【おむつのかぶれ】症状と対処法

おむつかぶれは、赤ちゃんの最も一般的な皮膚科的な問題の1つです。通常は合併症を引き起こすことはありませんが、非常に厄介なものです。この記事では、おむつかぶれの種類や症状、対処法についてお伝えします。
【おむつのかぶれ】症状と対処法

最後の更新: 01 2月, 2021

おむつかぶれは、乳幼児の最も一般的な皮膚疾患です。おむつかぶれにはさまざまなタイプがあり、通常は軽度で家庭での治療で十分な状態で、最小限の介入を必要とします。ほとんどの場合、臀部および生殖器の周りに発生します。しかし、刺激物との接触により、下腹部や太もも上部に現れることもあります。

Pediatric Dermatolog誌情報によると、この症状は、摩擦、皮膚の過剰保湿、皮膚のpHの変化などの結果であるとされています。さらに、生後1年の間に起こりやすいとされています。では、おむつかぶれにはどのような種類があるのでしょうか? また、どんな症状があるのでしょうか? そして、どのように治療すればいいのでしょうか?

おむつかぶれの症状

おむつかぶれとは、おむつ周辺の皮膚の炎症反応のことです。赤ちゃんは皮膚が薄いため、分泌物が少なく、感染症や炎症を起こしやすいということを覚えておきましょう。それでも、この状態で最も重要なのは、おむつによる皮膚の塞がりです。

症状は、皮膚炎の重症度や進行時期によって異なります。スペインの学会、Spanish Society of Outpatient Pediatrics and Primary Careがまとめた情報によると、臨床症状のいくつかは以下の通りです。

  • さまざまな度合いのかゆみ
  • 軽度の場合は少しの赤み
  • 激しい炎症(重度の場合は出血があることも
  • おむつ周辺の著しい不快感による赤ちゃんの機嫌の変化
おむつかぶれの症状 赤ちゃん
おむつかぶれは、おむつ周辺の皮膚の炎症反応です。症状としては、赤みやかゆみ、炎症などが挙げられます。

おむつかぶれの原因

おむつかぶれは、複数の要因が重なって起こるものです。水分量の増加、尿や排泄物との長時間の接触、洗剤などの刺激物などです。

おむつ皮膚炎の2番目に多い原因は感染症です。特に、真菌感染症、特にカンジダ菌が最も一般的な感染症の原因です。同様に、以下のようなその他の真菌もおむつ皮膚炎と関連している可能性があります。

  • 皮膚糸状菌症による感染
  • マラセチア脂漏性皮膚炎の増悪
  • 紅斑などの偽真菌症の状態

おむつかぶれの種類

おむつかぶれとは、おむつと接触する部分に起こる皮膚の状態のことです。つまり、この炎症は様々な要因によって引き起こされることがあります。その意味では、以下のように分類することができます。

刺激性接触皮膚炎

刺激性接触皮膚炎は、おむつ皮膚炎の中で最も一般的なタイプです。その外観は、おむつ内に溜まった便や尿との皮膚接触に関係しています。しかし、股間のひだは刺激性物質との接触が少ないため、通常は変化のない健康な状態です。

そうならないためにも、AEPEDの研究では、皮膚を常に清潔で乾燥した状態に保つことが推奨されています。また、おむつは一日の間に何度も交換しましょう。

おむつのカンジダ症

おむつかぶれとは、通常は消化器の微生物群に生息する真菌の一種が過剰に発生することで起こる酵母感染症です。それを特徴づける兆候は以下の通りです。

  • 強く出た皮膚の赤み
  • 傷ついた肌がビニール状になっている
  • 明確に見た目が変わっている
  • 腫れ
  • 股関節周りのひだの異常

細菌による皮膚炎

稀なケースでは、膿痂疹とも呼ばれる細菌性皮膚炎が見られます。しかし、ブドウ球菌や溶連菌が原因でおむつかぶれを起こしたり、既存のおむつかぶれを悪化させたりすることも少なくありません。溶連菌感染症の特徴的なサインは、肛門周囲の皮膚が真っ赤になることです。

アレルギー性皮膚炎

敏感肌の赤ちゃんは、おむつやクリームの特定の成分に対して何らかのアレルギー反応を起こすことがあります。最も一般的なアレルゲンには以下のものがあります。

  • おむつに含まれるゴムや染料
  • 香水
  • 衛生製品の防腐剤

おむつかぶれは予防できるのか

おむつかぶれの治療には、主に2つの目的があります。1つ目は、傷ついた皮膚を治すこと、2つ目は再発を防ぐことです。以下に、これらの目的を達成するために役立つ方法をいくつかご紹介します。

