食道の機能障害:食道アカラシアの症状と治療法

食道アカラシアは、固形物だけでなく液体を飲み込むことができないまれな食道の機能障害です。この病気がどのように診断されるのか、そしてどのような治療法があるのか見てみましょう。
食道の機能障害:食道アカラシアの症状と治療法

最後の更新: 19 12月, 2019

食道アカラシアは、年齢を問わず発症する食道の機能障害で、とてもまれな疾患です。

食道が拡張することで食物が胃に入ることができないのが主な症状で、深刻な問題を引き起こします。

食道アカラシアに関する様々な研究が行われています。

現段階では、食道アカラシアの原因を特定できていませんが、男女の両方に発症する病気で、遺伝性ではないことがわかっています。

食道アカラシアの症候学

医師がこの病気を診断する際には、その症状に注意を払う必要があります。

  • 嚥下障害:固形食品や柔らかい食品の両方を飲み込むのが難しいだけでなく、液体を飲むことができない状態です。主に食道上部の収縮が原因です。
  • 胸痛:頻繁に起こることではありませんが、下部食道括約筋に収縮がある場合には、腹痛が起こる可能性があります。
  • 食べ物の逆流:食道アカラシアに苦しむ人の中には、消化した食べ物が逆流してしまう人もいます。これは、食品や液体を飲み込むことができないためです。
  • 減量:体内システムに食べ物を取り込むことがができないため、体重が減り、貧血などの症状が起こることがあります。

食道を通過できず、逆流してない食べ物や液体が肺に入る可能性があることも知って起きましょう。

これは睡眠時にも起こる可能性があるため、呼吸器感染症や誤嚥性肺炎などを引き起こす原因となります。

このため、嚥下障害の疑いがある場合は、できるだけ早く医師の診察を受ける必要があります。

こちらもご参考に:食道炎の症状を改善する5つの自然療法

食道アカラシアの診断

前述の症状を発症している患者には、正しい診断を確立するために特定の検査を実施する必要があります。

最も一般的な検査は次の2つです。

食道内圧検査

食道の筋肉の圧力である内圧を測定することができます。

食道内圧検査では、鼻から細いカテーテルを挿入して食道と胃を観察します。

患者が不快に感じる方法なので、通常は局所麻酔を行います。

 食道造影食道透視検査

これは、食道アカラシアを診断する別の方法で、患者が事前にバリウム液を飲んで行う簡単な検査です。

事前にバリウムを飲んだ患者は、仰向けになってX線テーブルの前に立ちます。

患者は大量の水を摂取したり、息を止めたりすることで、医者が正しく検査を行うことができます。

発見:逆流性食道炎を和らげる4つの自家製制酸剤

食道アカラシアの治療

食道アカラシアの症状が現れている場合は、すぐに医師に相談してください。

食道アカラシアの治療は、症状の重症度、患者の年齢、そして気道感染症などの様々な要因を考慮して行われます。

現在行われている治療をご紹介します。

  • バルーン拡張術:バルーンを食道括約筋に挿入して膨らませることで、食道を開いて拡大します。通常、この治療は繰り返しが必要です。
  • ボトックス:内視鏡を通して食道括約筋に注入される筋弛緩薬です。手術を受けることができない高齢者に行われるのが一般的です。
  • 筋弛緩薬:この治療には、食べる前に筋肉を弛緩させる薬が必要です。しかし、この治療法の問題は多くの副作用があることです。
  • 手術:若い患者にとっては特に、最良の選択肢です。原因不明な問題に対する効果的な解決策と言えるでしょう。

結論

食べ物や水を飲み込むのに問題がある場合は、すぐに医師の診察を受ける必要があります。

嚥下困難と不安障害の症状は混同されることがあるため、正しい診断を受けるためにも必ず医師の診察を受けてください。

嚥下困難の原因が特定されれば、効果的な治療を開始することができますし、食品を摂取できないことや肺に入ってしまうなどの問題を、最小限に抑えて予防することができます。

現在、食道アカラシアの根本原因を特定するために、様々な研究が活発に行われています。

食道アカラシアを予防する方法が見つかるのを願っています。

それはあなたに興味があるかもしれません...
みんな健康Read it in みんな健康
あなたには当てはまりませんか?/食道疾患の症状

食道は人間の身体の中でとても重要な役割を果たしている器官で、食べ物や飲み物を運んでくれます。でも私たちがその存在を感じるのは、すごく大きなものを飲み込んだ時や、思いのほか冷たいものや熱いものを飲んだ時ぐらいのものです。けれども健康のことを考えるなら、普段見過ごされがちな体調の変化に注意を払うべきです。