オーガズムの種類とその到達法

· 9月 23, 2016
オーガズムの種類とその到達に関して、女性は男性より少し複雑だということはよく知られていることでしょう。

オーガズムにはたくさんの種類があり、女性は一般的にその絶頂に達するために多くの刺激を必要するのです。

とても複雑なので、性的興奮を得るため(マンネリを避けるため)色々と普段と違うことを行うようにし、互いの身体をよく知ろうとするカップルも多いことでしょう。

多くの女性はある特定の絶頂を得たときに違ったタイプのオーガズムを感じます。では、その5つのタイプを見てみましょう。

1.クリトリス

セックス中の女性

クリトリスはオーガズムに達しやすい部分として知られています。これはクリトリスが触りやすい位置にあり、愛撫しやすいためです。女性はこの部分で刺激されることで感じることができ、これは男性にもよく知られているものでしょう。

また、クリトリスを触りオナニーを行う方もいると思います。もしまだ行ったことがない、という女性がパートナーである男性は、どうぞリードしてあげてください。

こちらもお読みください:パートナーへの愛情表現が苦手なあなたへ

2.膣のオーガズム

これもまたよく知られている部分です。多くのカップルがオーガズムのために攻める部分ですが、一方でまた、オーガズムに到達するのが最も難しい部分でもあります。有名なGスポットは単なる挿入だけでは刺激されません。

またこのオーガズムに達するためには努力と集中力が必要です。複雑だからといってあきらめないでください。これを感じることが出来れば、最高の満足感を得ることが出来ます。

またこれにはコミュニケーションが必須です。そして膣を刺激するためには様々な体位があります:立ったままや抱き上げ、座位、バックや横向きなど。

自分たちにとって最もよい体位を探してみましょう。動きをコントロールしやすいため騎上位で上に乗ることが最もオーガズムに達成しやすい、という方や、下側のほうが子宮頚部に刺激が来やすい、という女性もいるでしょう。

3.混合オーガズム

膣のオーガズム

これは最も極端なオーガズムです。完成体系のオーガズムとして知られ、クリトリスと膣を同時に刺激されることで到達します。女性は気持ちよさに身が悶え、感性が非常に敏感になるという特徴があります。気付かない女性も多いのですが、Gスポットやクリトリスの神経は外陰部周辺や膣の中のあらゆるところに広がっています。

このため、膣とクリトリスが同時に感じることができ、両部分を刺激することによって自然に感じることができます。最初の数回は難しいと思いますが、様子を見て分析を繰り返すことで慣れていきます。女性の立場から申し上げると、私たちはいつもパートナーに協力してほしいと思っています。

最高のオーガズムを見つけるために、様々な体位や違ったタイプの動きに挑戦し続けてください。

4.タブーオーガズム

タブーのセックス、それは「肛門」です。不安や偏見、恐れや考え方などから、アナルセックスを行わないカップルもいるかと思います。また、挑戦しても気持ちよくなかったり痛かった、というカップルもいると思います。

しかし、何回か行っているうちに、最高の快感を得たという女性もいるのです。何回か行ってみて、どうすれば快感を得られるか、と知っていくことで信じられないくらいの快感を得ることが出来ます。まさにクリトリスと同じように、アナルはとても感じやすく、長い時間かけて愛撫をするなどといった労力もいりません。感じる部分がわかっていけば、少しの努力で絶頂に達することが出来るのです。

愛撫は指や口、言うまでもないですがペニスで行うことが出来ます。挿入を楽にしオーガズムに達しやすくするために、初めに玩具を使ったりオイルを使ってもよいです。勿論アナルのオーガズムに達するためには身体を清潔にしておくことやパートナーと会話をすることはとても大切になってきます。

誰でも最初は少し不快感がありますが、時間や慣れに従って楽しむことが出来るようになります。パートナーにアナルセックスをしたいと打ち明けることは労力が必要かと思いますが、怖がりすぎず、一緒に幸せな時間を持てるよう、楽しみを広げてみましょう。

5.エクササイズ

エクササイズ

新しい研究によると、女性はオーガズムを得るために男性やバイブレーター、指などの直接的な刺激は必要ないそうです。オーガズムは、エクササイズによっても得ることが出来るのです。もしかするとこの記事を読んでいるあなたも毎日ジムに行っているかもしれません。

もしくは急な階段を上ったりしてくすぐったく感じたこともあるかもしれません。もしそうなら、あなたはエクササイズによって性的快感を得た、ということになります。

これらのオーガズムのタイプは、女性の中にはこのようにエクササイズ(自転車やエアロビクス、ランニング)でより快感を得て感じ続けている方もいます。挑戦してみてください。

こちらの記事もご覧ください:締まりのある脚を保つエクササイズ習慣

最後に

自身の身体をよく知ることなくオーガズムに到達することは女性とって容易なことではありません。自身の身体をよく知らないからこそ、多くのオーガズムタイプがあってもそれらに到達することが不可能に思えるのです。

しかし、これだけは知っておいてください。そう思っているのはあなただけではありません。多くの人が同じ境遇にいます。ただ、自分自身を解放し、複雑に考えすぎてしまうことを辞めましょう。

これだけであなたが最も何に満足するかわかるでしょう。自分の身体をよく知る最大の利点は、パートナーを必要としないということです。シングルの女性であっても、パートナーがいてセックスをする女性と同じようにオーガズムを楽しむことが出来ます。