自宅隔離措置中には何を食べるべきですか?

25 5月, 2020
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、外出禁止令が出ている国や、自宅隔離措置を取っている人や自主的に外出を控えている人も少なくないでしょう。この期間中にバランスの良い食事をとるのはなかなか大変かもしれませんが、適切な食事で、毎日の暮らしの中の幸せと健康を得ましょう。

自宅で過ごさなくてはいけなくなった時に大切なのは、できる限り明確な栄養ガイドラインに従うことです。正しい食品を購入することで、お金を節約しながら家族に十分な食品を確保し、食事の効率を最大化することができます。

それでは、自宅隔離措置中には何を食べたら良いのでしょうか?

大切なのは、必要な栄養素を理解してその栄養を供給する食品を選ぶことです。つまり、購入する食品に注意を払う必要があります。

また自宅から外に出ないため、不必要なカロリーを消費しないように心がけることが大切です。体が必要とする栄養素を供給しながら、不要な体重増加を避けるために、できる限り低カロリーの食事を計画する必要があります。

ここからは、自宅隔離措置中に健康を維持するために購入するべき食品や製品について詳しく説明します。

自宅隔離措置中は何を食べるべきですか?

新型コロナウイルス(COVID-19)によって引き起こされた危機に直面して、世界保健機関(WHO)は、ソーシャルディスタンスと呼ばれる社会的距離を維持することの重要性を強調しました。

そして、いくつかの国が採用した予防策の1つが、すべての国民が自宅隔離措置を行う方法でした。

食料品を購入するための外出が許されている場合でも、食べ物が手に入らない場合もあり、購入できる食品と実際に自分が購入すべき食品の違いへの懸念を引き起こしています。

この困難な時期におすすめの食品を見つけるためにも、このまま続きをご覧ください。

缶詰食品

缶詰食品は、市場で入手可能な他の食品よりも優れている点があります。それは、その賞味期限の長さです。缶詰された食品は、毎日の食生活に必要な高品質のタンパク質、特に魚介類の良い供給源になる可能性があります。

スペインの雑誌NutriciónHospitalariaの専門家によると、タンパク質は筋肉の劣化を防ぐのに欠かせない栄養素なので、缶詰で常備することが大切です。

また、野菜や果物の缶詰も販売されています。

缶詰食品を使う時には、液体も無駄にせずに使うことが大切です。製品に含まれるすべてのビタミンとミネラルを確実に使って、栄養素をすべて摂取しましょう。

自宅隔離措置中には何を食べるべきですか? 瓶詰め食品

缶詰食品は、賞味期限の長さなど自宅隔離措置中に役立つ利点があります。

冷凍食品:野菜と果物

野菜や果物は室温での保存期間が短い生鮮食品ですが、冷凍食品を購入すれば、より長い期間冷凍庫で保存することができます。

自宅隔離措置中には、野菜や果物の供給源として冷凍食品が活躍するでしょう。

野菜は冷凍してもその栄養価はあまり影響を受けないと考えられていますが、風味や食感はわずかに影響を受けます。

自宅隔離措置中には、ビタミンと抗酸化物質の摂取が必要不可欠です。このため、新鮮な野菜や果物が手に入らない時には、冷凍食品から十分に摂取することが大切です。

こちらもご参考に:新型コロナウイルス隔離措置中のホームエクササイズ5選

全粒穀物

消化器官を正常に機能させてお腹の調子を整えるためには、食物繊維の摂取が欠かせませんし、これを裏付ける科学的研究が存在します。

自宅隔離措置中に食物繊維を摂取するためには、全粒穀物が役立ちます。

玄米に加えて、キノア、全粒粉パスタ、豆類を常備してください。また適量のタンパク質も含まれています。

ヨーグルト

プロバイオティクスの摂取は、正しい腸通過を確保するための基本です。さらに、ある研究によれば、健康な腸内細菌叢の維持が、体に悪影響を与える細菌やウイルスへの防御障壁の1つとなることがわかっています。

このような理由から、自宅隔離措置中に推奨される食品の一つはヨーグルトです。

乳製品の消費により、体内に十分な量のカルシウムを提供します。カルシウムは、神経と骨の健康を維持するのに役立ちます。

ヨーグルトのもう1つの利点は、冷蔵庫である一定の期間保存できることです。冷蔵庫にヨーグルトをたっぷりと保存し、少なくとも1日に1〜2回、適量を摂取してください。

自宅隔離措置中には何を食べるべきですか? ヨーグルト

ヨーグルトは、プロバイオティクスの含有量が多く、免疫システムを最適な状態に保ちながら消化プロセスを助けます。

水分補給

自宅隔離措置中でも十分な水分を摂取することを忘れず、一日を通して十分な水を飲むようにしてください。

脱水症は深刻な健康上の合併症を引き起こす可能性があり、体の体温調節に影響を与えます。水は身体の主要な生理学的プロセスに不可欠です。

発見:新型コロナウイルスの予防法

自宅隔離措置中の栄養補給

自宅隔離措置中には、今回ご紹介した特定の製品が常に食品棚にあることを確認してください。 これにより、私たちの体が重要な機能を実行するために必要な栄養素を確実に補給することができます。

また、カロリーバランスを維持することも大切です。

必要に応じて、ファスティングとよばれる断食を行う方法があります。長時間自宅で過ごすことで、エネルギーの消費が減る場合は、過度の体重変化に悩まされないようにするのに良い方法です。

また買い物に行く回数を最小限に抑えることで、感染のリスクを減らすことが大切です。

頻繁な手洗いと適切な食品の取り扱いなどの衛生状態が、これまでよりもさらに大切です。

今回の記事が、困難なこの時期に私たちが必要とする食品を理解するのに役立つことを願っています。

どうか安全に、そして元気にお過ごしください!

  • Ortiz Leyba C., Gomez Tello V., Serón Arbeloa C., Requeriments of macronutrients and micronutrients. Nutr Hosp, 2005. 2: 13-17.
  • Jain AK., Mehra NK., Swarnakar NK., Role of antioxidants for the treatment of cardiovascular diseases: challenges and opportunities. Curr Pharm Des, 2015. 21 (30): 4441-55.
  • Shen L., Huang C., Lu X., Jiang Z., Zhu C., Lower  dietary fibre intake, but not total water consumption, is associated with constipation: a population based analysis. J Hum Nutr Diet, 2019. 32 (4): 422-431.
  • Alarcón P., González M., Castro E., The role of gut microbiota in the regulation of the immune response. Rev Med Chil, 2016. 144 (7): 910-6.