在宅勤務中のルーチンに関するアドバイス

25 5月, 2020
自宅で仕事をする在宅勤務中には、スケジュールを立てていくつかのルーチンを確立することをお勧めします。この記事では、いくつかの推奨事項をご紹介します。

現在、新型コロナウイルスの影響で、多くの人々が自宅で仕事をしています。これは、在宅勤務または在宅ワークなどと呼ばれ、コンピュータをはじめとする様々な方法で、これまでの業務を自宅で実行し続けることを意味します。

在宅勤務は必ずしも容易な勤務形態ではありませんし、一部の職種では在宅勤務ができないものもあります。その一方で、在宅勤務を行うことができたとしても課題がないわけではありません。

自宅勤務は、スケジュールの自由度が高く、他の活動に取り組みやすくなるため、正しい予定に従いにくくなります。仕事以外のことに気をとられることも多く、集中力の著しい低下も頻繁に起こります。

今回の記事では、新型コロナウイルスによる自宅隔離措置を乗り越えるのに役立つ、一連のルーチンに関するアドバイスをご紹介します。

これにより、在宅勤務中に通常の業務を終えられないというリスクを犯すことなく、自宅で仕事を続けることができます。

在宅勤務に必要な条件

在宅勤務中のエクササイズとルーチンに関するアドバイス 在宅勤務中の女性
仕事の生産性を維持するためには、雇用主や会社とある特定の条件を確立する必要があります。また、良好なコミュニケーションの維持も大切です。

自宅で仕事ができるようにするためには、会社または上司との十分な合意が不可欠です。自分が行う必要のある業務、全員とのコミュニケーション方法、そして自分に期待される成果を事前に決める必要があります。

自宅で作業するときは、常に他の人からの連絡に対応できる状態を維持することをお勧めします。同じ会社の仕事で関わっているすべてのスタッフが、お互いにコミュニケーションを維持できる状態を保ちましょう。

そのためには、良好なWi-Fi環境が必要です。多くのオンラインプラットフォームでは、離れた場所にいる人同士が対話することができます。

たとえば、SkypeやGoogleハングアウトなどのビデオ通話プログラムを使用すると、会議やミーティングを開くことができます。 Whatsappにも同様の活用方法があります。

これはとても重要なポイントです。専門家は、1日にビデオ会議を3回以上行うことを推奨しています。一見すると多すぎるように感じるかもしれませんが、作業を始める午前中、日中のフォローアップ、そして1日を終える時に非常に効果的です。

こちらもご参考に:新型コロナウイルス隔離措置中のホームエクササイズ5選

在宅勤務に適した場所の選択

在宅勤務において、家の中で仕事を行う場所の選択はとても重要です。家で過ごす時は、家の中のエリアを正しく分割する必要があります。休憩をする場所やリラクゼーションを行う場所と、仕事を行う作業場所を混在させることはできません。

自宅内でどこをオフィスにするかを選ぶ際に大切なのは、インターネット接続が十分な場所かどうかです。そして、紙、ペン、コンピューターなど、仕事に必要なものをすべて手元に用意する必要があるため、ベッドやソファの上で作業することはお勧めできません。また、近くにテレビなどの気を散らせるアイテムがある場所は避ける必要があります。

理想的には毎日同じ場所で仕事をするべきであり、その場所はいつでも使用可能な場所である必要があります。

家の中に子供たちがいる場合は、子供たちのルーチンも確立するのが最も良い方法です。自宅にいる時にも、読書や宿題などで子供を刺激し続けると、集中力が高まります。ただし、学校にいるときと同じように、休憩を取ることが大切です。

発見:家を出ることなく健康を維持する方法

スケジュールを立てる

在宅勤務中のエクササイズとルーチンに関するアドバイスン 作業中の女性
すべてを実行するためには、作業スケジュールをまとめて計画を立てることが不可欠です。また、エクササイズなどの健康的な習慣を維持することをお勧めします。

正しく在宅勤務を行うためにも、通常の対面での業務と同じような固定スケジュールを維持することをお勧めします。

仕事を始める前に、シャワーを浴びたり、着替えたりするなど、普段仕事に行く時と同じ個人的な衛生習慣を続けることをお勧めします。これらの小さな習慣を維持することで、これまでと同じ通常の業務を実行する必要があることを、しっかりと認識するのに役立ちます。

また、十分に集中して在宅勤務中に仕事を行えば、余暇として使う時間が増える可能性が高くなります。ためらわず、日常生活に運動ルーチンを組み込んでください。運動は私たちの生産性を向上させるのに役立ちます。

さらに、心をすっきりとさせ、健康を改善するのに役立ちます。

在宅勤務は、ある意味でライフスタイルなので、すべてのルーチンと自分の習慣に注意を払うことが大切です。

  • Hadden T,L; Fishbane, L. (March 17, 2020). COVID-19 makes the benefits of telework obvious. The Brookings Institution. Available in https://www.brookings.edu/blog/the-avenue/2020/03/17/covid-19-makes-the-benefits-of-telework-obvious/
  • University of Washington. (2020). Tips for departments with widespread telework. Available inhttps://hr.uw.edu/coronavirus/teleworking/tips-for-departments-with-widespread-telework/