口臭を解消する5つのコツ

12月 17, 2017
口臭の悩みは、自分に自信が持てなくなったりするのに影響するだけでなく、あなたを周囲の人々から遠ざけてしまう恐れもある社会生活上の問題だと言えます。

口の臭いが気になりますか? 科学的には口腔内から発散される嫌な臭いを総称して口臭と呼びます。しかし、その原因は口の中が不衛生かどうかとは関係ない場合もあります。

大多数の成人が人生のある時点で口臭に悩みますが、嫌な臭いの一般的な原因は舌の裏に細菌が繁殖することにあります。

また口臭には臭いの強弱のレベルがあります。例えば、唾の臭いは午前中の方が強いですし、特定の日は他の日よりも強かったりします。

健全な唾液であれば、細胞の残骸をより早く吸収してくれるので、唾液の粘り気に注意することが重要です。唾液が少ない、あるいは濁っている場合は、細菌が腐った化合物を放ち、結果として臭い息を出すことになるからです。

息が臭くなる原因

  • 悪習慣
  • 薬の副作用
  • ストレス
  • 歯科的な問題
  • 舌苔(ぜったい)
  • 口、鼻、喉の腫瘍
  • 唾液量の不足
  • 細菌感染症
  • 喫煙や飲酒
  • 慢性疾患

原因が特定できず、対症療法しか手の打ちようがない場合もあります。が、本当に解決法はあるのでしょうか?

まず最初にするべきことは、正確な診断を受け、重大な病気でないか確認するために専門家の診察を受けることです。表面的に口のお手入れに気を付けても、原因が内臓の病気であれば何の役にも立ちません。

診察の結果大きな問題でないと分かれば、今回ご紹介する口臭を消すコツをぜひお試しください。

1. 口の中の清潔に気を付ける

デンタルフロスを使う口

口の中をきれいにすることを毎日の習慣にすることが重要ポイントです。元々細菌が無数に存在しているので、1日でも怠ってはいけません。

  • 歯、歯茎、舌というカギとなる部分を洗う。
  • 食べカスを取り除くためにデンタルフロスを1日に2回使用する。
  • 舌クリーナーの付いた柔らかい毛の歯ブラシを使う。
  • できるだけ口の奥深くまで磨く。
  • 少なくとも年に1度は歯科検診を受ける。
  • 消毒のため時々重曹でうがいをする
  • 週に1度、歯ブラシをオキシドールに浸す。

 

2. 食生活に気を付ける

特に臭い息の原因になる食品があります。高脂肪の食品、肉類、香辛料、乳製品あるいは砂糖が多く含まれている食品などです。

これらの食品を摂り過ぎると、消化プロセスが進まず、息が臭くなります。

 

3. ビタミン類を多く摂る

野菜果物、シリアル、ナッツ

必要な栄養素やビタミン類の不足が口臭の原因かもしれません。

ビタミンやミネラルは抗酸化作用があり、細胞組織を保護し良い状態に保つので、細菌を殺す免疫系がより強くなるでしょう。

余分な粘液や毒素をのぞくため、ビタミンサプリメントを摂るのも良い方法です。

 

4. 消化器系をいたわる

消化がうまくできないと、胃腸炎、便秘、下痢などを引き起こしますが、口臭はこれらの病気の症状の一つでもあります。

次の点に注意してください。

  • 食物繊維(全粒穀物や新鮮なフルーツ)を多く摂る。
  • 酵素の豊富な食品(パパイヤ、アボカド、パイナップル)を摂る。
  • リンゴ酢を毎日の食事に取り入れる。リンゴ酢には食べものを分解する塩酸が含まれる。
  • 1日に少なくとも2リットルの水を飲む

 

5. フレッシュハーブを摂る。

フレッシュハーブ

自然界には抗菌作用、抗炎症作用、殺菌作用のある植物が無数にあります。これらは口の嫌な臭いを克服するには素晴らしい味方です。

  • ローズマリー、パセリ、バジル、タイムは口臭を消す効果がある。
  • レモンと塩を混ぜたものは、口の中の消毒になり、潤いを与える。
  • クローブティーは口臭予防になる。
  • フェンネルは舌や歯茎を健康に保つ効果がある。
  • リンゴあるいはセロリを噛むとよい。
  • セージのエッセンシャルオイルは口の中の消毒に使える。

 

要注意サイン

  • 口の中が苦い味がしたら、ビリルビンが過剰になっているサインで、肝臓に異常がある可能性があります。
  • 金属の匂いがする時は、尿酸の蓄積による可能性があり、腎臓の問題が疑われます。
  • 腐ったような臭いがする時は、細菌感染が疑われます。
  • 甘い匂いの場合は、グルコースの増加を示しており、糖尿病の患者にはよくあることです。

あなたもお口の臭いに気を付けましょう!

あなたへおすすめ