積極的に食べるべきデザートをご紹介!

12 12月, 2020
デザートはもちろん美味しいですよね。この記事では、食生活にぜひ取り入れていただきたいヘルシーなデザートをご紹介します。お楽しみを!

この記事では、食事にデザートを取り入れることの重要性についてお伝えします。とは言っても、まずハッキリさせておかなければならないのは、お菓子のことではないということです。砂糖は代謝に影響を及ぼす成分なので、食べ過ぎるのは健康的ではないことはご存知の通りです。

でも、デザートはスナックや焼き菓子だけではありません、他にも健康的でおいしい代替品があり、ここではそんな健康的なデザートについてお話しします。また、デザートを食生活に取り入れることの重要性についてご紹介します。

その前に、「乳製品を使ったデザートとヨーグルトは同じようなもの」というよくある勘違いを正しておきましょう。混同されやすいので、それぞれのどういうものなのか、明確にしておく必要があります。両者は成分や性質が異なります。

こちらもお読みください:ぜひ試したい!砂糖不使用のデザート

デザートにヨーグルト

デザートとして食事に取り入れることは、ヨーグルトを食べるのにぴったりなタイミングなので、特に大切なことです。乳酸発酵から得られるヨーグルトには、プロバイオティクスが豊富に含まれています。

プロバイオティクスとは、腸管をコロニー化する働きがあるので、体にとってかなり有益な生きた菌です。「American Family Physician(米国家庭医)」に掲載されたレビューによると、定期的にヨーグルトを食べることで胃腸の病気を発症するリスクを下げることができるそうです。

こちらもお読みください:試そう!簡単で栄養たっぷりなデザート5選

さらに、下痢の予防にもなる上に、慢性疾患の治療にも使われています。プロバイオティクスを摂取することで、まだ治療法が見つかっていない炎症性腸疾患の経過が改善されるという科学的根拠は多くあります。

プロバイオティクスの恩恵を受けるには2つの方法があります。1つ目は、サプリメントで摂取すること。2つ目はヨーグルトを食べることです。

ヨーグルト ヘルシーなデザート

デザートにフルーツ

過去には、デザートにフルーツを食べることを推奨していない本もいくつかありました。デザート、つまり食後ではなく、満腹感を高めるためには食前に食べるのが良いと言われていたのです。しかし、科学的な文献では、この主張は支持されていません。

フルーツは、どの時間帯に食べても有益です。実際に、「Critical Reviews in Food Science and Nutrition(食品科学と栄養学の評論)」誌に集められた研究によると、フルーツのポリフェノール含有量は、全身における抗炎症作用と関連しています。

このような理由から、食後はもちろん、おやつにもフルーツを取り入れることをお勧めします。リンゴのような水溶性食物繊維が豊富なフルーツを選ぶのは素晴らしいチョイスです。リンゴにはペクチンが含まれていて、研究者らによると、腸の健康と関連があるそうです。

どんなデザートも健康的というわけではない…甘いものには気をつけて!

ご覧のように、デザートを食事に取り入れることは非常に重要です。しかし、冒頭で述べたように、すべてのデザートを同列で扱ってはいけません。デザートがスイーツや加工食品の摂取に繋がりやすいことは、きっとご存知だと思います。

クッキー、ケーキ、プリンなどは、添加物や炭水化物が豊富で、栄養的に質の悪い製品のほんの一例です。これらを食べると、血糖値をコントロールできなくなります。このようなデザートを定期的に食べると、糖尿病の前兆であるインスリン抵抗性につながる可能性があります。

糖尿病は、一度なるとずっと生活に影響を及ぼす慢性疾患であることを覚えておきましょう。一度発症すると、治療法はありません。いくつかの最新研究によると、糖尿病は実は癌のリスクの増加と関連していると示唆されています。しかし、この関連性を確認するためには、もっと多くの研究が必要ではあります。

糖尿病の場合、最善の治療法は予防です。そのためには、デザートや間食にも注意を払いましょう。甘いものや糖分の多いものを避けることができる場面では、全体的な食生活から考えてみましょう。

フルーツ ヘルシーなデザート

ヘルシーなデザートを食生活に取り入れて

すべての食品はそれぞれ異なります。なので、デザートにいただくものに注意を払う必要があります。本当のところ、デザートを賢く選ぶことは、食事の全体的な質を決めるものです。メインの食事がどれだけ健康的であっても、甘いデザートを定期的に食べてしまうと、せっかくの努力を台無しにする可能性があります。

さて、ハッキリさせておきたいことがもう1つあります。それは、質が良いものであれば、甘いお菓子を楽しんでも大丈夫ということです。ここで重要なのは、毎日食べないということです。「デザート」と「甘いもの」は同義ではありませんが、特別な機会に自分にご褒美をあげるのは大丈夫です。

健康的なデザートでは、フルーツとヨーグルトが理想的なオプションです。どちらも甘さは十分ですし、健康に良い食べ物です。組み合わせて、両方の特性を最大限に生かすこともできます。

最後に、どんな種類のヨーグルトでも健康に良いというわけではないことに注意してください。食品表示ラベルをよく読んで、砂糖が入っていないものを選ぶようにしましょう。そうしないと、栄養の質はそれほど期待できません。ナチュラルヨーグルトが手に入るならそれがオススメです。さらに、減量中でなければ、たまにグリークヨーグルトを食べるのも良いでしょう。

  • Wilkins T., Sequoia J., Probiotics for gastrointestinal conditions: a summary of the evidence. Am Fam Physician, 2017. 96 (3): 170-178.
  • Barbara G., Cremon C., Azpiroz F., Probiotics in irritable bowel syndrome: where are we? Neurogastroenterol Motil, 2018.
  • Joseph SV., Edirisinghe I., Burton Freeman BM., Fruit polyphenols: a review of anti inflammatory effects in humans. Crit Rev Food Sci Nutr, 2016. 56 (3): 419-44.
  • Wilms E., Jonkers DMA., Savelkoul HFJ., Elizalde M., et al., The impact of pectin supplemetation on intestinal barrier function in healthy young adults and healthy elderly. Nutrients, 2019.
  • Fontalva Pico, Ana Amelia. “Implicación de la resistencia a la insulina y el tejido adiposo en el síndrome metabólico en pacientes obesos.” (2017).
  • Bonagiri PR., Shubrook JH., Review of associations between type 2 diabetes and cancer. Clin Diabetes, 2020. 38 (3): 256-265.
  • Fernández-Gaxiola, Ana Cecilia, Anabelle Bonvecchio Arenas, and Juan Rivera Dommarco. “Aumentar el consumo de verduras, frutas, cereales, leguminosas y agua simple.” GUÍAS ALIMENTARIAS (2015).
  • Babio, Nancy, Guillermo Mena-Sánchez, and Jordi Salas-Salvadó. “Más allá del valor nutricional del yogur:¿ un indicador de la calidad de la dieta?.” Nutrición hospitalaria 34 (2017): 26-30.