アロエベラのゲルを保存する最適な方法

9月 5, 2016
ご家庭でアロエベラのゲルを取り出して使う時、残ったゲルをどう有効に保存するかで頭を悩ますことがありますが、健康に効果のある成分を保持したまま保存する方法があるのです。

ここ何十年かの間に、医薬品の代替療法として、また美容品としてアロエベラが幅広く使われるようになり、その人気が高まっています。

アロエベラの主成分は、葉のゲルの部分に多く含まれています。体内に取り入れることによる内用効果と、身体に塗ることによる外用効果の二つの効果があります。

多くの製薬会社や化粧品会社がアロエベラを抽出し、自社製品の有効成分として使っています。

しかし、アロエベラの効果を最大に活用するために、今でも自然な形で取り入れている人も多いことでしょう。

アロエベラを使う時に一番困るのが、せっかく取り出したアロエベラをすべて使い切れないことです。

アロエベラを無駄にしてしまう!そんな心配をする必要はありません。実は、アロエベラのジェルを長期保存する良い方法がいくつかあるのです。

今回は、必要な時にアロエベラのゲルをすぐに使える便利な保存方法をご紹介します。

ハチミツを使った保存方法

2-aloe-vera

天然の糖分を多く含むハチミツが「賞味期限切れ」になることはありません。果物のジャムやシロップ漬けの果物と同じように、ハチミツを使ってアロエベラの長期保存をすることができます。アロエベラとハチミツの相性はよく、問題なくご使用いただけます。

保存方法

  • アロエの葉からゲルを取り出した後、ゲルについている黄色の液体を洗い流します。
  • ゲルに同量のハチミツを混ぜます。
  • スムージー、お茶、顔用のマスクなどにご使用ください。

 

アロエベラのゲルを冷凍庫で保存する方法

3-aloe-cubes

アロエベラのゲルは冷凍庫で長期保存することもできます。ゲルの有効成分と効能のほとんどを保持したまま保存できますし、天然の応急処置薬としてもご使用いただけます。

保存方法

  • 好きな大きさのアロエベラの葉を選びます。
  • 鋭いナイフを使い、葉の外側を切ります。この時、アロエベラのとげの部分に触れないように気をつけてください。
  • スプーンを使って葉の内側のゼリー状の部分を取り出し、製氷器に入れます。
  • 必要ならば、手を使って製氷器の型に収まるよう押し入れてください。
  • 製氷器を冷凍庫で保存し、少量のアロエベラが必要な時に取り出して使います。

 

効果を高めるための方法

  • アロエベラのゲルを長期保存してその効果を高めるためには、ライム果汁が効果的です。ライムを半分に切って果汁をしぼり、製氷器一つ毎に数滴を加えます。
  • 肌、爪、または髪のお手入れにアロエベラご使用になる予定なら、カプセル状のビタミンEを加えてもよいでしょう。

ビタミンCを使った保存方法

4-aloe-vera

アロエベラのゲルにビタミンCを加えると、冷蔵庫で最長1ヶ月の保存が可能になります。

アロエベラの天然抗酸化作用と再生効果を高める保存方法です。

保存方法

  • アロエベラの葉の先からとげに沿って両側を切ります。
  • 水に24時間浸けます。水は2回交換してください。
  • 肌に刺激を与える強い苦み成分である黄色い液体、アロインをここで取り除きます。
  • スプーンでゲルを取り出します。
  • ゲル、ビタミンCの錠剤、そして小麦胚芽油(ウィートジャームオイル)小さじ1杯をブレンダーに入れて混ぜます。
  • すべて入れて数秒間混ぜた後、ガラスの容器に流し入れます。
  • 上部に泡ができますが、数日で消えます。
  • 容器に蓋をして、冷蔵庫で保存します。
  • 少量ずつ必要な時に、お手軽に使える保存方法です。

今回ご紹介した、お手軽なアロエベラのゲルを保存する方法は、素晴らしい効能を持つアロエベラを無駄にすることなく、有効にお使いいただける方法です。

ぜひご活用ください。

あなたへおすすめ