ロックダウン中に家族が仲良く過ごすためのヒント

5月 25, 2020
ロックダウン期間中に自宅で過ごす時間は、あなたとあなたの愛する人たちが、家族として仲良く過ごせるかを試す期間のようなものです。具体的なガイドラインに従えば、家庭内を平和に保つことができるでしょう。今回の記事では、ロックダウン期間中に家族が仲良く過ごすためのヒントを見つけてください。

ロックダウンと呼ばれる都市封鎖中に、家庭内の平和と調和を維持するのは簡単なことではありません。これは特に、どれだけ続くかわからない、終わりが予測不可能な時間を家族全員が同じ空間で過ごさなければならない場合にはなおさらです。

私たち全員が適応しなくてはいけない、現況の不確実性、感情面の浮き沈み、家庭内のルール、そして新しい予防措置やガイドラインといったものが、ロックダウン中の自宅での待機措置を難しいものにしています。家族として仲良く過ごすことがこれまで以上に大切な時期ですが、現段階では「言うは易く行うは難し」と言うことわざのように、口で言うのは簡単でも、実際に行うのは難しい状況です。

ロックダウンの間、私たちは家族を尊重して大切にする必要があります。家族とは、私たちをつなぐ遺伝子以上の存在です。一部の研究では、家族を次のように定義しています。

親族としての強い気持ちを樹立する、共存する人生計画を分担する結合体であり、強固で親密な関係、相互関係と依存関係を確立し、家族間の個人的な責務を確立するもの

しかし、家族が共通の目的のために隔離措置を続けなくてはいけない場合、その包括的な概要は変化します。家族全員の安全を守るためであっても、現在の状況は、誤解と緊張につながる可能性があります。

テレビからの音や子供の声などの騒音、台所の音などが聞こえる中で、自宅で在宅勤務をしたり学校に通うのが、ロックダウン中の新しい勤務形態や学習形態となりました。このような状況は、自宅にいる家族全員の忍耐力を試す時間だと考えて良いでしょう。

自宅で隔離措置を行う期間中、家族と仲良く過ごすために何ができるでしょうか?

ロックダウン中に家族が仲良くする方法

最近までの私たちの生活は、ほとんどの場合、ペースの速い毎日だったでしょう。しかし、私たちの現在の状況は、足元の地面を揺るがすような、家族としての生活に大きな影響を与える変化を、私たちに課しています。

家族と共有する空間と時間の中で、学校の勉強をする時間を計画し、家にいる年長の家族に対して愛情を示して共有し、子供たちの話を聞き、不安感を落ち着かせながらこの状況を乗り越えるために最善を尽くす必要があります。

家族関係に悪影響を及ぼさずに、現在の状況を乗り切るためには、私たちにはどのような選択肢があるのでしょうか?

ここからは、ロックダウン中に家族として仲良くするために役立つ、興味深いヒントをいくつか紹介します。

1.スケジュールを守る

ロックダウン中に家族が仲良く過ごすためのヒント 目覚まし時計

家にいるときでも通常のスケジュールを守ることで、家族全員が必要な睡眠と休息を十分に取るのに役立ちます。つまり、自宅での隔離措置が始まる前と同じスケジュールを継続して維持することが大切です。

これは、今まで通りの時間に就寝し、時間通りに起きることを意味します。スケジュールを維持することで、睡眠パターンが乱れることがなくなりますし、十分な睡眠時間と休息を得ることで、家族全員が良い気分で毎日を過ごすのに役立ちます。

2.ルーチンを確立する

ルーチンを確立することは、家族が仲良く過ごすための決定的な要素になります。

子供が遊ぶ時間、勉強する時間、そして必要に応じてあなたとパートナーが在宅勤務をする時間を確立することが必要不可欠です。

家族全員のサポートがあれば、実現することができます。

3.恐怖心を緩和する

現在は、毎日が悲しいニュースでいっぱいです。新型コロナウイルスの蔓延や毎日増える感染者や死亡者の数など、子供たちが理解するのが難しい問題が多く報道されています。

自宅で隔離措置を行う場合、子供たちの話を聞いて、子供たちが経験している感情と一緒に向き合うことが大切です。

子供を励まして、子供の好きな方法で絵を描くことを勧めることで、子供が抱えている感情をコントロールするのに役立つでしょう。ある程度の年齢になっている子供や大人には、日記が役立つかもしれません。

