ガスを自然に解消するエクササイズ

8月 10, 2018
食生活と生活習慣は、私たちの生活と消化器官にとって非常に大きな役割を果たしています。本記事では、腹部に溜まるガスを自然に解消するのに役立つアドバイスとシンプルなエクササイズをご紹介します。

腹部に溜まるガスにお悩みですか?

ガスは非常に不快な症状で、症状が悪化すると日常生活にも支障をきたします。本記事では、ガスを解消する自然な方法をご紹介します。

摂取した食品などを分解する過程で、体内で自然に発生します。

初期の症状ではさほど不快なことはありませんが、症状がひどい時は悪臭を発することがあり、多くの人が悩む原因の一つとなっています

ガスの種類とその原因

ゲップなどの症状が現れるガスの原因は次の通りです:

  • 早く食べすぎた時
  • ガムを噛んでいる時
  • 空気を飲み込んだ時

また消化器系の下部で生成されて鼓腸を引き起こす食品は次の通りです:

  • キャベツまたは同種の野菜
  • マメ科の植物
  • 果物(りんごとブドウ)
  • 炭酸飲料

これらの食品は消化器系機能を悪化させるだけではなく、ガスの発生により恥ずかしさが生まれます。

ガスを解消するためのエクササイズ

とても簡単で、大人も子供も実践できるエクササイズです。

ガスが移動をして解消されるように身体を動かすことを目的としています。

1.サイクリング

サイクリング

全世代に人気のあるアクティビティー、そして運動であるサイクリングは、屋外で自転車を走らせるだけではなく、ジムなどの室内に固定されたバイクで運動を行うことができます。

自転車を漕ぐ時の動きが、胃を活性化させながらガスを解消します。とても楽しく簡単にガスを解消する方法です。

こちらもお読みください:シニア世代におすすめの重要なエクササイズ4選

2.赤ちゃんのポーズ(ヨガ)

ヨガでは一般的な赤ちゃんのポーズはガスを解消するのに効果的です。

運動レベルによって2つのバリエーションがあります:

  • 膝をついて立ち、身体を前方に曲げながら腕を伸ばします。30秒間静止します。
  • 仰向けになり、膝をわずかに曲げた状態で足を上にあげます。手で足を掴んだらバランスを保ちます。30秒以上このポーズを維持してください。

3.腰を動かす

簡単なエクササイズですが、ガスを解消するのに非常に効果的です。

  • 膝を少し曲げた状態で、横になります。快適な場所を選んでください。
  • 腕は頭の横に伸ばしてください。
  • 両足を同時に、同方向(左右)に動かすことで腰のストレッチを行いますが、上半身と肩は床につけた状態を維持して動かさないでください。
  • 動いている時は、ゆっくり優しく呼吸を行なってください。

4.コブラのポーズ(ヨガ)

ヨガで人気のコブラのポーズですが、鼓腸にも効果的です。

  • 快適な場所でうつ伏せになります。
  • 手は肩の下に置き、つま先と手の先で身体を支えてください。
  • 息を吐きながら腕を伸ばし、胸を床から徐々に持ち上げるように上半身だけをあげます。下半身はそのままにしてください。
  • この状態を30秒以上維持してください。
  • 呼吸は鼻から行ってください。

5.ダウンドッグ(ヨガ)

ダウンドッグ

 

ダウンドッグ(下向きの犬のポーズ)はガスを取り除くのに効果的なヨガのポーズの一つです。

また体内の機能を強化しながら、月経痛によるガスの解消効果もあります。

  • 腕を肩幅より広めに広げて腕立て伏せのポーズをとります。
  • そこからお尻を上に持ってくるように、胸を太ももに向けて押します。
  • 写真のように足が伸び、頭が下がっている状態がダウンドッグポーズです。
  • このポーズを数秒間維持してください。

これらのエクササイズを実践して、不快で恥ずかしいガスを解消してください。

 

あなたへおすすめ