ロックダウン中でも健康的な習慣を維持する方法

5月 25, 2020
新型コロナウイルスによるロックダウン中に、自宅で隔離措置を行いながら健康的な習慣を維持するのは、間違いなく大きな課題です。周りから隔離されて過ごす毎日の中で、社会的な人間関係、健康的な食生活、そして運動のルーティンを維持するのは難しいでしょう。今回の記事では、隔離措置期間を私たちの健康維持にとって楽なものにするのに役立つ、いくつかのガイドラインをご紹介します。

新型コロナウイルスのパンデミックによって強いられたロックダウンと呼ばれる都市封鎖は、世界の多くの人の生活を変えました。自宅での隔離措置中に健康的な習慣を維持するのはとても難しいことです。

また、1日の生活や日課は完全に変わります。一日中家にいるため必然的にスケジュールが変わりますし、外出する頻度が皆無になる或いは減ることで、日光に当たる時間と身体活動が大幅に減少します。

現段階では、食料品の入手が徐々に大きな問題になっています。経済機能が制限されると、例えば、入手可能な新鮮な果物や野菜などに影響を及ぼします。

おそらく、食料品の買い物は例えば週1回だけになり、その買い物で購入した食品で、毎日の献立を決めることになったりするでしょう。

隔離措置中に健康的な習慣を維持することは、とても大きな課題となりました。これは、一人暮らしの場合も誰かと一緒に暮らしている場合も同じです。病気に感染することへの恐怖心などを含むストレス要因も軽視してはいけません。

今回の記事では、隔離措置中に、健康的な習慣を維持するためのいくつかのガイドラインをご紹介します。

隔離措置中の健康的な習慣:電子機器を介する社会的な交流の維持

社会的関係は人間の基本的なニーズです。そのため、隔離措置中に行うべき健康的な習慣の中には、他者とのコミュニケーションを維持することが含まれます。携帯電話、タブレット、またはコンピューターを使用して、遠く離れた場所にいる友人や家族と話す時間を確保しましょう。

ビデオ通話、インスタントメッセージ、および電話会議用のアプリはすべて、コミュニケーションを維持するのに役立つツールです。これらのツールが苦手な人も、怖がる必要はありません。新型コロナウイルスの感染危機にあるときも、電子機器を通じた交流によって生まれる一緒にいると言う感覚が、ロックダウン期間をより容易に対処できるでしょう。

隔離措置中の健康的な習慣:目の健康の保護

ロックダウン中でも健康的な習慣を維持する方法 目の健康

画面を過度に使用すると、目に何らかの問題が発症する可能性があります

私たちの多くは、自宅で勉強や仕事をしています。電子機器を使用して、他の人と連絡を取り続ける必要があることを考慮すると、画面の使用時間が増加することは間違いありません。これは私たちの目の健康に影響を与える可能性があり、特に注意する必要がある問題です。

ロックダウン中に推奨する健康習慣の一つが、画面の明るさを適切に調整して、目の健康に注意を払うことです。適切な明るさは、目が疲れにくく、頻繁に瞬きができます。さらに、人工的な光や窓からの光にかかわらず、画面が他の光源を反射しないことを確認してください。

スクリーンを集中的に使用すると、目の瞬きが減少して、眼球での潤滑が悪化します。そして、ドライアイ症候群を引き起こす可能性を高める原因になります。これが長期にわたって続くと、より深刻な目の問題に発展する可能性があることを考えると、軽く扱って良い問題ではありません。

眼科医が推奨する20-20-20のルールを実践してください。これは、画面の使用時間20分ごとに20秒ほど休んで、約20フィート(およそ6メートル)離れた場所を見つめる必要があります。これは、大人だけでなく子供にとっても大切です。

続きを読む:新型コロナウイルスによるロックダウン中の推奨事項

肌のお手入れ

外に出ることなく家で多くの時間を過ごしていると、私たちの皮膚が必要な太陽の光を受けることができません。これによって、ビタミンDの生成が減少します。

ビタミンDは、骨の健康、腎臓の健康、皮膚の活性化と関わりがあります。私たちの体は通常、太陽の放射からの紫外線を利用して、すべての利点を持つ活性化された機能的なビタミンDを生成します。

多くの人にとっての隔離措置とは、外出できないことを意味しますが、できる限り家の中で日光の当たる場所を見つける習慣を身につけることが大切です。

パティオや庭がある人は、そこで短時間を過ごすように、積極的に取り組む必要があります。ベランダがある場合も同様です。外に出る場所がない場合は、窓を開けてその近くで短時間を過ごすように心がけてください。

保湿クリームを持っている場合は、それが必要ないように感じても、使用を続けることが大切です。ほとんどの時間を家の中で過ごすため、皮膚を保護する必要がない考える人もいますが、実は、自宅という環境においても、香水、洗剤、台所の蒸気など、皮膚にとって多くの毒素が含まれています。

ロックダウン中でも健康的な習慣を維持する方法 皮膚の健康
隔離措置中には、皮膚が乾燥する可能性があるため、保湿クリームで保護することが欠かせません。

ストレスのコントロール

新型コロナウイルスのパンデミックは、それ自体がストレスの原因となる状況です。現在のロックダウンがいつまで続くのかわからないことへの不安や、病気に感染することへの恐怖心を抱いています。

ストレスをコントロールする方法として、心臓のリズムである心調律を維持するのに役立つ日課やスケジュールを確立する必要があります。そして、この日課の一部には、十分な休息時間を加えることが欠かせません。隔離措置によって、日常生活が一変したとはいえ、睡眠パターンを変えないように注意してください。

私たちが提案したいもう一つの健康的な習慣は、情報量を制限することです。様々なニュースに注意を向けていると、あっという間に不安になったり心が落ち着かなくなります。また、自分の耳に入れないようにする必要のある噂話や間違った情報が数多くあります。

詳細はこちらから:本当の危険:新型コロナウイルスの感染力

健康的な習慣の維持は不可能ではありません

隔離措置中に健康的な習慣を維持することは、一見すると大変な課題のように感じますが、実は私たちが考えているよりも簡単です。ロックダウンは永遠に続くことはなく、その後も私たちの人生は続きます。したがって、当面は自分自身の健康管理を行うことが重要です。

  • Ciapponi, Agustin. “Cuarentena sola o combinada con otras medidas de salud pública para controlar COVID‐19: revisión rápida.” (2020).
  • Cossio-Bolaños, Marco. “Actividad física en tiempos de cuarentena por el COVID-19 en niños y adolescentes.” Revista Peruana de ciencia de la actividad fisica y del deporte 7.2 (2020): 2-2.
  • Alvarez, Reinaldo Pierre, and Paul Harris Diez. “COVID-19 en América Latina: Retos y oportunidades.” Revista Chilena de Pediatría 90.2 (2020).
  • Chen, Baoquan, et al. “Análisis de datos visuales y predicción de simulación para COVID-19.” International Journal 6.1 (2020): 79-94.