外出して友達に会ったり、他の子供たちと遊んだり、学校に行くことができないため、子供たちにとっては困難な時間になるでしょう。周りの家族ができるだけ落ち着くことが、子供たちをサポートする大切な方法です。

その中でも、最新の情報を得るための、信頼できる情報源を見つけるのが良い方法の一つです。

世界保健機関、アメリカ疾病予防管理センター、厚生労働省、そして政府や地方自治体などの信頼できるサイトの情報のみを参考にしてください。

こちらもご参考に:ロックダウン中の高齢者へのアドバイス

4.絆の強化

隔離措置中は、家族としての絆を深める絶好の機会です。携帯電話やノートパソコンなどの、電子機器を使わない時間は、とても価値があります。

ボードゲームやカードゲーム、そして家族として時間を共有できる様々なアクティビティを一緒に楽しんでください。

5.不一致に対処する

ロックダウン中に家族が仲良く過ごすためのヒント 話し合いをする夫婦

家族の間に緊張感を引き起こす原因となっているものを認識することが大切です。早い段階でこの問題に対処すれば、感情の爆発など、問題の悪化を防ぐことができます。

煩わしさや意見の食い違いにより、ロックダウン中に家族として仲良く接するのが難しくなることがあります。緊張が生まれている原因を特定し、正しい方法で対処することが重要です。

不一致が生じる原因をうまく管理できるようになれば、誰にとってもロックダウン中に良い関係を維持するのが簡単になります。

6.不安の原因を避ける

新しいニュースが耳に入ってくる毎日では、瞬間ごとの不安感を減らすことが必要不可欠です。解決方法としては、ニュースなどを見る時間を決めて、短時間だけニュースを見たら、別の活動に移りましょう。

前述したように、信頼できる情報源からのニュースだけを見ることに加えて、SNSをする時間を制限することも大切です。落ち着いた毎日を過ごすのは、家族と仲良くする上で大切な要素の一つです。

7.積極的なコミュニケーションを維持する

現在の状況への恐怖心を克服するためには、積極的なコミュニケーションが不可欠です。家族全員が、自分の持つ疑問や質問を、自由に表に出すことができる環境づくりが必要です。

家族の誰もが、積極的なコミュニケーションに参加する権利があるため、子供や高齢者を忘れずに、全員が参加するコミュニケーション作りを心がけてください。

8.相手の話を聞くことを学ぶ

家族の誰もが自分の意見や考えを持ち、自分の感情や意見を自由に表現することが大切です。恐怖心や怒り、または欲求不満を主張する家族がいても、主張している本人が気分を悪くしないように、相手の話を聞くように注意してください。

お互いに愛情を持って相手の話を聞く必要があります。この状況は、誰にとっても困難な状況であることを忘れないようにしましょう。

発見:在宅勤務中のルーチンに関するアドバイス

9.お互いの空間を尊重する

家族の中の誰かが、一人の時間を必要としているならば、ぜひ一人の時間を過ごさせてあげましょう。家族全員が、毎日一緒に過ごしたり何かを一緒に行う必要はありません。一人の時間に身を置いて自分を試す時間が必要な人がいれば、私たちはその考えを尊重する必要があります。

私たちが直面している現状は、通常の状態ではなく、誰にとっても初めての状況です。

私たちが自宅でできる最善策は、常に前向きな態度を維持することです。現在の困難な時期がまもなく終了すると信じて、未来に目を向けましょう。

  • Baequero Brenes, A. R. (2014). Convivencia en el contexto familiar: un aprendizaje para construir cultura de paz. Actualidades Investigativas En Educación.
  • Beck Gernsheim, E. (2004). La reinvención de la familia. En busca de nuevas formas de convivencia. Revista de Derecho Privado. Nueva Serie.
  • Niska, K., Snyder, M., & Lia-Hoagberg, B. (1998). Family Ritual Facilitates Adaptation to Parenthood. Public Health Nursing.
  • Zaldívar D. (2004). Funcionamiento familiar saludable. In Infomed.