多くの言葉より大切な沈黙の時間

· 7月 3, 2017
沈黙とは、周りの状況、自分の精神状態、そして状況にどう対応するかを冷静に分析しながら深く考える大切な時間です。 沈黙が私たちの心を豊かにします。沈黙時間を日々の生活に取り入れてみませんか?

沈黙とは、ただ「黙っている」わけではありません。沈黙は、言葉を発さないという消極的な行動を越えたところにある私たちの人生に必要な行動です。

言葉のない時間はその場から姿を消すという意味ではなく、コミュニケーションを一旦やめて言葉を口にしない状態の中で、自分の内面へと自分自身を導く奥深い行動です。

自分の気づかないうちに意味のないことを口にして時間を無駄にしていることはありませんか?

私たちは、恐怖や不安感からついつい意味のない言葉を口にすることがあります。

沈黙を続けると孤独を感じる

一人のなるのが怖いですか?

沈黙を続けるのが難しいと言われる理由の一つは、沈黙を続けることで孤独を感じるからです。また私たちは、日々の生活で多くの騒音や人々の話し声に慣れてしまっているからかもしれません。

それ以外にも、家族や友人のサポートがない状況や誰も愛してくれない状況が怖いと教えられてきた場合は特に、沈黙の中に身を置くことで精神的な恐怖や不安を感じることがあります。

孤独を感じたくないからと、ついつい無駄に言葉を発して話し続けることや、自分のこれまでの行動、自分の計画、そして自分の好きなことなどを無意味に話し続ける人がいます。

言葉を通じて自分の希望を伝えることに慣れると、何もかもすべてを言葉を通じてコントロールするため、沈黙について深く考える機会が減り、沈黙時間のない暮らしに慣れてしまいます。

しかし沈黙を守ることで、自分の内面をより深く理解しながら、自分の心を自分自身に投影することができます。

もちろん沈黙を守る時間が魅力的で素晴らしいと気づくと同時に、恐怖感を感じることもあり、ついつい沈黙を避けてしまうこともあるでしょう。

沈黙する時間を設けることで自分の抱えている問題の解決策を見つけ、一人の時間の大切さを学びます。また沈黙時間が、これまでの間違いや失敗に直面する大切な時間となります。

自分の良いところだけを他人に見せる

孤独への恐怖感から、不要に言葉を発することがあります。他人といるときに自分をよく見せようとして不必要な発言を繰り返していませんか?

言葉によるコミュニケーションにばかり頼る生活がこのような結果を生み出します。そして、他人に本当の自分を見せることなく言葉で偽り続けることで、自分が口にする偽りの自分を自分自身さえも信じてしまうことがあります。

さらに、常に言葉を発する暮らしをしていると、自分自身の心と向き合う時間がありません。

「自分は幸せか?」

「自分は本当は誰なのか?」

という質問を自分に向けて尋ねたとき、本来は笑顔になるはずです。

しかしこれらの質問を辛く感じる人は、もう一度自分の生活を振り返り沈黙の時間の大切さを考えてください。

自分の人生や毎日の暮らしを心から楽しんでいますか?

自分が直面している問題に背を向けるのに言葉はとても好都合ですが、言葉が原因で精神的なパニックを起こすこともあります。

沈黙時間を楽しむ

自分に向かって話しかけてください。

まずは、誰も自分の周りにいないときに自分に話しかけてください。

暗く集中できる部屋で、自分に話しかけます。自分に話しかけ続けると、次第に泣いたり叫んだりするかもしれませんが、最後には疲れ、言葉が尽きます。

この瞬間、私たちは沈黙を楽しむこと以外の選択肢がなくなり、徐々に沈黙時間の大切さを実感し、沈黙を楽しむことができます。

  • これまでに沈黙を恐れてきたかもしれませんが、自分には「自分」がいる、ということに気づきます。
  • 自分の人生で他人を責めることがなくなり、自分がこれまでに起こした過去の間違いには自分で責任を負うべきだと気づきます。
  • 自分の長所と短所に気づき、それをしっかりと理解します。
  • みんなに自分を好きになってもらおうとしたり、本当の自分を隠して偽りの自分でいることが無意味だと気づきます。信頼性が全てにおいて大切なことだと自覚するでしょう。

沈黙とは、周りの状況、自分の精神状態、そして状況にどう対応するかを冷静に分析しながら深く考える大切な時間です。

沈黙が私たちの心を豊かにします。沈黙の時間を持つことで、逆に言葉を発することの大切さを学びます。

今日から早速取り入れてみませんか?