脂肪を燃焼する食品10種

· 10月 31, 2015
脂肪を燃焼し、メタボリズムをスピードアップしたいと思ったら、ニンニクと玉ねぎを食事に加えましょう。生が一番です。体から毒素を除き、消化を助けます。

健康的な体重を維持し健康でいるためには、食生活が最も大切なことの一つです。健康的な食生活は、体がきちんと動くために必要な栄養を提供し、病気を防ぎます。理想体重を維持するのを助ける「脂肪を燃焼する」食べ物があると言われています。しかし「脂肪の燃焼」をすることで、減量できると思われがちですが、実際は脂肪の燃焼は、消化を助けメタボリズムを促進し、体液貯留を予防します。

脂肪を燃焼する食べ物を食生活に加える理由は、メタボリズムを促し、消費した他の脂質を燃焼するためです。奇跡の食べ物の話をしているのではありません。賢い食生活、十分な運動、その他のいい習慣があれば、ダイエットに繋がり、体重は減ります。では、説明はこれぐらいにして、実際に脂肪を燃焼する食品10種を見ていきましょう。

ダークチョコレート

チョコレートは健康には有益で、抗酸化物質を始めとする体にいい成分が豊富です。特にダークチョコレートはほとんど砂糖を含んでおらず、長時間満足感が続くモノ不飽和脂肪が豊富です。

キヌア

kinua

キヌアは抗酸化物質、鉄分、亜鉛、セレニウムとビタミンEが豊富なことで知られています。高たんぱく質なので、脂肪を燃焼するパワフルな食べ物となっており、最近のダイエットプランに良く登場し有名になりました。キヌアは野菜やナッツ、低脂肪のたんぱく質と混ぜて食します。

レタス

葉物の野菜を食することは脂肪の燃焼と体重の減量には常に良いことです。レタスは鉄分と大量の食物繊維を含み利尿効果があります。

とうがらし

toogarashi

脂肪を燃焼し体重を減らすスパイスの中でも、一番いいと言われているものです。赤ピーマンとカイエンペッパーは、レモンやオレンジよりもビタミンCが豊富です。更に、抗酸化物質で脂肪を燃焼するメタボリズムの機能を活性化します。

グレープフルーツ

グレープフルーツは炭水化物が豊富で90%は水分で構成されています。脂肪の燃焼にはオススメで、というのも、含まれるクエン酸がスリムの源だからです。加えてグレープフルーツは、コレステロール値を調整し、風邪やインフルエンザを治します。

オーツ麦

ootsumugi to onaka

オーツ麦はメタボリズムを活性化し消化を改善するため、脂肪を燃焼する最も強力な食品の1つです。複合糖質、食物繊維、たんぱく質が豊富です。不飽和脂肪と、体が1日に必要とする栄養を含んでいます。

野菜スープ

野菜スープはカロリーの高い食べ物を避け、食欲を満たし、脂肪を燃焼したい時の味方です。食事に野菜スープを加えることで、脂質の高い食物の代わりとなります。そしてカロリーの低い野菜から様々な利益も得られます。

ナッツ

kurumi

ナッツはビタミンE、オメガ3脂肪酸、植物性タンパク質、食物繊維、抗酸化物質が豊富なことで良く知られています。適度にナッツを食せば、健康に弊害のある悪玉コレステロール値を下げ、ダイエットの助けになります。

魚は最も健康的なタンパク質の供給源です。体にとって「良い」と言われている脂質のオメガ3が含まれていることによって、脂肪の燃焼を助けます。カレイ、タラ、イカ、ナマズ、ニシンなど、脂肪分の少ない魚を取り入れます。

玉ねぎとニンニク

tamanegi

玉ねぎとニンニクはとても似た性質で、両方ともメタボリズムを盛んにし脂肪の燃焼を助けます。玉ねぎとニンニクは、健康な血液循環を促進し、血糖値を調整し抗炎症に加え、消化を助け体の毒素を除いてくれます。