孤独を恐れず一人の時間を楽しむ9つの方法

· 1月 16, 2018
一人になるのが怖いと感じることがあるかもしれませんが、一人の時間が自分を理解することにつながり、人間として私たちを成長させます。

「孤独とは人間の心の奥底にある事実であり、人間だけが孤独という感情を理解しているのだ」-オクタビオ・パス

孤独の定義には良いも悪いもありません。大切なのは私たちが自分一人の時間をどのように活用するかです。

自分一人の時間を十分に活用することで、私たちが考える以上の効果がありますが、これは一人の時間を「幸せになるための大切な時間」だと考えて、有効活用する場合に限ります。

人生のある地点で、ほとんどの人が一人になることを恐れます。

疑いもなく、人間は社会的な生き物であり、社会との関係は私たちの精神面に大きな影響を与えます。

このような社会生活の中で一人の時間を楽しもうとせず、孤独を恐れる人がいるのはなぜなのでしょうか?

文化的に見て、多くの社会で孤独を恐れる傾向があり、中には孤独は否定的で苦痛を感じる時間だと考える文化も存在します。科学的には、孤独と気分の低下やうつ症状が密接に関わっていることも明らかになっています。

本記事では、孤独を恐れて不安を感じる考え方を改め、一人の時間は自分と向き合うために必要な大切な時間だと考えられるようになるアドバイスをご紹介します。

1.自分の恐怖心と向き合う

一人になることは自分に負の影響を与えると考える人が多くいますが、実は自分一人の時間の使い方次第では、良い影響を与えることもあれば悪い影響を与えることもあります。自分の理想に向かって進む効果がある時間の活用方法もあれば、自分が満たされていない人間だと感じる時間の過ごし方もあります。

孤独への恐怖心と向き合い、自分を成長させる時間の使い方を心がけることが大切です。

こちらもお読みください『同情や罪悪感または恐怖心から関係を続けるとき

 

2.体からの声に耳を傾ける

孤独を受け入れる

私たちの身体の健康が、毎日の精神状態の影響を受けることは間違いのない事実です。

孤独を感じたとき、数分間目を閉じて呼吸を整えてください。その後「孤独に対して感じる恐怖は何か?」と、しっかりと自分の心と体からの声に耳を傾けてください。

こちらもお読みください『不調を伝える体からの7つのメッセージ

 

3.考えをまとめる

1日を通じて、私たちは友人、同僚、そして家族など、自分以外の人とのコミュニケーションにより多くの情報を収集しています。

その結果、無意識のうちに他人からの情報や他人の考え方が私たちの精神状態を支配することがあります。

そのため、自分一人の時間を大切にして自分の心を見つめて向き合う合うことで、私たちに負の効果を与えている周りからの影響を取り除き、自分の考えをしっかりとまとめることができます。

4.自分を再発見する

自然の中に座る人

一人の時間を退屈だと感じる人や恐怖に感じる人は、一人の時間を過ごすときに過去の思い出などに圧倒されていませんか?

このような状況を避けるため、一人の時間には新しいスポーツや何か新しいことを始めるなど、楽しい時間や行動を心がけて、新しい自分を見つける努力をすることが大切です。

読書などで、これまで知らなかった知識を本から得たり、新しい言語を勉強するのも良いでしょう。また、いつもと違うジャンルの音楽を聴くのも新たな楽しみが増える良い方法です。

5.優先事項を書き出す

1ヶ月の間に実行するべきことをすべて書き出すと同時に、自分が「やりたい」と思っていることも書き出してください。

紙に書き出す方法と、パソコンや電子機器に打ち込む方法がありますが、どちらでも同じ効果があります。ここで大切なのはどちらの方法を使ったとしても、一人の時間に優先事項を書き出した紙や電子機器を見直すことです。

改めて優先事項を確認することで、自分が何をしたらいいかわからない状況や気が休まらないような感情が軽減され、頭と心が整理されます。その結果、精神的に落ち着く効果が得られます。

また他人の考えや他人の優先事項にばかり気を配っている人は、自分だけの優先事項を書き出して再確認することで、現実に直面して他人優先の生活を改善することができます。

あなたの人生の中で最も大切な人、それはあなた自身です。

6.専門家のアドバイスを受ける

専門家の助言

メンタルヘルスと呼ばれる精神面の健康維持は非常に大切であり、世界と自分の現状の調和やバランスが大切になります。

そのためには、自分が抱えている恐怖心の原因を突き止める必要がありますが、その際には、セラピーや専門家の診察が高い効果を発揮します。専門家のサポートにより正しい方法で一人の時間を受け入れ、より平和で穏やかな毎日を送ることができるため、幸せを感じる時間が増えます。

 

7.成長するために大切な一人の時間

人間にとって他人と交流する「社会的」な時間は非常に大切です。友人を作り、他人と一緒に生活することは人間の生活には欠かせません。

ただし一人になることを恐れるあまり、他人に依存したり誰かがいないと生きていけないと感じることがあります。

自分だけの「一人の時間」を過ごす習慣を身につけることで、精神バランスを整え他人に依存しない生活を送ることができるため、より幸せになる効果が期待できます。

他人から認められなくても私たちは幸せになることができる自由な存在だと少しずつでも理解することが大切です。

周りの意見に流されず、自分を大切にして生きていくことで、不安を解消して自立した人間へと成長することができます。

8.自分と繋がるために、すべてのことから離れる

自分を大切に

周りの世界から自分を遮断し、自分自身とだけつながる時間は非常に大切です。自分の考え、感情、そして精神状態に向き合うかけがえのない時間です。

「自分は幸せか?」と自分自身に問いかけることはとても健康的な習慣です。

自分の人生や毎日の生活の中で「変えたい」と思うことや新しいゴールを設定したいときにも、一人の時間は重要な役割を果たします。

 

9.一人の時間は自主性を強化する

自分一人の時間は、自分を大切にするために大切な時間です。一人の時間は、自分の持つ能力などを再発見する時間でもあります。

自信をつけ、人間として成長するのに欠かせないのが一人の時間です。勉強や自分への問いかけなど、自分が満足する時間を過ごして、自分についてさらに理解が深まります。