皮膚カンジダ症の治療をより効果的にする5つの方法

04 1月, 2020
皮膚カンジダ症は、皮膚のあらゆる部分に目障りな変化をもたらす感染症です。その原因と、治療をより効果的にする方法についてご紹介します。

皮膚カンジタ症とは、カンジタアルビカンスという真菌が皮膚に感染して起こる感染症の一種です。これらの微生物は大きな問題を引き起こすことなく、皮膚に現れるのが一般的です。しかし、特定の不安定さが真菌を増殖させ、不快な症状を引き起こす可能性があります。

症状の出初めは、耐えられる程度の不快感のみで、大きな問題にならないことが多いです。しかし、感染が身体の他の部分に広がってより複雑になってしまうので、治療を行うことが不可欠です。

それでは、皮膚カンジダ症に抵抗するには何ができるでしょうか?

カンジダについて

多くの酵母種の源であるカンジダ属は、身体に有害となることがあります。身体にあること事態は珍しくありませんが、種類によっては過剰に増殖し、感染症を導きます。皮膚に感染した場合が、しばしば皮膚カンジダ症を引き起こしてしまうのです。

この病気は感染具合や個人の免疫システムによって、さまざまな形で現れます。しかし、一般的には次のような形で現れます。

  • 発疹または水膨れ
  • 赤または紫の斑点
  • 感染した部位に白またはうろこ状の斑点
  • 乾燥したうろこ状の皮膚の剥離
  • 皮膚のひび割れおよび出血
  • 焼けるような痛み
  • 赤み
  • 膿で満たされたにきびのような膿疱

ご存知ですか?カンジダ症ってなに?

皮膚カンジダ症の治療をより効果的にする5つの方法

この病気の治療法のほとんどは、主に局所的な抗真菌剤の投与が基本となります。ベビーパウダー、クリーム、またはローションを処方されるかもしれません。しかし、時には経口薬を処方されることもあります。

この治療をより効果的にするために、いくつのことを覚えておく必要があります。

1.皮膚カンジダ症に感染している場合には、濡れた服はすぐに着替える

皮膚カンジダ症

湿気と身体の温かさが一緒になり、真菌が居心地よく増殖するための最適な環境を作り出します。

水着や汗をかいたトレーニング服は、皮膚カンジダ症の人には特に好ましくありません。濡れた服は真菌の増殖にぴったりな環境を作り出してしまうので、運動後に長時間これらを着用することを避けましょう。

濡れた服を長く着用していることで、症状が悪化する可能性もあります。

2.ゆったりした綿の服を着用する

皮膚の感染症については、着用する服の種類によって、症状を大幅に軽減させることができます。

重要ではないように思えるかもしれませんが、ゆったりした綿の服を着用することで汗の蓄積を最小限に抑え、カンジダの成長を防いでくれます。

3.香料入りの石鹸を避ける

石鹸やその他の香料入りの製品を使用することによって、皮膚の自然なpHを変えてしまい、皮膚カンジダ症の症状を悪化させてしまう可能性があります。

この感染症のさらなる発生を防ぐために、中性のオーガニック石鹸を使用しましょう。

4.砂糖の摂取を控える

皮膚カンジダ症

砂糖の摂取が、皮膚カンジダ症と何の関連があるのでしょうか?

あまり知られていませんが、高血糖値は抗真菌剤に対するカンジダの抵抗力を高めてしまいます。

砂糖が多い製品を摂取した際には、ブドウ糖が増えて感染症にかかりやすくなります。そのため、できる限り砂糖の摂取を避け、血糖値を安定させる習慣を取り入れましょう。

定期的な運動やフルーツや野菜を取り入れた健康な食生活で血糖値を改善することができます。

こちらもご参考に:カンジダの増殖を抑える6つの自然療法

5.食生活にプロバイオティクスを取り入れる

プロバイオティクスの摂取は、カンジダや他の微生物に抵抗する最良の方法の1つです。これらの生きた微生物には、病原体の集団を寄せ付けないようにして防御力を高めてくれます。

実際、プロバイオティクスや他の発酵製品は、抗真菌剤と同じくらい、または抗真菌剤よりも効果的である可能性があると示唆する研究もあります。何よりも、ヨーグルトのように、ほとんどのプロバイオティクスは安全に使用でき、副作用がありません。

皮膚カンジダ症について医師に相談するタイミング

皮膚カンジダ症

初めて皮膚カンジダ症に感染した場合には、病状を明確にするために医師に相談したほうがいいでしょう。より注意が必要な他の病気の症状に似ていることもあります。このため、追加の検査が必要となる場合もあります。

カンジダのほとんどの症状は軽度であり、短い期間で簡単に治療することができます。しかし、早い回復のためにも常に治療を行ったほうがいいでしょう。医師は、症状を抑えるための抗真菌薬や他の薬を処方してくれるかもしれません。

7~14日経っても症状が改善されない場合、または悪化した場合には、医師に相談してください。より深刻な問題を防ぐために、適時な行動が鍵となります。

ご紹介したアドバイスすべてを実行することを躊躇わないでください。また、免疫力が低下している場合には、すぐに医師に相談しましょう。

  • Mandal, S. M., Mahata, D., Migliolo, L., Parekh, A., Addy, P. S., Mandal, M., & Basak, A. (2014). Glucose directly promotes antifungal resistance in the fungal pathogen, Candida spp. Journal of Biological Chemistry. https://doi.org/10.1074/jbc.C114.571778
  • Rodaki, A., Bohovych, I. M., Enjalbert, B., Young, T., Odds, F. C., Gow, N. A. R., & Brown, A. J. P. (2009). Glucose Promotes Stress Resistance in the Fungal Pathogen Candida albicans. Molecular Biology of the Cell. https://doi.org/10.1091/mbc.E09-01-0002
  • Hatakka, K., Ahola, A. J., Yli-Knuuttila, H., Richardson, M., Poussa, T., Meurman, J. H., & Korpela, R. (2007). Probiotics reduce the prevalence of oral Candida in the elderly a randomized controlled trial. Journal of Dental Research. https://doi.org/10.1177/154405910708600204
  • Mendonça, F. H. B. P., dos Santos, S. S. F., de Faria, I. da S., Gonçalves e Silva, C. R., Jorge, A. O. C., & Leão, M. V. P. (2012). Effects of probiotic bacteria on Candida presence and IgA anti-Candida in the oral cavity of elderly. Brazilian Dental Journal. https://doi.org/10.1590/S0103-64402012000500011
  • Kashem, S. W., & Kaplan, D. H. (2016). Skin Immunity to Candida albicans. Trends in Immunology. https://doi.org/10.1016/j.it.2016.04.007