カンジダの増殖を抑える6つの自然療法

· 11月 2, 2017
カンジダは人間の体内で見つけられる正常なイースト菌なのですが、過剰に生成されてしまうと複雑化します。カンジダの増殖を抑える方法を知りましょう。

カンジダ・アルビカンスは、人間の体内で見つけられる最も一般的なイースト菌です。口や腸の中には少量見られるものですが、感染症を引き起こすこともあります。

例えば、食生活や毒素などが原因でカンジダが異常に増殖してしまうと、免疫系に被害を与え、腸内のフローラ菌を変化させてしまいます。

結果として、体の様々なシステムに炎症反応を引き起こします。たとえば透過性腸、膣感染、皮膚トラブルといった問題を引き起こすのです。

ラッキーなことに、抗真菌効果のある治療法はたくさんあります。これに加え、健康的な食生活を送れば、カンジダの増殖を抑え、健康トラブルを回避することができるでしょう。

今日は、カンジダの増殖を抑える自然療法を6つご紹介します

1. ココナッツオイル

ココナッツオイル

ココナッツに含まれる脂肪酸には、カンジダの攻撃をコントロールするのを助ける抗細菌、抗真菌効果があります。

カプリル酸やラウリン酸といった物質が含まれているため、イースト菌の増速を抑えるのに役立つでしょう。

使い方

  • オーガニックのココナッツオイルを大さじ2〜3杯、毎日摂りましょう。
  • 予防として摂取する場合は、一日大さじ2杯までにしましょう。
  • 直接肌につけると、肌トラブルにも効果的です。

2. グレープフルーツシードエクストラクト

グレープフルーツシードのエクストラクトは強力な抗真菌、抗細菌作用があります。細胞や組織を守るミネラルやバイオフラボノイドを含みます。

グレープフルーツシードエクストラクトを使用すると、イースト菌を作り出す細胞を壊しカンジダの攻撃を抑えるだけでなく、免疫系を強化して患部を修復する効果もあります。

私たちの健康に影響を与えてしまうイースト菌やその他病原体の成長を抑えてくれるのです。

使い方

  • ぬるま湯にグレープフルーツシードエクストラクトを5〜10滴加えたものを、一日2〜3回飲みます。
  • 同じ量のものを水で薄めて膣カンジタや皮膚感染の治療に使うこともできます。

3. スイートクローブオイル

クローブオイル

スパイシーな香りのスイートクローブオイルにはオイゲノールとして知られる有効成分が含まれており、抗真菌作用と抗酸化作用が含まれています。

体の組織に感染してしまうカンジダやその他のイースト菌を素早く取り除く効果があります。

使い方

  • ぬるま湯1カップに対し、スイートクローブオイルを最多30滴までえたものを飲みます。一日2回飲みましょう。
  • お好みでシナモンを少々加え、よく混ぜて飲んでも良いでしょう。

4. ニンニク

ニンニクに含まれるフィトケミカルに加え、亜硫酸物質は、抗真菌、抗細菌作用をもたらし、真菌感染や細菌・ウイルス感染をコントロールします。

外用・内用としてニンニクを利用すると、カンジダの増殖を抑え、感染といった複雑化を防ぐ効果があります。

使い方

  • 潰したニンニクを一日4片まで食べましょう。
  • 外用としては、潰したニンニクをオイルと混ぜ、患部に塗布する方法があります。

5. オレガノオイル

フレッシュハーブとエッセンスの小瓶

オレガノオイルには非常に多くのカルバクロールやチモールが含まれています。これらの物質には、カンジダ・アルビカンスによって形成された細胞の水分を奪い、殺す抗真菌効果があります。

使い方

  • ぬるま湯にオレガノオイルを3〜5滴加えたものを、一日2〜3回飲みます。
  • 外用として利用する場合は、ココナッツオイルやオリーブオイルと混ぜて使いましょう。

6. アップルサイダービネガー

アップルサイダービネガーには酵素や有機化合物が含まれるため、コントロール不能なイースト菌の増殖による感染を治療するベストソリューションと言えるでしょう。

アップルサイダービネガーの有機酸はカンジダ細胞を壊し、健康な細菌に良い環境を腸内に作り出します。

使い方

  • ぬるま湯1カップにオーガニックのアップルサイダービネガーを大さじ2杯加えましょう。これを空腹時に飲みます。
  • 感染している場合には、一日3杯まで飲んでも構いません。
  • 膣や皮膚の真菌感染にはこれを水で薄めたものを外用として利用することもできます。

症状がさらにひどくなる前に、今日ご紹介した方法を試し、カンジダの増殖を抑えましょう。