蠕動運動の驚くべき仕組みを学ぼう

8月 7, 2020
蠕動運動とは、私たちの体内にある管状の器官内において、いくつかの物質を移動させる人体機能です。この記事では、蠕動運動の仕組みについて説明します。

蠕動運動とは、人体の管状の器官で発生する筋肉の収縮です。これには、胃腸管や尿路も含まれ、管状の構造が物質を輸送します。

蠕動収縮はリズミカルで体系的な人体機能で、正常と見なされる頻度で、管状器官の壁にある平滑筋を介して起こります。

平滑筋は自律的な収縮を行う不随意筋です。つまり、意識的にこの筋肉に収縮命令を出きず、自分がコントロールできない脳の命令にのみ依存します。

脳が消化管内の食物の存在に気づくと、関係する体の平滑筋に、口から肛門への食物の輸送という特定の動きを実行するための命令を送ります。

同じメカニズムが尿路系にも当てはまります。腎臓が生成した尿の存在を脳が検出すると、脳が情報を送信して、蠕動運動によって尿管が尿を膀胱へと運びます。

このことからもわかるように、蠕動には3つの主要な機能があると言えます。

  • 食物が消化管を移動する
  • 消化器系の一部である肝臓の胆汁を循環させる
  • 尿を尿路に移動する

蠕動運動の段階

蠕動運動の驚くべき仕組みを学ぼう

蠕動運動により、ボーラス(食塊)が消化器系を通過します。

蠕動運動は、リズミカルかつ体系化した状態で起こります。食物が口に入り、押しつぶされると、食道に到達します。ここで蠕動運動は、ボーラスと呼ばれることもある食塊(図を参照)を胃に移動する役割を果たします。これらの同じ動きは、食塊が上部に戻るのを防ぎます。

胃が胃酸を分泌し、食塊に正しく作用した後は小腸に移動します。そして蠕動運動によって、食塊は、十二指腸、空腸、および回腸に移動し、そこで胆嚢からの胆汁酸が加わります。

小腸での栄養吸収は、蠕動運動が良好な状態かどうかに大きく依存します。蠕動運動が適切に実行されることで、小さな物質の腸壁への移動が可能になります。

最後に、消化された食品は大腸で水分が吸収され、残ったものが便として排出されるため、調整された動きが便の排出に重要な役割を果たします。直腸と肛門の両方は、これらの動きに依存しながら最後の段階を実行します。

こちらもご参照を:消化器系に良いお茶4選

蠕動運動が低下する原因

本記事でご説明するさまざまな理由により、私たち人間の蠕動運動が通常よりも低下してゆっくりになることがあります。これは消化管における便秘につながり、さらに便秘は、健康上の問題を引き起こす可能性があります。

蠕動運動の低下の最も一般的な原因には、次のものがあります。

  • 年齢:高齢者と幼い子供は、平滑筋に障害が起こりやすい年齢のため、どちらも便秘になりやすくなります。
  • 糖尿病:糖尿病は、消化器系を含む身体の様々な領域の神経伝達に影響を与えます。
  • パーキンソン病:パーキンソン病に苦しむ患者は、頻繁に便秘に苦しむ可能性があります。
  • 自己免疫疾患:強皮症や多発性筋炎の患者は、蠕動運動が減少します。
  • 薬剤:一部の薬物には、便秘や蠕動活動が低下する副作用を持つものがあります。このタイプの薬を服用する場合は、処方する医師に相談し、服用前に副作用の可能性を理解することで、実際に蠕動運動の低下が起きても驚くことはないでしょう。
蠕動運動の驚くべき仕組みを学ぼう お腹を押さえる人

小児期の特徴として、蠕動リズムが変化します。

こちらもご覧ください:子どもの便秘を改善させるには?症状と対策について

蠕動運動が増える原因

蠕動運動の低下に苦しむのと同じように、動きが必要以上に活発化すると、下痢などのひどい症状を引き起こす可能性があります。蠕動運動が増える最も一般的な原因をご紹介します。

  • 細菌感染症:下痢を引き起こす最も一般的な細菌は、大腸菌、サルモネラ菌、そして赤痢菌です。患者は細菌が含まれた食物や水を摂取することで細菌に感染します。
  • ウイルス感染:子供の場合は、一般的なウイルス感染が原因で蠕動運動が増加します。この場合は、脱水症状を避けるために、医療機関における観察が必要です。
  • 薬剤:特定の薬が便秘などの影響を与えるのと同じように、下痢を引き起こす可能性がある薬があります。
  • 慢性疾患:一般的に流行している疾患のいくつかには、蠕動運動が活発化するという症状が現れるものがあります。たとえば、甲状腺機能不全はその一つです。
  • 心理的要因:腸はストレスの多い状況に影響を受けて反応します。運動が平滑筋を刺激する神経系に依存していることからもわかるように、これは論理的な要因です。
  • 消化器系の外科手術:さまざまな理由で胃または腸の手術を受けた人は、介在する神経線維の破損や消化管が短くなったことにより、将来的に蠕動リズムの変化を経験する可能性があります。

結論

まとめると、蠕動運動とは正常で重要な身体機能です。消化器官と尿路系の尿を通して食物を輸送する役割を果たす蠕動運動がなければ、私たちは普通に生きることができません。

ただし、時には蠕動運動の正常な機能が損なわれることがあるため、便通が多い場合または少ない場合は、医師に相談する必要があります。医師は、それらの症状が一時的な変化なのか、それとも具体的な治療が必要な状態なのかを診断してくれるでしょう。

  • Loeb, Gerald E., and Frances JR Richmond. “Method and apparatus to treat disorders of gastrointestinal peristalsis.” U.S. Patent No. 6,895,279. 17 May 2005.
  • Quevedo Guanche, Lázaro. “Oclusión intestinal: Clasificación, diagnóstico y tratamiento.” Revista Cubana de Cirugía 46.3 (2007): 0-0.
  • Angosto, María Cascales, and Antonio L. Doadrio Villarejo. “Fisiología del aparato digestivo.” Monografías de la Real Academia Nacional de Farmacia (2014).
  • Philpott HL, Nandurkar S, Lubel J, Gibson PR. Drug-induced gastrointestinal disorders. Frontline Gastroenterol. 2014;5(1):49–57. doi:10.1136/flgastro-2013-100316