新型コロナウイルスによるロックダウン中の推奨事項

5月 25, 2020
新型コロナウイルスの感染拡大により、ロックダウンという特定の状況に従うことを余儀なくされている人が多くいます。今回の記事では、自宅で過ごす時間を、可能な限り最善の方法で乗り切るために留意すべきいくつかの推奨事項について説明します。

新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、世界中の多くの人が、毎日の生活習慣を変える必要に迫られています。一部の国では、政府がロックダウンを宣言し、外出禁止を義務付けています。その他の国では、外出の自粛を推奨し、移動に一定の制限を設けています。

ロックダウンと呼ばれる都市封鎖の目的は、新型コロナウイルスの感染率を下げることです。新型コロナウイルスの感染が急増すると、医療システムが新型コロナウイルスの症例によって飽和状態となり崩壊するリスクがあります。そのため、医療チームや医療システムが、新型コロナウイルスのパンデミックに対応するための時間を確保できるように、感染者の流行曲線を平坦化することが重要とされています。

隔離措置を実践する必要性にもかかわらず、この隔離措置が新たな問題を生み出しています。自宅で過ごすということは、共同生活、衛生状態、そして食料の蓄えなどの点で問題が生じます。

様々な医療機関や政府機関が、多くの人が新型コロナウイルスのパンデミックを乗り越えるのに役立つ、ロックダウン中のガイドラインや推奨事項を作成しました。

ロックダウン中のメンタルヘルスに関する推奨事項

ロックダウン期間中には、メンタルヘルスを維持することが必要不可欠です。私たちの多くは、隔離措置による孤立への心の準備ができておらず、特に、こうした状況下で心を病んでしまうかもしれないというリスクについて想定して準備していた人は少ないでしょう

ロックダウンによる隔離措置という状況下における主な推奨事項の1つが、毎日のルーチンの確立です。毎日の活動や行動を計画することで、脳の状態と感情面のバランスを整えるのに役立つため、混沌とした状態や混乱に陥ることはないでしょう。

もちろん、ロックダウン中にはクリエイティブさを持ち続けることが大切であり、同じ行動計画を、2週間、3週間、またはそれ以上連続して続けないように気をつける必要があります。

ロックダウン中の時間の管理には、単調さを避けてください。これは、飽きずに同じ行動を繰り返すことができない子供にとっては、特に大切な推奨事項です。

また、隔離措置中には、自宅にいながら外の世界とのつながりを保つことが大切です。新型コロナウイルスのパンデミックや感染状況に関する最新情報に目を向けることで、安心感を得るのに役立ちます。

ただし、情報が多すぎると逆効果になる可能性があるため、無理をしないように注意する必要があります。さらに、恐怖心やパニックにつながる可能性があるうわさを避けるために、信頼できる情報源からのみ情報を得るようにしてください。

自分以外の人と一緒に自宅で隔離措置の時間を過ごす時、寛容さを持つことは私たち一人一人の責任です。

一つ屋根の下で、何時間も一緒に過ごす時間が増えると、ストレスやイライラを感じることがあります。これは、新型コロナウイルスによるロックダウンという特定の状況の産物とも言えるため、できるだけうまく対処するように努力することが大切です。

 

新型コロナウイルスによるロックダウン期間中の推奨事項 隔離措置中の男性
隔離措置中は、室内で長時間過ごさなくてはいけないため、毎日のルーチンも完全に変化します。

続きを読む:新型コロナウイルスに再感染する可能性はありますか?

