お腹のガスを抑える自然療法

· 10月 3, 2015

消化システムの様々な問題が原因で、年齢や性別に関わらず、お腹のガスが過剰に貯まることがありますが、これは非常に不快な症状です。

お腹のガスにつながる要因は、辛い食べ物の食べ過ぎ、ストレス(酸の過剰分泌)、食べ物と一緒に飲み込む空気などや、食生活などが原因でガスや不快な臭いが発生します。

本記事では、自然療法を活用してお腹のガスを抑える方法をご紹介します

何がお腹のガスを引き起こすのか?

乳糖

全乳はガスを引き起こす主な食べ物の1つで、中にはこの食べ物に非常に敏感で、摂取することができない乳糖不耐性を発症している人もいます。

この場合は、乳糖を含まない植物性のミルクを摂取することで問題を解消できます。

便秘

便秘に悩む人たちは、腸の中の食べ物の移動や消化が遅すぎ、体内の老廃物が多く蓄積されているため、お腹にガスが貯まりやすくなります。

こちらの記事もご参考に:厄介な便秘を解消する7つの自然療法

お家でできるお腹のガスを抑える方法

生姜

しょうが

生姜茶を飲んだり、食事の前にすりおろした小さじ1杯のしょうがを食べたり、生や乾燥したしょうがを若干食事に加えたりすることで、お腹のガスの問題に効果的に対処し、症状を緩和することができます。

キャラウェイ・シード

キャラウェイ・シードは、適切な消化を促進する能力があり、ガスを発生させやすい食べ物に加えることで、ガスの発生を予防したり、腹痛を予防することができます。

ニンニク

ニンニク2

ニンニクには、健康のために効果があるアリシンと二硫化アリルが、主要な成分として含まれています。

ニンニクは、お家でもできるとても効果的な方法として、消化を助け、お腹のガスを調節するために使われるもう1つの食べ物です。この効果を得るためには、そのまま、もしくは他の食べ物に調味料として加えて、生で食べることが大切です。

こちらもご参考に:強力なパワーをもつ3つの食材/玉ねぎ、にんにく、レモン

たんぽぽ茶

たんぽぽ茶は、多くの健康の悩みにたくさんのメリットがある薬草です。

消化に関する効果もあり、このお茶を食事の前に飲むことで過剰なガスの発生を防いでくれます。調味料として、料理に加えることもでき、そのためには乾燥させて砕いて使ってください。

パセリ

パセリ

パセリは、生のものでも乾燥させたものでも、食べ物に加えることで、腸内でのガスの発生を調整してくれる、お家でもできるとても効果的な方法です。

活性炭

炭は、お腹のガスを引き起こす腸内の空気を吸収することができます。

食事の前にこのサプリメントを摂取するのがオススメで、それによって、ガスの発生を予防することができます。

レモンジュース

レモン5

レモンには、たくさんの病気に対して様々な薬効があり、特に消化器官に関連するものを多く含んでいます。毎食の前後にレモンジュースを飲む習慣を身につけると、ガスの貯まり方が、ほとんどすぐに変わるのに気づくことでしょう。

カモミール茶

カモミール茶は胃をリラックスさせる能力があり、そのため大量のガスの発生を防ぎ、自然で効果的な方法で消化活動を改善してくれます。

アニス茶

アニス

アニスには、お腹のガスやそれによる腹痛を抑える大きな効果があります。これを生かして、1カップの水を沸かして、大さじ1杯のアニスの粉末を加えて、しばらくしてから飲みましょう。この方法は毎日行うのが良く、それによって、腸内で発生するガスは減少するでしょう。

その他のオススメ

プロバイオティクスを含む食べ物を摂取する

プロバイオティクスを含む食べ物やプロバイオティクスのサプリメントを摂取することは、ガスの症状を改善するためにはすばらしいアイデアです。良い腸内環境や、全般的な健康状態を維持するためにも役立ちます。

温湿布

どうやっても減らないほどガスが貯まっている場合には、多めの水を温めて、タオルなどに染み込ませ、絞ってからお腹の上に置いてください。お腹がリラックスして、痛みが消えるまで、このプロセスを繰り返してください。

ご紹介したように、お腹のガスを予防したり緩和したりする方法はいろいろとあります。どの方法が自分にピッタリか見つけて、効果が現れるまで続けてください。きっとすぐに効果を実感できるのではないでしょうか!