  • 良好な衛生状態を保つことは、皮膚の完全性を維持し、さらなる劣化を防ぐために不可欠です。頻繁におむつを交換したり、皮膚の過剰な水分補給を減らすのに役立つ高吸収性のおむつを使用することで、尿や排泄物などの刺激物にさらされることを軽減することができます。
  • また、おむつ周りは必ず洗浄力の弱いクレンザーと水で洗って清潔にするようにしましょう。
  • 最後に、多くの人の思い込みに反して、Pediatric Dermatologyの研究では、ベビーワイプ(赤ちゃん用おしり拭き)は皮膚にダメージを与えないことが示されています。また、pH緩衝剤を含む新処方により、尿のアルカリ性pHのバランスを整え、皮膚へのダメージを防ぐことができます。

こちらもお読みください:赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の基本ケア

おむつかぶれは予防できるのか 赤ちゃん
おむつかぶれを防ぐ最善の方法は、良い衛生状態を保ち、頻繁におむつを変えることです。

おむつかぶれの対処法

おむつ部分の感染症の種類がどのようなものであれ、小児科医や皮膚科医による診断と治療が必要であることをお忘れなく。医師がおむつの発疹のタイプとその分布を診断し、原因を決定し、治療法を確立します。

刺激性接触皮膚炎の場合は、適切な衛生管理を実践し、清潔にした後数分間は子供をオムツなしの状態にしておく必要があります。最後に、おむつ替えを完了する前に、適量のベビーパウダーを適用します。

カンジダ感染症に対処する必要がある場合は、イミダゾール系の局所軟膏を適用する必要があります。

注:オムツ部分にコルチコイドクリームを使用することは絶対にいけません。

医師に相談するタイミング

上記の対策をしても赤ちゃんのおむつかぶれが治まらない場合は、医師に相談して適切な薬を処方してもらうようにしましょう。さらに、化膿、ただれ、発熱などの臨床症状がある場合は、すぐに医師の診察を受けるべきです。

ほとんどの場合、このような皮膚の問題は、刺激物の使用を避けたり、衛生状態を良くするなどの基本的なケアで改善されます。そうであっても、小児科医に症状を伝えるのが一番です。

こちらの記事もおすすめです。
おむつを替えるために赤ちゃんを起こすべき?
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
おむつを替えるために赤ちゃんを起こすべき?

おむつを替えるときに眠っている赤ちゃんを起こすべきかわからない、と言うお父さんお母さんがいます。毎日気になっている方もいらっしゃるかもですね。赤ちゃんの肌は、糞尿や化粧品のような刺激物にとっても敏感です。なので、発疹や皮膚炎を避けるために、赤ちゃんのおむつは頻繁に替えてあげる必要があります。



  • Carr AN, DeWitt T, Cork MJ, et al. Diaper dermatitis prevalence and severity: Global perspective on the impact of caregiver behavior. Pediatr Dermatol. 2020;37(1):130-136. doi:10.1111/pde.14047
  • Ravanfar P, Wallace JS, Pace NC. Diaper dermatitis: a review and update. Curr Opin Pediatr. 2012 Aug;24(4):472-9. doi: 10.1097/MOP.0b013e32835585f2. PMID: 22790100.
  • Blume-Peytavi U, Kanti V. Prevention and treatment of diaper dermatitis. Pediatr Dermatol. 2018 Mar;35 Suppl 1:s19-s23. doi: 10.1111/pde.13495. PMID: 29596731.
  • Kellen PE. Diaper dermatitis: differential diagnosis and management. Can Fam Physician. 1990;36:1569-1572.
  • (2016). Dermatitis del pañal y trastornos relacionados. PediatríaIntegral, 151. https://www.pediatriaintegral.es/wp-content/uploads/2016/05/Pediatria-Integral-XX-03_WEB.pdf#page=7
  • (2012). Trastornos cutáneos más frecuentes del recién nacido y del lactante. Dermatitis del pañal. PediatríaIntegral, 195. https://www.pediatriaintegral.es/wp-content/uploads/2012/06/Pediatria-Integral-XVI-3.pdf#page=7
  • Bonifaz A, Rojas R, Tirado-Sánchez A, et al. Superficial Mycoses Associated with Diaper Dermatitis. Mycopathologia. 2016;181(9-10):671-679. doi:10.1007/s11046-016-0020-9