ロザケアの9つの自然療法

· 5月 22, 2017
ロザケアという病気をご存知ですか? ロザケアの症状を和らげるには、局所的な治療を行い、症状を抑える食べ物を摂取するのが効果的です。

ロザケアは頬に赤みが出る病気です。額やあご、耳、目のまわり、首、胸に症状が現れることもあります。

まれに、吹き出物や炎症になることもありますが、ほとんどの場合は深刻なものではありません。

この病気には特定の原因がありません。しかし、一般的には肌の白い女性によく起こります。たとえば次のような場合に症状が現れます。:

  • 激しい運動をしたとき
  • 恥ずかしいと思っているとき
  • 環境に変化があったとき
  • 強い紫外線を浴びたり、日焼けをしたとき
  • ストレスのかかる状況のとき

ロザケアが出ていると思ったら、次の対処法を試してみてください:

1.ココナッツオイル

健康を保つにはある程度脂分を摂取する必要があります。しかし、全ての油が健康によいわけではありません。

ココナッツオイルは通常の油よりも確実に身体にいい油です。

もしロザケアの症状が出ていたら、動物性の脂質の摂りすぎにより顔に炎症が起こっている可能性があります。使用する油をココナッツオイルに変えることで、炎症を抑えることが出来るでしょう。

2.サーモン

サーモンやその他の脂質が高い魚も、ロザケアの症状を和らげるのに効果的です。これらの魚にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

身体はある種のたんぱく質に反応してしまい、炎症を起こしてしまうことがあります。もしたんぱく質の多い食事をとるのであれば、しばらく魚を食べるように心がけてみてください。

肉の方が好きな場合は難しいかもしれませんが、しばらく試すと肌の変化を感じるはずです。

3.はちみつ

ロザケアが出始めたと思ったら、はちみつを顔に塗るのも効果的です。はちみつには抗菌作用や抗炎症作用があり、赤みが広がるのを抑えてくれます。

そして同時に、肌に水分を与えなめらかにしてくれます。1週間に1回程度行うのがおすすめです。

これにより、ロザケアの症状を抑えることができます。

4.ラベンダー油

ラベンダー油を直接顔に塗ると、敏感肌の人は刺激を感じるかもしれません。

しかし、ラベンダー油には消毒効果や抗炎症効果があります。その効果が顔の血管に届き、赤みの広がりを抑えたり薄くすることが出来ます。

もし刺激を感じても、心配する必要はありません。数時間で収まるはずです。

5.キュウリマスク

キュウリは肌に水分を与える効果があります。それにより毛穴が開き、顔の血管の膨張を抑えることが出来ます。

それにより、ロザケアによる顔の赤みは引いていきます。

症状が現れたときは、1週間に2度ほどキュウリマスクを行うのが効果的です。

症状が比較的軽いときは、1か月に1回でも十分効果があります。

6.アロエベラ

アロエベラは身体のどこにでも使用することが出来ます。アロエのゲルがロザケアの赤みを抑えます。同時に、炎症やその他の症状を和らげることができます。

アロエやアロエのゲルを持ち歩いておくとよいでしょう。症状が出始めたときに簡単に塗ることができます。

7.緑茶

緑茶にはカテキンやその他の成分が多く含まれており、ロザケアの治療に効果的です。抗炎症成分や保護成分、抗酸化成分が豊富です。これらにより炎症を抑えたり、肌をより綺麗にしてくれます。

緑茶は次の二種類の方法で活用できます:

  1. 1日にコップ1杯から2杯飲む
  2. 冷ましたティーバックを赤みが出ている部分にあてる

8.リコリス

リコリスは炎症や赤みを和らげることができます。同時に、肌の生成を促します。

リコリスが血管を収縮させることにより、吹き出物を抑えることができます。

9.ターメリック

ターメリックは最も強力な抗炎症作用を持つ植物の一つです。

体中の炎症を抑えることでが出来ます。またその抗酸化作用により、身体の状態を改善することができます。

最も効果的なのは、ターメリックを摂取することです。そのまま食べたり、味が好きでなければ少量のはちみつと一緒に食べてみてください。

ロザケアが発症しても、心配する必要はありません

これらの治療法により、ロザケアの症状を和らげることが出来ます。

もしそれでも症状が深刻だと思ったら、医師の診察を受けましょう。最適な治療法を提案してくれるはずです。