孤独を感じずに自分らしくいられる方法

· 9月 9, 2018
自分らしく一人でいることが心地よいと感じるなら、一人の時間を持つことがより健康的な人間関係を保つコツであるということに気がついているはずです。私たちは、自分の思うように行動すべきなのです。

孤独を感じた時はいつも、ものすごく不安を感じていました。ですがその後、私はかつて囚われた孤独感のプレッシャーを感じることなく、自分自身でいることを学んだのです。

ありのままの自分らしくいることで、孤独を感じることなく一人の時間を楽しめるようになりました。そして、私の行動を決定していた考え方を一部改善することができたのです。

本当のことを言うと、人に囲まれている時でさえも孤独を感じることがありました。そしてそれは、愛する人々に囲まれている時でさえ感じたことなのです。

 

一人でいることは、無用な人間だということではない

ボートの横に座る女性

時に人は自分が孤立していると感じることがあるでしょう。実際、周りが常にそのことをあなたに思い出させるためにそう感じてしまうこともあるでしょう。

私にもそういう時がありました。特に、孤独に甘んじた時です。一人でいても平気になり、ありのままの自分でいることが楽しいと学んだ時、「あなたは非社会的な人」だという声が聞こえてきたのです。

ですが、一人でいることは非社会的だということではありません。私は新しい友達を作るのが好きですし、いろんなタイプの人に会って関わるのが好きです。

でも同時に、一人の時間も楽しく感じるのです。しばらく会っていないからというだけで、その気になれないのに無理やり友達と会わなくてはいけないと感じることもありません。

私は私自身で大丈夫でしたし、行きたくない誘いがあるとプレッシャーに感じていました。心の中で葛藤が起こり、自分が本当にしたいことと「しなくてはいけない」ことの間に挟まれてしまっていました。

私がここで一番言いたいことは、誰かと一緒にいるからといって常に自分が満たされているというわけではない、ということです。人と一緒にいるのに空っぽに感じるのです。今では、かつての自分は自分らしくいられるというチャンスを自分に与えていなかったということに気がついたのです。

 

社会のプレッシャー

自分では気がついていないかもしれませんが、社会は常にあなたにプレッシャーをかけています。あなたの周りの人だけでありません。先入観、考え方、広告、映画…

パートナーや子どもを持つことは素敵な目標かもしれません。この目標を達成しないという人ももちろん多くいますが、それでもやはり一般的な考えです。

自分らしくいる女性

私たちはよく、誰かとの間に築いた人間関係は長く続けなくてはいけないと考えます。そしてその関係を終わらせることは、自分の社会生活を終わらせることを意味し、その関係に固執しなくてはいけないのです。

ですが、新しい友達を作ることだってできるのはわかっています。新しいパートナーだって見つけることは不可能ではありません。自分自身に限界を作ってはいけません。それなのに、人間はそうしてしまいがちです。

終わりとは新たな始まり」という事実になかなか気づかない人が多いようです。しかし、例えその物や人が自分を傷つけようとも、それを手放してはいけないと社会に教わってきたのです。

こちらも読みましょう『愛しているけど幸せになるためにあなたはいらない』

 

別の道を歩むことを恐れないで

別の方向に歩み出した時、自分の信念に疑問を抱き、しなければいけないとかつて感じたことをするのをやめてしまいます。何かに逆らっているような気がするのでしょう。

「他と違う」自分でいるのは簡単ではないかもしれません。ですが、別の道を行くことに対して恐れを感じたのなら、かつては眉をひそめていたのに現在は大丈夫であることについて考えてみてください。

現代のモデルは、全員痩せていなくてはならないということはありません。ダウン症を抱える、の状態が他の人とは違うモデルもいます。

これは単なる一例です。他とは違う、ということを恐れないでください。ありのままの自分でいることはとても価値のあることです。

女性の横顔

こちらも読みましょう。『自分らしく幸せになりましょう』

 

ひとりぼっちでいるという恐れが自分の中にあることを知った時、私は、自己評価が低いことに気がつきました。周りの人に認められることを求め、自分がするべきだと他人が思っていることに関する責任を果たし、周りに拒否されるのを恐れてきたのです。

自分をよく知ること、自分らしくいることを始めたら、他人など気にならなくなりました。結局のところ、必要とすることと選ぶことは同じではないのです。

自分のパートナーや付き合う友達は選ぶことができます。どんなイベントに出かけるかも自分で選ぶことができます。たとえ一人であっても、孤独を感じる必要なんてないのです。

あなたはこんな状況に陥ったことがありますか? 一人でいることを避けていませんか?

一人でいること、自分らしくいることが心地よいと感じるようであれば、他人との健全な人間関係を築くことの大切さにも気付くでしょう。そして、他人の評価を気にせず、自分の感じるまま、思うままに行動できるでしょう。