸(ビタミンC)などがあります。

酸化防止剤は、アボカドやリンゴなどの果物の腐敗を防ぎます。さらに、食品に取り入れることで、免疫システムの機能にも良い影響を与えます。実際、ビタミンCの摂取量を増やすと、風邪の回復を早めることが知られています。

食品添加物の一般的な機能

では、添加物の主な機能について見ていくにあたり、なぜ添加物が頻繁に使われているのかを理解していただきたいと思います。

食品の栄養価を保つ

食品業界で使用されている物質の多くは、製品の栄養価を維持することを目的としています。このように、酸素との接触を減らすことで、酸化を防止し、ビタミンの保存性を高めることができます。

食品の健康性を維持する

保存料は、食品の保存期間を延ばすことで、保存性を高め、微生物による汚染のリスクを軽減します。このように食品中毒のリスクを減らすことで、健康を守るのです。

食品のpHバランスを整え、発酵を促進する

食品業界で使用されている食品添加物の多くは、製品の酸塩基バランスを調整することで、製品の保存性を向上させています。また、ゲル化剤や安定剤は、より効率的な発酵をもたらし、善玉菌の増殖により食品に付加価値を与えることができます。

食品に色や風味を与える

これは、食品業界が添加物を使用する理由の1つです。有機物の特性を改善することが、売上高の大幅な増加に繋がります。そして、ひいては企業に良い影響を与えます。それが人体の健康リスクがないことを確認する必要があるのですが、その確認が常に行われているわけではありません。

食品の食感や粘りを改善する

加工品の食感がいつも完璧で、手作り品の食感とは違うのはなぜなのか、不思議に思ったことがあると思います。それは間違いなく、その成分に含まれる食品添加物の存在によるものです。

この種の添加物は、成分を圧縮し、食品に弾力性や粘り気を与え、食感に影響を与えます。

加工肉 食品添加物の種類
加工食品は、色や食感を整えるための添加物により、一定の見た目を保っています。

食品添加物の副作用

食品添加物には使用のルールや特定の目的がありますが、必ずしも健康上安全とは限りません。特に過剰に摂取した場合には、一連の副作用が発生します。そのため、大量に摂取することはおすすめできません。

亜硝酸塩や人工甘味料などの防腐剤にも注意が必要です。後者は、腸内に生息するフローラに変化をもたらす可能性があり、栄養素の代謝や消化に影響を与えます。

食品添加物はほぼ全ての食品に含まれている

食品添加物は、今日、ほぼ全ての食事に含まれていることに注意することが重要です。食品添加物の消費を避けることは難しく、おそらく、それが可能であるとしても、そうすることはお勧めできません。常に同じ方法で対処すべきというわけではありませんが、摂取量を控えめにすることが重要です。

健康的な食生活の基本は、様々な種類の食品と、加工されたものより、新鮮なものを優先することです。また、体重増加を防ぐためには、カロリーの観点からもバランスがとれていなければなりません。

こちらの記事もおすすめです。
健康的な食事のためにできるちょっとしたこと11選
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
健康的な食事のためにできるちょっとしたこと11選

より健康的な食事をすることは、とっても大変でお金もかかるに違いない、と思い込んでいる人はたくさんいます。これは間違った思い込みです。実際には、予算に影響を与えずに食事をより健康的にする方法はたくさんあります。実際の方法を下記でお伝えします。食事をより健康的にする11の方法。



  • Song P., Wu L., Guan W., Dietary nitrates, nitrites, and nitrosamines intake and the risk of gastric cancer: a meta analysis. Nutrients, 2015. 7 (12): 9872-95.
  • Valenzuela, Rodrigo, and Ana María Ronco. “Acrilamida en los alimentos.” Revista chilena de nutrición 34.1 (2007): 8-16.
  • Yousuf B., Gul K., Wani AA., Singh P., Health benefits of anthocyanins and their encapsulation for potential use in food systems: a review. Crit Rev Food Sci Nutr, 2016. 56 (13): 2223-30.
  • Pearlman M., Obert JI., Casey L., The asociation between artificial sweeteners and obesity. Curr Gastroenterol Rep, 2017.
  • Holscher HD., Dietary fiber and prebiotics and the gastrointestinal microbiota. Gut Microbes, 2017. 8 (2): 172-184.
  • Bucher A., White N., Vitamin C in the prevention and treatment of the common cold. Am J Lifestyle Med, 2016. 10 (3): 181-183.
  • Díaz, María Consuelo, and Alice Glaves. “Relación entre consumo de alimentos procesados, ultraprocesados y riesgo de cáncer: una revisión sistemática.” Revista chilena de nutrición 47.5 (2020): 808-821.
  • Carbonero-Carreño, Rocío. “Glutamato monosódico “la trampa de los alimentos sabrosos”.” Trastornos de la conducta alimentaria 17 (2013): 1863-1876.
  • Durán, Samuel, Karla Cordón, and María del Pilar Rodríguez. “Edulcorantes no nutritivos, riesgos, apetito y ganancia de peso.” Revista chilena de nutrición 40.3 (2013): 309-314.