ロックダウン中の高齢者へのアドバイス

25 5月, 2020
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、現時点では高齢者はこれまで以上にサポートを必要としています。高齢者はリスクの高いグループの一つであり、多くの国では厳しい予防措置を講じる必要があるのもこのグループです。ただし、様々な方法やアドバイスを活用すれば、この隔離期間を過ごしやすいものに変えることができるかもしれません

世界中の高齢者の多くは、新型コロナウイルスの感染が拡大したここ数週間で、ストレスの負荷が高くなっています。日常生活の中で様々な制限が加わり、毎日の生活が激変することへの覚悟ができていた高齢者はほとんどいなかったでしょう。

今回の記事では、ロックダウンと呼ばれる封鎖中の高齢者をサポートする方法について、いくつかのアドバイスを提供します。

高齢者や特定の疾患に苦しむ人々は、新型コロナウイルスの危険な影響を受ける最大のリスクを負っており、この状況で多くの心理的負担を負っています。

すべての人が、国や政府の指示に従う必要がありますが、その中でもリスクの高いグループの人々は、制限のある厳格な予防措置を完全に遵守しなければいけません。特に大切なのは、家を出ないようにすることです。

外出せずに家にいることは、高齢者(もちろん私たち全員)を保護するための基本的な予防措置です。不要の外出を続ける人がいると、いつまでもロックダウンが長く続く可能性があり、状況はさらに悪くなるかもしれません。

ロックダウン中の自宅隔離は、簡単に対処できないかもしれませんが、前向きな態度で、楽しく過ごすことが大切です。

ここからは、ロックダウンという状況を楽しく過ごしやすくするためのヒントをいくつかご紹介します。

ロックダウン中の高齢者へのアドバイス

自宅隔離措置:高齢者にとって重要なステップ

現在利用可能なすべての科学的証拠や世界のいくつかの国で得られた経験から、新型コロナウイルスの感染を防ぐ最も効果的な対策が、隔離措置だと考えられています。

誰にとっても、他人との接触を避けることが新型コロナウイルスの感染予防に欠かせませんが、特に高齢者やリスクグループにとっては大切です。

自宅隔離措置のプラス面を見ていきしょう。

家にいることで、新型コロナウイルスの感染を防ぐのに役立ちます。高齢者は特に、この自宅隔離措置に従いましょう。

自宅で過ごす時間も人生を楽しみ続けることはできますし、高齢者が自宅で過ごすことは、彼らを敬愛して必要としている家族や周囲の人々のためにも大切なことです。

続きを読む:新型コロナウイルスなどに隔離措置が必要な理由

隔離措置が一時的なものであることを理解する

ロックダウンは一時的なものであり、ウイルスの拡散を制限するのに役立つのだということを忘れずにおきましょう。

言い換えると、ロックダウンが成功し、新型コロナウイルスの拡散速度が低下すれば、状況をよりコントロールしやすくなります。

現在の隔離措置がいつまでも続くわけではないだけでなく、この対策を遵守する人が増えれば増えるほど、すべてがより早く終了する可能性が高くなります。

自宅での隔離措置が耐えられないと感じる時は、最大でも2〜3か月の一時的な状況なのだと思い出してください。大切なのは、この時間を最大限に活用することに心を向けることです。この体験すべてが、すぐに遠い思い出になるでしょう。

ロックダウン中の高齢者へのアドバイス コーヒーを飲む女性
小さなパティオ、バルコニー、または庭がある人は、家を離れることなく数時間過ごすことができます。

時間を上手に使う

新しい状況に適したルーチンを計画することをお勧めします。家で長時間過ごす人々が怠惰になり始めるのはよくあることですが、これを許してはいけません。

家の中でも実践しやすいアクティビティーを計画して、毎日の生活を楽しいものにする必要があります。

睡眠と食事の通常のスケジュールを変更しないことが重要です。

これまでと同じ時間に朝起きて、必要に応じてシャワーを浴びて、朝食をとり、新しい一日の準備をしてください。パジャマを着たままテレビの前に座って一日中テレビをみるという誘惑に負けてはいけません!

詳細はこちらから:新型コロナウイルスの予防法

ロックダウン中にお勧めのアクティビティー

ロックダウン中の高齢者へのアドバイス 読書をする女性
読書は、新型コロナウイルスによる隔離措置中には特にお勧めです。

ロックダウン中にお勧めなのは、自分の趣味や興味のあることに集中して取り組むことです。また、これまで時間がないからとできなかったことを始めるのも良いでしょう。

例えば、クローゼットの中や本棚の整理、そしてこれまで手をつけていなかったプロジェクトを仕上げるのも、すべて素晴らしい選択肢となります。

執筆、絵画、編み物、園芸など、これまでには日常のルーチンに入れていなかったことを体験するのにも良い機会です。

また、日記や自分の体験や感情を書くのもアイディアを整理するのに役立つだけでなく、多くの人にとって有益な情報源となるでしょう。

ロックダウン中に高齢者と連絡を取り合う

自宅隔離措置中の高齢者は、家族や知人と頻繁に連絡を取り合うように心がけましょう。外出をせずに自宅で過ごすからといって、これまでに築き上げた人間関係や絆を断ち切るわけではありません。

電話だけでなく、インターネットやソーシャルメディアを使って、社会との断絶を防ぐことが大切です。

多くの人が使っている電子機器やコンピューターに対して苦手意識があった人は、機器になれる良い機会です。

知人と連絡を取ったり、彼らの近況を知るのは良いことですし、家族がどう過ごしているかを毎日報告するのも良いでしょう。

自助グループなど、ネットワークやグループを作ることも検討してください。

ロックダウン中の高齢者にとって、ラジオ、新聞、またはテレビを通じて、最新のニュースを知ることは大切です。ただし、情報に過剰に左右されず、信頼できる情報源のみに注意を払いましょう。

読書やテレビは、「軽く楽しむことができるもの」を選びましょう。

最後に、ロックダウンによる隔離期間を終えるためには、すべての人が協力をして乗り越えることが大切です。こうすることで、ロックダウンが解除されるまでの日にちが少なくなる可能性が高まるのです。

  • Villegas-Chiroque, M. (2020). Pandemia de COVID-19: pelea o huye. Revista Experiencia en Medicina del Hospital Regional Lambayeque, 6(1).
  • ERDEM, MUSTAFA, MUNTASER SAFAN, and C. A. R. L. O. S. CASTILLO-CHAVEZ. “A DELAY DIFFERENTIAL EQUATIONS MODEL FOR DISEASE TRANSMISSION DYNAMICS.” Revista de Matemática: Teoría y Aplicaciones 27.1 (2020): 49-71.
  • Curioso, Fernando, and José Navarro. “Cambios horarios y diarios en la motivación laboral:¿ Influye el tiempo objetivo en la motivación en el trabajo?.” Psychologica 62.1 (2019): 253-272.