ロックダウン中に脚の血液循環を改善する方法

5月 25, 2020
自宅での隔離措置中に、脚の血液循環を正しくケアして改善することはとても重要です。脚の血液循環を改善するのは、静脈瘤のような健康問題の予防に欠かせないからです。今回の記事で提案する簡単なエクササイズは、様々な合併症を予防するのに役立ちます。

ロックダウン中には、脚の血液循環に注意を払うことが大切です。家の中でほとんどの時間を過ごすことで、座りがちな生活に陥りがちです。特に、小さな家や集合住宅に住んでいる人に当てはまるでしょう。

今回の記事では、脚の血液循環を良くするために何ができるかをお伝えしたいと思います。

自宅にジムを作ったり、複雑なルーチンを実行する必要はありません。定期的にいくつかの簡単なエクササイズを行うことで、ロックダウン中でも脚の血液循環を改善することができます。

大切なのは一貫性を持ってエクササイズを継続することであり、これは運動強度よりも重要なポイントです。

ロックダウン中の脚の血液循環

血液は心臓から四肢に達し、静脈を経由して心臓に戻ることを最初に理解しましょう。この血液の循環が、適切に行われるためには、脚を動かし続ける必要があります。私たちの筋肉は、このプロセスが正常に機能することを可能にするために、ポンプのように機能します。

血液が心臓に戻るプロセスは、静脈還流として知られています。長い時間動かずに過ごすと、静脈疾患を発症するリスクが高まります。そして最も頻繁に起こる静脈疾患が静脈瘤です。

これが、ロックダウン中に脚の循環をケアすることが大切である理由です。

自分の年齢や健康状態に適したエクササイズやトレーニングのタイプを選ぶことが必要不可欠です。ここで大切なのは、自分の体に無理を強要するのではなく、体の動きを刺激することです。

ロックダウン中に脚の血液循環を改善する方法 自宅のエクササイズ
自宅での隔離措置中に、定期的に脚のエクササイズを行うのにぴったりの時間と場所を見つけることが大切です。

続きを読む:在宅勤務中のルーチンに関するアドバイス

脚の血液循環を改善するための基本的なエクササイズ

隔離措置中に、脚の血液循環を改善するという目的を満たす、一連の基本的なエクササイズがあります。身体活動をあまり行わない人や、何らかの健康上の制限がある人に特にお勧めのエクササイズです。

ここからは、基本的なエクササイズをご紹介します。

  • ウォーキング:毎日30分のウォーキングをするのが最適です。もちろん、ロックダウン中に外に出られない場合は、家の中を歩きましょう。家の中でのウォーキングは、屋外の散歩ほど楽しいものではないかもしれませんが、ロックダウン中に脚の血液循環を正しく機能させるという点からは、とても重要です。
  • 縄跳び:縄跳びは、カロリーを燃焼し、体内の主要な筋肉を動かすのに役立ちます。縄跳びは15分行うのが最も良い方法ですが、慣れていない場合は、3分から始めて、徐々に運動をする時間を増やしてください。何か健康上の問題がある場合は、まず医師に相談してから始めてください。
  • シンプルな動きのエクササイズ:シンプルなエクササイズを毎日30分行いましょう。このタイプのエクササイズでの中でもお勧めのものをご紹介します。つま先を伸ばしたり曲げる動きを1セット20回で数セット行います。つま先歩きを、1セット5分間で数セット行うことこともできます。そして最後には、スクワットを行いましょう。

考慮に入れるべきその他のエクササイズ

ロックダウン中の脚の循環を改善するために役立つ、その他のエクササイズは次のとおりです。

  • 足で円を描く:仰向けになって床の上に横になります。足の裏は床につけて膝を曲げます。片脚を持ち上げたら、骨盤を動かさないように注意しながら空中で円を描きます。 1つの方向に5回、反対方向に5回円を描きます。次に、反対の脚で同じように5回ずつ空中で円を描きます。
  • 脚のクロス:仰向けになって、脚を持ち上げます。脚を離しますが、肩幅より狭い状態を保ちます。空中で脚を交差させます。脚を交差させるときに息を吸い、元の位置に戻すときに息を吐きます。1セット5回を5セット繰り返してください。
  • バイシクルエクササイズ(自転車運動):再度仰向けになります。脚を上げ、自転車のペダルを漕いでいるかのように、空中で脚を動かします。
ロックダウン中に脚の血液循環を改善する方法 静脈瘤
静脈瘤は、静脈での血流の問題が原因で起こる下肢の合併症です

発見:静脈瘤を予防する10のアドバイス

活性化に役立つマッサージ

ロックダウン中に脚の循環を改善するための別の方法は、活性化に役立つマッサージです。このマッサージは自分で行うこともできますが、他の人にやってもらうとさらに良い効果が得られるでしょう。

マッサージを行うのに最適な時間は、足が最も疲れている時間である午後です。マッサージをするときには、ローズマリーオイルを手元に置いておくとよいでしょう。もちろん、オリーブオイルや様々な美容オイルも使用できます。

  • 手にオイルを塗り、手をこすります。
  • 手を脚の上を置いて、足首から上に向かって移動しながら、上への動きでマッサージします。
  • 同じ動きのマッサージをもう一度繰り返しますが、今回はそれぞれの場所により大きな圧力をかけます。
  • 最後に、脚の裏側も同じようにマッサージを行います。

ロックダウン中の脚の血液循環を改善するために

ロックダウン中は、これまでに行なっていた活動を続けることが、不可能ではないにしても、より複雑になる可能性があります。しかし、私たちの健康はこれまでと同じくとても重要であり、脚の健康を維持するためには、特別な注意を払う必要があることを覚えておきましょう

下肢静脈瘤などの合併症を防ぐためには、下肢を動かす様々な方法を探すことが大切です。

  • Rodríguez, J. R. E., Quesada, F. F., & Montoya, S. B. (2014). Prevalencia y características clínicas de la enfermedad venosa crónica en pacientes atendidos en Atención Primaria en España: resultados del estudio internacional Vein Consult Program. Cirugía Española, 92(8), 539-546.
  • Rivera Schettini, C. V. (2007). La incidencia del desarrollo de un programa de saltar cuerda sobre la resistencia básica de las y los estudiantes del 9º grado de educación básica del Centro Escolar “Valle del Sol.” del municipio de Apopa (Doctoral dissertation, Universidad de El Salvador).
  • Bura-Rivière, A., & Boccalon, H. (2015). Fisiología y exploración de la circulación arterial. EMC-Podología, 17(1), 1-22.