お腹のガスを抑える10の方法

9月 26, 2015

お腹にガスが貯まることは決して特別なことではないですが、それでも悩ましいものです。お腹が張っているように感じたり、痛くなったりすることもあります。大腸のデコボコに引っかかったガスが原因です。

様々な研究から、基本的にガスは食習慣の悪さに起因しているものとされており、身体に悪い気体が体内に余分に残っている状態です。ここでは、毎日ガスを気にしなくても良くなるための簡単な方法をご紹介します。また、1日2リットルの水分摂取量を確保するバランスの取れた食生活を維持することや、腸内細菌を良好な状態に維持して適切な消化活動を促すプレバイオティクスを摂取することが推奨されます。

ガスの主な原因

  • サヤインゲン、ブロッコリー、芽キャベツ、カリフラワー、キャベツ、炭酸飲料、玉ねぎなどの食べ物を食べること
  • 乳糖不耐症の可能性
  • 食べ過ぎにより、消化されない食べ物がガスに変わる
  • 食べ物の噛み方が良くない:よく噛んでいない食べ物は発酵するまでに時間がかかります。
  • 口を開けて食べる、ガムの噛みすぎ、炭酸飲料を飲む、喫煙
  • 便通剤、精神安定剤、コレステロール低下剤などのお薬
  • 不安やストレス

お腹のガスを抑える10の方法

1.パパイヤとパイナップル

パパイヤ

毎食後にこれらの新鮮な果物を食べると、ガスを抑え適切な消化を行う、身体に必要な酵素を使うことができます。この二つを使って、ジュースや美味しいサラダを作ってはいかがでしょう。

2.しょうが:ただ単純に理想的です。根の部分を使ってしょうが茶を作ったり、食事の中に少量を取り入れてみてください。消化を促進し、気になるガスを予防するための大きな助けになること、間違い無しです。例えば、他の方法として、毎食前にすりおろしたてのしょうがを小さじ一杯食べても良いでしょう。

3.アップルサイダー・ビネガー:効果絶大で医師にも勧められるもう1つの方法がこれです。グラス1杯の水に大さじ2杯のアップルサイダー・ビネガーを溶かして、食事中や食事直後に飲んでください。消化を助け、ガスが溜まることを防いでくれます。

4.たんぽぽ:一般的で誰にでも手に入るハーブであるたんぽぽは、その小さな葉に驚くべき健康上のメリットをいくつも秘めていて、そのうちの1つがガスを抑えることです。煮出して飲んでも良いですし、食事のスパイスとして使うこともできます。

5.シナモンティー

シナモン

一般的に、カモミール、シナモン、クローブのようなハーブティーを飲むことは、小腸の動きを活発にすることで、食べ物を腐食させる細菌を除去することができます。痛みを感じたり、不快感を感じたりしたときに飲んでください。

6.グリーンアニス:ガスを予防するとともに、溜まっているガスを緩和します。この方法を使うためには、小さじ2杯のアニスシードを砕いて、1カップの水の中で沸騰させます。沸騰した状態を数分継続させます。食事の前に飲んでガスを予防することもできますし、ガスが溜まっている感じがするときに飲むこともできます。

7.温かい濡れタオル:お腹に不快感を感じ始めたり、お腹が張るのを感じ始めたりしたら、温かいお湯と布という単純な方法を使うこともできます。

8.レモンジュース:レモンに含まれる成分はいろいろな使い方ができますが、含まれる酸のおかげで、小腸のガス対策にも最適です。朝起きてすぐ、もしくはお昼ご飯のときに、レモンジュースを少し飲むとよいでしょう。

9.ニンニク:ニンニクは健康に多くの面で役立つ素晴らしい食材です。消化を促し、ガスを減らすその成分はよく知られています。良い方法は、少々の黒胡椒とコリアンダーの種とともにニンニクをみじん切りにする方法です。これらを2カップの水に入れて沸騰させ、1日2回飲むと良いでしょう。

10.ココナッツウォーター

ココナッツオイル

ココナッツウォーターは、さわやかで美味しいだけではなく、ガスを減らし、消化を良くするために最適な成分も含んでいます。多くの栄養士によると、昼食の直後や午後の時間帯にガスが気になり始めることから、午後にグラス1杯飲むのが良いでしょう。

あなたへおすすめ