栄養とエクササイズ

自宅での隔離措置は、私たちの健康の他の側面への危険因子となります。より大きな脅威である新型コロナウイルスが蔓延しているため、現段階では家にいる必要があるのは明らかです。しかし、それは自分の体つまり健康状態を無視すると言う意味ではありません。

健康的でバランスの良い食生活を維持しながら、十分な身体活動を継続することは、依然として重要です。

隔離措置中には、食品棚や冷蔵庫内の食料を十分に確保するのが難しくなるだけでなく、家の中で長時間過ごすため、食事と食事の間にも、何かと食べ過ぎてしまう傾向があります。その結果、私たちの健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

したがって、ロックダウン中は、できるだけバランスの良い食生活を維持すように心がけてください。特定のスケジュールを立てて、毎日のルーチンを確立することも、健康的な食生活の維持に役立ちます。

朝食、昼食、おやつ、夕食の時間を決めて、できるだけこのスケジュールを守りましょう。

エクササイズに関しては、特に心血管レベルにおける別の危険因子が存在します。これは、私たちが注意を怠ると、身体活動を忘れがちだと言う点です。特に、座りがちな時間が長く続くと、体重増加、関節のこわばり、血液循環の変化につながる可能性があります。

自宅で行うエクササイズは、家族全員で一緒にできるアクティビティです。身体全体を動かすのに役立つトレーニングルーチンを活用して、運動面でも現在の状況に適応していく必要があります。

新型コロナウイルスによるロックダウン期間中の推奨事項 買い物中の女性
ロックダウン期間中は、食品棚や冷蔵庫の中の食品を十分に確保するのが難しい場合があります。

詳細はこちらから:ロックダウン中に食べる量を減らす方法

ロックダウン中の良好な衛生状態

ロックダウンの目的は、新型コロナウイルスの蔓延を阻止するためなので、家庭での良好な衛生状態を維持することが大切です。良好な衛生状態の維持は、感染率を下げるのに役立つ予防措置の1つです。

家族全員が、正しい方法で手を洗うことが大切です。たとえ家の外に出ない場合でも、食べ物を扱う前やトイレを終えたあとは、しっかりと手を洗う必要があります。

家を掃除するときは、漂白剤を使用するのが最も良い方法とされています。現在推奨されてる希釈液の比率は、漂白剤1に対して水が49です。ただし、正確な希釈方法は、漂白剤のラベルの記載を確認してください。

この希釈液を使って、家の床やその他の表面をしっかりと掃除してください。衣服や食器は、60度以上の水に浸してください。

隔離措置を講じている中でも、最も困難な状況は、家族の中に新型コロナウイルスの感染者がいる場合です。

感染者は、自分用の食器やタオルを使い、他の家族とは別の部屋に完全に隔離された状態で過ごす必要があります。感染者が家の中を移動する場合は、他の家族から2メートル以上の距離を保ち、適切なマスクを使用する必要があります。

ロックダウンは一時的なものであることを理解する

私たちは現在とても困難な状況に直面しています。ロックダウン期間に対処するための推奨事項は、強い意志を持って実行する必要があります。このロックダウンや隔離措置は、一時的なものなのだということを忘れずにいる必要があります。

このロックダウン期間を最大限に活用する方法を理解していれば、この期間が終わった時、より強くなった自分となって、街に出ることができるでしょう。

  • Campos, Roman, and Julissa Rosa. “Efectividad del Ejercicio Físico para mejorar la calidad de vida de las personas en hemodialisis.” (2017).
  • Abad, Fernando J. Biurrun. “El virus que puso al” Mobile” en cuarentena.” Actualidad jurídica Aranzadi 960 (2020): 22-22.
  • Moreno-Montoya, José. “El desafío de comunicar y controlar la epidemia por coronavirus.” Biomédica 40.1 (2020): 11-13.
  • Trilla, Antoni. “Un mundo, una salud: la epidemia por el nuevo coronavirus COVID-19.” Medicina Clínica, 2020, vol. 154, num. 5, p. 175-177 (2020).
  • Chen P, Mao L, Nassis GP, Harmer P, Ainsworth BE, coronavirus Li F. Wuhan (2019-nCoV): la necesidad de mantener una actividad física regular mientras se toman precauciones. J Sport Health Sci . 2020; 9 (2): 103-104. doi: 10.1016 / j.jshs.2020.02.001