パップテストを受けるべき3つの理由

8月 29, 2018
ヒトパピローマウイルスは生殖器系で見られる最も一般的なウイルスで、実際に性的活動が盛んな男女の多くが、このウイルスを持っていると言われており、その中の一部は感染症を発症することもあるのです。

パップテストとは?

パップテストは顕微鏡を使って子宮頸部の細胞を分析する為に収集することです。このテストを受けることで子宮頸部に癌細胞がないか検査することができます。

パップテストを受けるべき人

パップテストを受けるべき3つの理由

性的関係を持っている女性は全員パップテストを受けるべきだと言われています。特に、21歳を過ぎてから、69歳になるまで少なくとも3年毎に受けるのが良いです。

子宮頸管とは?

子宮頸管は子宮の入り口部分のことを指します。言い換えれば、それは出産時に膣につづいているダクトのようなものです。

パップテストはどうやって行われるのか?

  • まず、検鏡が膣に挿入されます。これは膣を開いておくために使用される金属、またはプラスチックで作られた器具です。
  • その後に、細胞のサンプルを得る為に小型のスパチュラと呼ばれる器具を使って子宮から粘液を軽く落とします。
  • 最後に、小さなブラシを子宮頸部に挿入し、サンプルを集めます。

では、なぜパップテストを受けるべきなのか、その理由を紹介していきたいと思います。

1.ヒトパピローマウイルス(HPV)

HPV

このウイルスは肌細胞を直接攻撃します。

HPVには様々な種類が存在し、性器に影響を与えるウイルスは約40種類あるのです。

男女共に患う可能性がありますが、このウイルスは女性の子宮がんに影響すると考えられているので注意が必要です。

こちらの記事もどうですか?:

ヒトパピローマウイルス

子宮がんとは?

このがんは主に子宮頸部に現れるものですが、他の部位にできる可能性もあります。これは通常ゆっくり成長していくので、細胞ががんにかかってしまうまでに10から15年ほどかかると言われています。

幸い、私達は子宮頸がんの早期発見の為に、子宮頸部検査を行うことが出来るのです。

症状

世界保健機関(WHO)によると、HPVによる感染症は通常何も症状が現れません。しかし、適切な時期に治療されなければ、残念ながらがんになる可能性があるのです。

HPVが進行した時の主な症状に次のようなものが挙げられます。

  • 生理不順と膣からの流血
  • 腰、脚、骨盤に痛みを感じる
  • 疲労
  • 体重が落ちる
  • 食欲不振
  • 悪臭を放つ膣の分泌液
  • 片足がむくむ

2.子宮頸部の炎症

子宮頸がん

子宮頸部が炎症することを子宮頸管炎と呼びます。子宮頸部は子宮の下部から子宮頸管に沿っている部分で、この頸管は生理の時に血が膣まで流れてくる時に通過する場所なのです。

パップテストは病理学的な変化を検出したり、膣分泌液の有無を確認することに使われます。

3.尖圭コンジローマ

病院

時々、膣を囲む皮膚の外側に尖圭コンジローマが現れることがあります。このイボは平ら、または膨れ上がっており、局部の見た目を悪くしてしまいます。

そして、内側にできる尖圭コンジローマは基本的に何の症状も引き起こさないのでパップテストでしか検出出来ないのです。

結果に異常が出た場合

以上な子宮頸部の細胞は、異形成、または前癌病変と言われており、それが検出されるとコルポスコピー(子宮頸部をコルポスコープを用いて拡大、観察することで子宮頸部病変を把握する検査法)の出来る病院や診療所に行って診断してもらう必要があります。その後、出来るだけ早く治療を開始しなければいけません。

こちらの記事も読んでみませんか?:

知っておくべき子宮頸がんの6つの症状

パップテストの準部をする

パップテスト

  • まず、この検査は生理中に行われるべきではありません。生理が終わってから5日後に検査をするのが理想的です。
  • さらに、殺精子剤やタンポン、そして潤滑剤など結果に影響の与えるようなものを使用しないようにしましょう。
  • また、少なくとも検査の3日前から膣洗浄機(ビデなど)を使用するのは止めましょう。
  • そして、検査の2日前から性行為を控えてください。

予防措置

あなたへおすすめ