人といても孤独を感じる

· 3月 10, 2018
誰かと一緒にいても孤独を感じるのは、もしかしたらあなたが上手く人と関わる方法を分かっていないからかも知れません。また、そうではなく他の人があなたがそう感じるように仕向けているせいかも知れません。その場合はその場から立ち去るのが一番です。

人間は社会に属する生き物です。ですから他の人との関わりはとても重要なものなのです。誰かといても孤独を感じると、とても辛い気持ちになったりします。

それは社交性が欠けているせいかも知れませんし、友人の選択を間違っているからかも知れません。

1人になると孤独を感じる

孤独

自ら孤独を選んだり、またそうでなく状況がそうさせることもあります。

例えば大きな事故に遭った人がいるとします。回復するまで何か月も家に閉じこもらなければならない事もあります。これは自ら選んだものではなく状況から強いられたものです。

それ以外にも孤独に陥る状況はあります。

社会不安などがその例です。

最初の例においてはその治療中に、鬱と社会不安においては病気に陥った後に、孤独という問題が顔を出し始めます。

世の中に背を向けたりすることで、例え周りに人がいたとしても一人ぽっちのような気分に囚われパニックになったりします。

自分はここにいるべきではないと感じつつ人の中に身を置き、結果、楽しむことが出来ないのです。周りに何人人がいようと、やはり孤独で寂しいのです。

問題は、その状況下であなたがどう振る舞っているかです。普通は人と関わろうとしたり、会話をしようとしたりします…ですが本当に問題なのはなんでしょう?

どこかでなにかを間違ったのかも知れません。社交性が失われたのかも知れません。

 

社交性は高めることが出来る

社交性

誰かと話したり関わったりする社交性を失う事で孤独を感じることがあります。

それは不安や恥ずかしいという気持ちの現れの結果であったりもします。

人とどうやって関わったらいいのか正しい付き合い方を学ぶ機会がなかったため、沢山の人に囲まれていても寂しさを感じる事もあります。

またそれとは別で、自己肯定感が低いため不安や恥ずかしさを感じ、人との間に大きな壁を作ってしまう人もいます。

ですがこれらには解決法があります。人を失うのと同じく、その逆に社交性を回復させることも出来るのです。

社会に出て人の中に入っていく事は居心地が悪く逃げ出したくなるかも知れません。ですが恐れと向き合うのが一番の解決法なのです。

向き合えば向き合うほど、その居心地の悪さはどんどん消えていきます。

もう一度言いますが、人と関わることが社会性を回復させる一番の方法です。

人といる時に孤独を感じたら、出来る解決法は1つです。さらに人と会う場所を探し、勇気を持って向き合うことです。

 

どんな人たちと付き合っていますか?

友人

これまでご紹介したものがどれも当てはまらないようなら、自分の身の回りの環境に焦点を当ててみましょう。

気づいていないだけで実は無視をされていたり、透明人間のように扱われていたり、または人に心を支配されているのかも知れません…

意地悪な人間の中には、その顔を仮面で隠し人を上手く罠にはめる人がいます

また、もしかしたら一緒にいる人たちとあなたにはなんの共通点もないのかも知れません。この場合は孤独に感じて当たり前です。互いに与え合うものや一緒に楽しめることがないのですから。

友達になるなら共通するものがある人にしましょう。互いの情報を交換し合ったりすることで自然と会話が盛り上がります。信頼できる人をみつけ、経験や考えを話し合うとより深い関係になれます。

孤独を感じる状況は変えていくことが出来ます。置かれている状況を観察し分析してください。原因が分かれば、解決法を見つけることも出来るのです。