真菌感染症を家庭で治療する方法

5月 23, 2017
効果を高めるには、これらの療法をしっかりと取り入れると同時に、真菌感染を促す過度の湿気を避けることが大切です。

真菌感染症は、皮膚糸状菌やイースト菌など様々な種類の菌による感染によって引き起こされます。

こういった微生物は、皮膚、毛髪、などに含まれる非常にデリケートなたんぱく質、ケラチンの古い角質の元で繁殖します。

症状は場合によって異なりますが、一般的には痒みや変色、皮むけ、臭いなどを引き起こします。

免疫力の低い人に繰り返し発症することが多いですが、湿度が高く風通しの悪い環境ではどんな人にも起こりうることです。

幸い、真菌感染を抑えることのできる様々な民間療法があり、合併症を予防したり、体の他の部分に広がることを防いだりすることができます。

以下では、費用のかかる商品に頼ってしまう前に試せる、色々なレシピをご紹介したいと思います。

真菌感染に効くオレガノオイル

oregano oil

オレガノのエッセンシャルオイルには抗カビ効果があり、真菌やその他の微生物の影響を抑えます。

鎮静効果と肌の保湿効果を高めるために、少量のオリーブオイルと混ぜることをオススメします。

材料

  • オレガノオイル 大さじ1(15g)
  • オリーブオイル 小さじ1(14g)

使用方法

  • 2種類のオイルをボウルの中で混ぜ合わせ、真菌感染の治療に必要な量を使用してください。
  • 1日に2回、毎日塗りましょう。

レモンと重曹

レモンと重曹で作るペーストには抗カビ効果があり、イースト菌やその他のカビが繁殖するのを抑えます。

材料

  • レモン果汁 1個分
  • 重曹 大さじ1(10g)

使用方法

  • レモンを絞り、大さじ1杯の重曹を混ぜ合わせてペーストを作ります。
  • 出来上がったら、患部に塗って5分間置き、洗い流しましょう。
  • 感染症が治るまで続けましょう。
  • レモンと重曹のケアの後は、患部が乾燥しないように保湿クリームを塗りましょう。
  • 太陽光による悪影響を避けるため、夜に行うようにしてください。

りんご酢

apple cider vinear

りんご酢に含まれるリンゴ酸や酢酸は、肌本来のpHバランスを整え、菌の育つ環境に変化を与えます。

ティーツリーのエッセンシャルオイルを数滴加えることで、皮膚の感染症に効くより万能な治療法にすることができます。

材料

  • りんご酢 1/2カップ(125mL)
  • ティーツリーエッセンシャルオイル 5滴
  • 水 2L

使用方法

  • 水を心地よい温度になるまで温め、りんご酢とティーツリーオイルを加えます。
  • お風呂のように10分間ほど患部をお湯に浸します。効果を高めるためには、週に3回は行いましょう。

プレーンヨーグルト

プレーンヨーグルトに含まれる生きた培養菌には殺菌効果があり、様々なバクテリアによる影響を抑えます。

材料

  • プレーンヨーグルト 1/2カップ(125g)
  • レモン果汁 1/4個分

使用方法

  • ヨーグルトとレモン果汁を混ぜ、患部に塗り込みます。
  • 30分間置いてから、洗い流しましょう。

ニンニク

Garlic

ニンニクは最高の効果をもつ天然の抗カビ剤の一つです。ニンニクのもつ硫黄化合物は、感染症を食い止め、菌が皮膚の他の部分へ広がるのを防ぎます。

ニンニクを食べることで、免疫機能を高めたり、病気を引き起こす毒素の排出を促したりできます。

材料

  • ニンニク 5片
  • オリーブオイル 大さじ1(14g)

使用方法

  • すり鉢を使ってニンニクをペースト状に潰し、オリーブオイルを混ぜます。
  • ペーストを患部に塗り、5分間置いてから洗い流します。
  • 毎日続けましょう。

アロエベラ

アロエの葉にあるジェルは、真菌感染によって引き起こされた刺激や赤みを自然に鎮静してくれる優れものです。

材料

  • アロエベラジェル 大さじ1(15g)
  • ココナッツオイル 小さじ1(15g)

使用方法

  • アロエベラジェルとココナッツオイルを混ぜ、固めのペーストにします。
  • ペーストを患部に塗り広げ、一晩置きましょう。
  • 毎日塗ってください。

シーソルト

sea salt

少量のシーソルトと水だけで、炎症やかゆみなど、真菌感染による不快な症状を和らげることができます。

材料

  • シーソルト 大さじ1(10g)
  • 水 グラス1/2(100mL)

使用方法

  • シーソルトを水に溶かし、これを1日に3回患部に塗りましょう。
  • 真菌感染が収まるまで毎日続けましょう。

これらの療法の中から気に入ったものを選び、真菌感染が治るまでしっかり続けましょう。

万が一副作用が見られた場合は、すぐに洗い流して、他の方法を試してください。

あなたへおすすめ