1日をとおして脂肪燃焼するための10ヶ条

· 12月 9, 2015
朝ごはんは、カラダが目覚め、基礎代謝で脂肪を燃焼し始めるために欠かせません。また、1日を元気にスタートするためのエネルギーを与えてくれます。

脂肪を燃焼する…これって、ミッションインポッシブル? いえいえ、そんなことはありません。わたしたちはひとりひとり基礎代謝のタイプがちがっており、やせやすい人もいれば、やせにくい人もいることは周知の事実。でも、今回ご紹介するシンプルな習慣に身体を慣らしていけば、少しずつ脂肪を燃焼することができるんです! 1日をとおして脂肪燃焼するための10ヶ条、ごいっしょにチェックしていきましょう。

1. 赤唐辛子とレモン入り緑茶で1日をスタートする

赤唐辛子入り緑茶-500x427

このシンプルなお茶は、基礎代謝を高めるのにピッタリです。緑茶のダイエット効果については別の記事でもお話しました。ここで、ぜひそれを実行に移そうではありませんか! このお茶のヒミツ? とってもカンタンです。赤唐辛子とレモン入りの緑茶は、わたしたちの体温を上げることで基礎代謝を高め、脂肪の燃焼をうながしてくれるのです。このため、気づかないうちにカロリーを燃焼している、という結果が得られるわけです。これは、熱発生効果(サーモジェネシス)として知られています。おまけに、飲むだけで満足感が得られるという、すぐれたダイエット茶です。

このお茶は、冷たくして飲む方がさらに効果的です。温度が低いと、身体がもっとエネルギーを消費するからです。作り方もカンタン:カップに緑茶のティーバッグ1個と赤唐辛子1つまみを入れて、熱湯を注ぐだけ。よくまぜてからレモンのしぼり汁少々を加え、冷蔵庫で10分間ほど冷やして飲みましょう。最大の効果を得るためには、作り置きせず、そのつど作って飲んでください。

2. 朝ごはんをしっかり食べる

手軽な朝ごはん

朝ごはんは1日のうちで最も大切な食事です。ダイエットと称し、朝食も夕食も抜いてしまう人がいます。そして空腹のあまり、1日に1回だけの食事時についドカ食いしてしまったり、間食が増えてしまったり。これでは、まったくの逆効果を招いてしまいます。おまけに、朝ごはんを抜くと、基礎代謝が低くなります。燃焼する熱量がないため、身体が脂肪を貯め込んでしまうのです。

ですから、毎朝バランスのよい、きちんとした朝ごはんをしっかり食べる必要があります。理想的な組み合わせは、しぼりたての生ジュース・オートミール・コーヒー。これに卵を加えてもいいでしょう。脂肪分の少ないタンパク質を提供してくれるうえ、満腹感を与えてくれます。きちんとした朝ごはんを食べると、元気いっぱいで1日をスタートできますし、頭痛を防ぎ、基礎代謝を高めます。覚えておきましょう!

3. ビタミンDを摂る

ビタミンD-500x313

ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ニュートリッション』に掲載された論文をはじめ、いくつかの研究によると、脂肪を燃焼してやせることができにくい女性たちの多くは、ビタミンDの摂取量を増やすことで状況を改善できるそうです。ビタミンDは、鮭・ヨーグルト・シリアル・ツナのオイル漬けなどに含まれているほか、市販のサプリで摂ることもできます。

4. 20−20の法則を実行する

歩いて減量

20−20の法則は、毎日脂肪を燃焼したい人たちに人気の合い言葉のようなもの。シンプルだからこそ、継続する意志力が必要となります。朝起きたら、腹筋運動を20回。1日をとおして、20分間走るか歩く。そして階段を20段上る。さっそく実行してみましょう!

5. 水を2リットル飲む

水を飲むメリット

これはもっとも知られており、もっともシンプルなアドバイスですが、現実には必ずしも実行できていないのではないでしょうか。毎日、水をコップ6~8杯飲んでいますか。ただの水は飲みにくくて……という方は、レモン汁をちょっとまぜてみましょう。ずっと飲みやすくなりますよ!

6. もっと食物繊維を摂る

オートミール-500x333

食物繊維は、脂肪を燃焼し、基礎代謝を調整するほか、消化を整え、便秘を防ぐのに大いに役立ちます。1日のスタートには、ボウル1杯のオートミールがぴったりです。夕食には、ブロッコリー・アスパラガス・カリフラワーなどを食べましょう。パンを食べるなら、全粒粉パンを選びましょう。例えばライ麦パン—おいしいうえに、健康・ダイエット効果をもたらしてくれます。

7. 1日1個の青リンゴを食べる

グラニースミス-500x290

これもよく知られており、効果のある脂肪燃焼法です。仕事中に急に食べたくなった時のために、バッグの中に1個忍ばせておきましょう。青リンゴは、よく洗ってから、皮ごと食べるのがベスト。ダイエットに役立つ成分の多くは、リンゴの皮にあるからです。ヘルシーでおいしくて健康にいい青リンゴを1日に1個食べれば、医者いらずで過ごせます。

8. 日常習慣から抜け出す

自転車乗り

「日常習慣からの脱却」ーなんて、自己改造法のマントラみたいですが、日常の考え方を変えることで、もっと脂肪を燃焼することができるんです。むずかしいことではありません。例えば、エレベーターに乗る代わりに階段を使う・駅から家までわざと遠回りしてみる・ソファに長時間座り込まない・友達とカフェで長話するより、いっしょに公園を散歩する……。そんなシンプルなチョイスが、大きな力となっていきます。

9. 睡眠衛生に気をくばる

猫が睡眠について教えてくれること

睡眠衛生って聞いたことがありますか。平たくいえば、だれでもしっかり、ぐっすり寝る必要があるということ。驚かれるかもしれませんが、十分な睡眠は脂肪燃焼を助けてくれるんです。そのヒミツは、わたしたちが深い眠りについている間に、身体が毒素を排出することにあります。リンパ系と肝臓をとおして、身体に不要なものを取りのぞくのです。そのおかげで、脂肪をより効果的に燃焼・排出できるようになります。個人差はありますが、毎日6~8時間は睡眠にあてる必要があります。夜更かしはやめて、夕食後2時間以上たってからベッドに入るようにしましょう。

10. もっと笑う!

笑い

さて最後は、思わず笑顔がこぼれるウレシイ事実で締くくりです:笑いは脂肪燃焼に役立つんです! さまざまな研究から、1日に15~20分間笑うと、最高50カロリーを燃焼することができるそうです。大笑いすると、確かにお腹の筋肉、使ってますよねえ?

1日をとおして脂肪燃焼するための10ヶ条、さっそく今日から実行しましょう!