鮭を食べるメリットとおすすめのレシピ

· 9月 27, 2017
鮭は、美味しいだけでなく心臓の健康にも良いのはご存知でしたか?

健康的な食生活を送りながら、美味しいものを食べたい人にお勧めの食材が鮭です。

鮭にには、心臓の健康をサポートすると言われるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

週2回食べるようにすると良いでしょう。

今回は、鮭の特性、鮭を食べる事のメリット、そして調理の仕方などをご紹介します。

今日から食生活に鮭を取り入れたくなること間違いなしです。

鮭の栄養

  • この魚には、コレステロール値を下げる作用のあるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。血液検査でコレステロール値が上がってしまっている場合に、鮭を摂ると効果的です。
  • 鮭100gに対し、脂(あぶら)が11g含まれていると言われています。この脂はヘルシーなもので、エネルギーと1日をこなす元気を与えてくれる健康に良い必要な栄養素です。ただし適量を守って摂取してください。。
  • 鮭は、タンパク質やマグネシウム、ヨウ素、リン、鉄分、カルシウムなどのミネラルの供給源となります。さらに、甲状腺と腸が正しく働く為に必要なビタミンも豊富に含んでいます。
  • 鮭は多くのビタミンDを含んでいるので、骨格の構造と骨の強化に効果的です。

栄養不足の方や家族の中に骨粗しょう症の方がいる場合、十分なカルシウムとビタミンDをとる事が勧められています。これらの栄養素は、骨折やほかの骨の問題を防ぐサポートをしてくれます。

健康へのメリット

  • 豊富に含まれているオメガ3脂肪酸は、高血圧に効果的です。さらに、心臓発作を起こすリスクを下げてくれます。
  • オメガ3脂肪酸を含んだ食材を摂り入れることで、心臓の鼓動を安定させ、不整脈を防ぐことができます。
  • 血流も良くなるので、血栓ができるのを防ぐ事もできます。
  • 鮭には、ビタミンAも豊富に含まれています。このビタミンAは、感染症と戦うサポートをしてくれます。また、筋肉組織の再生にも効果的です。
  • 脳の健康そして記憶力を強化してくれます。家族で痴呆、アルツハイマーやそのほかの脳の変性疾患の患者さんがいる場合は、鮭を積極的に食生活に取り入れることをお勧めします。
  • 鮭は、コレステロールが血管壁にくっつく事を防いでくれます。

こちらの記事もご参考に:簡単で美味しい魚料理レシピ3選

美容へのメリット

  • サーモンには、抗炎症の特性があり、これは若年性の肌のアンチエイジングに繋がります。
  • オメガ3脂肪酸の1つであるαリノレン酸は、皮膚のたるみを抑えてくれます。この必須脂肪酸は、滑らかでハリのある肌を作るサポートをしてくれます。
  • 鮭は、ビタミンCとビタミンEの吸収を助けます。これらのビタミンは、肌、筋肉、髪の毛の成長に大切な栄養素です。
  • 鮭は、乾癬などを抑える手助けもしてくれます。さらに、皮膚がんの予防にも効果的です。
  • 日光による皮膚へのダメージを少なくする作用もあります。

美味しい食べ方

鮭の効果を充分に引き出す為には、蒸す、グリルで調理する、焼くなどのヘルシーな方法で料理する事をお勧めします。

また、たっぷりの野菜と食べるとさらに良いでしょう。

揚げるなどするとせっかく健康に良い鮭も、不健康な油が足され、メリットどころか味まで損なわれてしまいます。

それでは、家庭で簡単に出来て美味しく、体も喜ぶレシピをご紹介しましょう。

こちらの記事もご覧ください:鮭が体に良い6つの理由

ベイクドサーモンのレモン添え

材料

  • オリーブオイル 大匙1杯
  • エルブド・デ・プロヴァンス
  • サーモン 1切れ
  • レモン 1つ
  • 塩 (お好みで)

作り方

  • オーブンを200度に温める
  • オリーブオイルとエルブド・デ・プロヴァンスをオーブン皿に入れる
  • 鮭の骨を取り、綺麗にしてからオーブン皿に入れる
  • レモンをスライスし、サーモンの上に乗せる
  • オーブン皿をオーブンに入れて10分から20分焼く
  • 20分以上焼くと、サーモンが乾いてしまうので気を付けてください。
  • 焼きあがったら、オーブンから出して完成です。玄米やグリルしたジャガイモ、サラダと一緒に召しあがってください。

鮭を美味しく健康に食べたい時は、オーブンが1番簡単です。お好きなスパイスやハーブで味付けをしたり、新しい味に挑戦してみるのも良いでしょう。

鮭には様々は効果があり、調理も簡単です。今回ご紹介したメリットを忘れずに、日々の食生活にぜひ取り入れてみてください。