お腹のガスをためない4つの自然な方法

2月 14, 2020
腸内に蓄積された胃ガスは、しばしば膨満感と腹痛として現れます。この記事で紹介する自然療法で緩和が可能です。

消化器疾患にはたくさんの人が悩んでいます。そして、症状を和らげるための多くの自然療法もあります。事実、胃ガスは最も一般的な消化器の悩みの1つであり、最も厄介なものでもあります。幸いなことに、予防し軽減するのに役立つ薬用植物がいくつかあります。

お腹のガスを取り除く植物

胃腸管に蓄積された余分なガスは、一般にお腹の張りやげっぷを引き起こします。原因は複数ありますが、たとえば、一部のガスは消化不良の結果です。他には、小腸の細菌の過剰増殖が原因のこともあります。

頻繁に息苦しさに見舞われる場合は、医師に相談してください。そして、ここでご紹介する救済策は、医学的治療を補完するものに過ぎないとご留意してください。

フェンネル、カモミール、セイロンシナモン、生姜の4つは、お腹のガスをためないための効果的な植物です。

1.フェンネル

お腹のガス フェンネル
フェンネルには、消化不良による腹痛を軽減する鎮痙作用があります。

まず、お腹のガスを軽減するための最も有名な治療法の1つはフェンネルです。その種子、根、葉は、消化を改善してお腹の張りを和らげるために世界中で使われています。

フェンネルには駆風性があります。つまり、お腹が張っている場合、消化管からのガスの排出を促進することを意味します。また、胃痛を和らげ、便通を促進し、下痢を止めることができます。

最後に、フェンネルは、赤ちゃんの疝痛を和らげるのにも効果的です。ある研究では、生後12週間未満の赤ちゃんにフェンネルシードオイルを使用することが提案されています。これにより、腸のけいれんを減らし、小腸の可動性を高めるのに役立つ可能性が示唆されています。

こちらもお読みください:ガスを自然に解消するエクササイズ

2.お腹のガスを取り除くカモミール

カモミールティーはぜひ常備してください。この薬用植物は消化緩和剤でもあり、胃痛があるときに飲むと神経が落ち着きます。カモミールは、お腹が張っているときだけでなく、下痢、消化不良、吐き気、嘔吐、子どもの疝痛にも効果的です。

古くから人々は、消化、駆風、鎮痙、鎮静作用を求めて、カモミールを消化器疾患の治療に使用してきました。

  • ハーブティーとして飲むか、エッセンシャルオイルとして使用できます。ただし、エッセンシャルオイルは飲まないでください。代わりに、植物油で希釈し、患部の腹部をマッサージするために使用しましょう。

3.セイロンシナモン

シナモンをハーブティーや料理に使用して、消化を改善してガスを防ぎます。

シナモンの種類の中でも、セイロンシナモンがオススメです。なぜならば、医学的な観点から最も効果的とされる種類だからです。シナモンは、その抗炎症、抗酸化、抗菌、および抗糖尿病の特性により大変効果的です。

シナモンは、強力な消化器治療薬として際立った植物であり、実際、お腹の張りと消化不良を予防または軽減するのに非常に効果的です。また、良好な肝機能を促進し、腸内の寄生虫の出現を防ぐことさえ可能です。

「どのように摂取すべきか」って?

シナモンには、デザートからメインディッシュまで、さまざまな料理の調味料として使用できるという大きな利点があります。風味を出すために、シチューなどに加えても良いでしょう。それに、どんなデザートにも合います!

こちらもお読みください:体内にガスが溜まっていると起こること

4.生姜

最後に、アジア原産で、現在世界中で非常に人気のある素晴らしい植物に言及したいと思います。生姜はその強烈でスパイシーで爽やかな味が特徴で、さまざまな料理に使用されます。しかし、料理だけではなく、さまざまな疾患の緩和にも役立ちます。

生姜は、お腹のガスを取り除くのに役立ちます。また、下痢の治療や胃潰瘍の予防にも効果的です。

  • 生または乾燥で、ジンジャーティーとして、ジュースに混ぜて…さらにはサプリとしても消費できます。

これで、お腹のガスの予防と緩和に役立つ薬用植物の消化特性がわかりましたね。消化を楽にし、生活の質を向上させる必要があるときはいつでも手元に置いておくようにしてください。

  • Srivastava, J. K., Shankar, E., & Gupta, S. (2010). Chamomile: A herbal medicine of the past with a bright future (review). Molecular Medicine Reports. https://doi.org/10.3892/mmr.2010.377
  • Kurbel, S., Kurbel, B., & Včev, A. (2006). Intestinal gases and flatulence: Possible causes of occurrence. Medical Hypotheses. https://doi.org/10.1016/j.mehy.2006.01.057
  • Sharangi, A. B., & Datta, S. (2005). Medicinal properties of spices. Indian Journal of Arecanut Spices and Medicinal Plants.