脂肪を燃焼する10の食べ物

· 1月 10, 2016
 脂肪を燃焼し体重を減らすことが容易でないということを知らない人はいないでしょう。しかし、不可能なことではないのです。
よりスタイルを良くしたい、健康になりたいなど理由は何であれ、減量を達成することは自分自身に誓いをたて、努力した結果なのです。

“短期間で痩せられる”と公言している“魔法の”ダイエット方法や商品にまどわされてはいけません。ダイエット用サプリが役に立つ場合もあるでしょうが、それを摂取しているだけでは減量は成功しません。また、そういった商品や厳しいダイエットはあなたの健康に害を及ぼすこともあるのです。

脂肪を燃焼し減量するのに一番の方法は、明確で健康的な食生活を送り、日常的にエクササイズを行うことです。この2点を行うことで、体に良い影響を与え、健康的な体重を維持するキーとなります。自然界には脂肪の燃焼を助ける食物があり、頻繁に食生活に取り入れることで自然に減量を達成できるでしょう。

 

緑茶

緑茶

 

日本ではお馴染みの緑茶、近年は欧米でも人気がますます高まっています。脂肪を多く摂取する食生活をしていても、緑茶を飲むことで減量に効果があることが研究の結果わかっています。

緑茶には食べ物に含まれる脂肪を吸収し、新陳代謝を促す力があるということが、ペンシルベニア州の研究グループにより発表されています。これは脂肪を燃焼する鍵になります。

こちらの記事もご覧ください:1日をとおして脂肪燃焼するための10ケ条

スイカ

スイカには水分がたくさん含まれていて、減量に大変効果があります。スイカを食べると満足感を得やすく、抗酸化作用が脂肪を燃焼する働きをします。 頻繁にスイカを食べることで、特にお腹周りの脂肪が燃焼されやすくなるでしょう。

リンゴ

リンゴ

リンゴにはペクチンと呼ばれる物質が含まれていて、体のデトックスを促し、悪玉コレステロールを防いでくれます。リンゴはビタミンC、ベータカロチン、食物繊維、フィトステロール、フラボノイド、抗酸化物質、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含んでいるため、減量に効果があります。

ブドウ

ブドウやレーズンにはデトックス効果があり、減量したい方にぴったりの食べ物です。ブドウやレーズンはカリウムやビタミンBが豊富に含んでいるため、コレステロールをコントロールするのに役立ちます。ブドウを食べて脂肪を燃焼するブドウダイエットとも言えるでしょう。

トマト

トマト

トマトはカロリーの低い食べ物です。トマト1個につきわずか33カロリーしか含まれていません。トマトには抗酸化作用があり、体のデトックスを促し、新陳代謝を活性化し、脂肪の燃焼に効果のあるビタミンやミネラルを豊富に含んでいるため、減量をしたい時に理想的な食べ物です。

こちらの記事もご覧ください:ダイエットにぴったりのキャベツスープ

生野菜

生の野菜、特に緑の葉もの野菜はカロリーが低く、体に水分を補給します。サラダとして食べたり、スムージーに加えると美味しく食べることができます。サラダほうれん草、ニンジン、トマト、西洋ネギ、レタス、セロリ、ナスなどがお勧めです。

卵

卵そのものに脂肪燃焼作用はないのですが、健康的に減量するには欠かせない食物ですので、ぜひ食生活に取り入れることをお勧めします。

卵を1日2個、特に朝食に食べると減量の手助けとなります。卵を食べると満足感が得られますし、タンパク質やエネルギー源として優れていますので、ダイエットをより促進してくれるでしょう。

オーツ麦

オーツ麦は、私たちが食べる食物の中で最も健康な食物です。炭水化物、食物繊維、タンパク質が豊富に含まれており、グリセミック指数の低い穀物です。また、エネルギー源となる不飽和脂肪や微量栄養素が優れています。食べると満腹感が得られますし、消化を促し、新陳代謝を改善します。

スープスープ

質の良い野菜スープは減量したい時の味方です。他の料理とは異なり、野菜スープは低カロリーで美味しいだけでなく、満腹感が得やすく、野菜の恵みをまるごと摂取することができます。スープは野菜だけでなく、鶏肉、オーツ麦、米などを使ってバリエーションを広げるとよいでしょう。

は健康的な脂肪を含んだ最高のタンパク源だと言えます。ほとんどの魚は脂肪分が少なく、オメガ3を豊富に含んでいます。お勧めの魚は、舌平目、タラ、イカ、メカジキ、ニシンなどです。

Sae-Tan S, Rogers CJ, Lambert JD. Decaffeinated Green   Tea and Voluntary Exercise Induce Gene Changes   Related to Beige Adipocyte Formation in High Fat-Fed   Obese Mice. J Funct Foods. 2015;14:210-214.