エクササイズが心に与える7つの利点とは

· 8月 22, 2016
エクササイズをすると体はエンドルフィンを分泌します。エンドルフィンが分泌されると、人は幸福感を感じます。

エクササイズをすると脳への血流が活性化され、酸素がたくさん送られます。その結果、認知機能が活発になり、加齢によるもの忘れや認知症を遅らせる効果があります。

ジムに通ったりエクササイズを始めるのはダイエットやシェイプアップの為だという人がほとんどだと思いますが、エクササイズは体だけでなく心にも良いのだということをご存じですか?

今日は、エクササイズが心に与える利点について見ていきましょう。

エクササイズは心を健康にする

そうです。エクササイズをすると、体だけでなく心にも利点がたくさんあるのです。例えば記憶力向上、ストレス緩和、不安感を軽減、学習能力の上昇などです。

エクササイズのメリット

それでは詳しく見ていきましょう。

1. エクササイズで幸せになる

エクササイズをすると体はエンドルフィンを分泌します。エンドルフィンが分泌されると、人は幸福感を感じます。だからこそ、鬱などに苦しんでいる人にもエクササイズはオススメなのです。

鬱だけでなく、ストレスや不安感を抱えている人は積極的に運動するようにしましょう。体と心の両方に働きかけ、張り詰めた状態を楽にしてくれます。リラックスできるのはもちろん、快眠も促しますのでより良い生活が送れるでしょう。

2. エクササイズで自信がつく

エクササイズをするとより健康になり、幸せを今までよりも感じることができます。自信を高める効果があり、自分自身の価値に気がつくことにより自分を大切にすることができます。

自分のことが好きになれない…なんて悩んでいる人、今すぐエクササイズをしましょう!エクササイズをすることで、希望が見え、気分が良くなるはずです。

3. エクササイズで人間関係をアップ

自分自身を好きになり、より幸せに感じることで社交的になり、人間関係も良くなります。自分に自信があると他人ともより深く関わりやすくなるのです。

人間関係

また、グループでの集まったりスポーツをするなど集団行動にも参加しやすくなります。知らない人と会話を始めるのにも躊躇しなくなるでしょう。これは全て、自分に自信があって社交的になっているからです。

たくさんの人と関わることで、より前向きに感じられるでしょう。

4. エクササイズで認知障害を防ぐ

アルツハイマー病など認知障害を心配しているなら、エクササイズをしてみましょう。エクササイズには認知障害を予防する効果があると言われています。

25歳〜45歳までの間、日常的にエクササイズをしている人は、将来の認知障害のリスクを減らせるかもしれませんよ。

合わせて読みたい:アルツハイマー症の兆候を察知するための方法

 

5. エクササイズで禁酒・禁煙

お酒やタバコなど何か止められないものがある人は、エクササイズをすると中毒症状を克服できるかもしれません。

何かを止められないという中毒症状は、ドーパミンというホルモンに関連しています。このドーパミンはエクササイズをすると分泌されるのです。

6. エクササイズで記憶力アップ

エクササイズをすると、記憶や思考を司る海馬の細胞形成を促します。したがって、記憶力がアップし、より効果的に物事を覚えることができるのです。

ダラダラとした生活は、記憶力を低下させます。

エクササイズのメリット2

こちらもご覧ください:記憶力」と「頭の回転」を高める5つの方法

 

7. エクササイズでより行動的に

エクササイズをすると疲れてしまうので仕事に支障を来したり、他にやりたいことができなくなってしまうと思う人がいるかもしれません。

しかし、実はその考え方は間違っています。

エクササイズをすると、よりエネルギーが湧いてくるのです。信じられないかもしれませんが、エクササイズをすることによって、1日中アクティブに活動できる力がみなぎるのです。そのため、仕事で集中できないなどという時間帯を減らすことができます。

あなたはダラダラとした生活を送っていませんか?エクササイズをしていますか?今日挙げたのは、エクササイズの効果のうちのほんの一部に過ぎません。

なんだか最近疲れている、頑張れないと感じているなら是非ともエクササイズを取り入れてみてください。エクササイズをするだけで改善されることはたくさんあります