白い舌を綺麗にする自然療法

· 7月 12, 2018
下が白いのは肝臓不全が原因の場合もあるので、もしそうかな、と思ったら医療専門家に相談しましょう。

舌が白いのは深刻な状態ではないかもしれませんが、時に深刻に感じることもあります。白い舌が深刻な問題の前触れだと誰もが信じてしまいそうな話で溢れていますが、非常に稀なことです。

でも、肝臓不全や消化器官の問題に関係がある可能性も事実です。

ですので、舌が白い時は医療専門家に相談するのがオススメです。カンジダ症の可能性もあります。

一方で、単に衛生的問題だったり、タバコの副作用や免疫系の低下が原因のこともあります。免疫系の低下は、ストレスへの反応から急な時差の変化までと、様々な原因で起こります。

どれが原因にせよ、問題解決に役立つ自然療法をいくつかご紹介します。

白い舌に効く自然療法

1. にんにく2片を毎日

にんにく

白い舌を治すのに、ニンニクは効果てきめん。舌が白い原因がなんにせよ、ニンニクの性質がピッタリ作用します。

何よりもまず、ニンニクの抗酸化物質と抗菌作用が効果的。これらの特性のおかげで、舌のカンジダ症や細菌を殺すのに役立ちます。

加えて、ニンニクにはビタミンがたっぷり含まれているので、免疫系を整えて早く回復しやすくなります。ビタミンはまた、細胞の再生も刺激してくれることをお忘れなく。

やり方

  • 生ニンニクが非常にオススメ。味がどうしても嫌だったり、口臭が気になるなら、サラダや冷たい食べ物に混ぜてみて。
  • 生ニンニク自体がどうしても無理なら、火を通せば臭いが和らぎ、効果も残ります。

こちらもお読みください:自宅でニンニクを栽培する方法

2. 粗塩

そのザラザラした食感から、粗塩が良く効くスクラブ剤だというのは明らかですよね。しかも、粗塩のミネラルは栄養豊富で、舌を保護してくれます。抗酸化物質に似た作用があり、回復を早めます。

また、殺菌効果もあるので感染に効果的。

可能であれば、未精製の塩を選びましょう。未精製の塩は化学処理がされていないので、よりナチュラルです。

やり方

  • この自然療法を試すには、塩をひとつまみ塩に塗り込むだけで大丈夫。
  • 塩を積極的に塗り込みすぎると、状態がかえって悪化するのでご注意を。

3. アロエベラジェル

アロエベラ

生薬におけるこの植物の役割は、ニンニクに相当します。数え切れないほどの効果があるので、ほとんどどんな問題にも使うことができます。

非常に便利なので、お家にアロエベラを育てることをオススメします。育て方も簡単で、まるでお家に薬局があるみたいです。

抗炎症と殺菌効果がばっちりですので、白い舌を治すのに必要です。

効果を最大限に生かすために、ジェルを小さじ1舌に乗せ、円を描くように1分間マッサージします。

その他の使用法はこちら:

材料

  • アロエベラジェル 小さじ1(15g)
  • 水 1カップ(200ml)

やり方

  • アロエベラジェルを小さじ1お水の入ったコップに入れ、よく混ぜて飲む。
  • 症状がなくなるまで1日2回この療法を試す。

こちらもお読みください: アロエベラのゲルを保存する最適な方法

 

4. ターメリック

ターメリック

辛い食べ物と同様に、ターメリックにも感染や菌や口内の痛みを治す作用があります。

面白いのは、「スパイス」というとヒリヒリした感覚といつも関連付けがちなことです。でも、その感覚は一瞬だけで、そのあとは白い舌が原因だった痛みが引くのがわかるはず。

それだけではなく、ターメリックの排水作用が肝臓の機能改善に繋がり、胆嚢の機能も助けてくれます。

効果を最大限に引き出すには、レモンを一緒に混ぜましょう。

材料

  • ターメリック 小さじ1(5g)
  • レモン汁(必要分のみ)

やり方

  • ターメリック小さじ1と柑橘系の絞り汁を用意する。決まった分量はなく、ペースト状にするのに必要な分だけ使用する。
  • ペーストにしたら、舌に2分間塗り込んで、水で洗い流す。

ご紹介したように、簡単にできる自然療法ばかりです。簡単なのに効果はばっちりだと証明されています。

自然界には様々な生薬がありますので活用しましょう。