腸内フローラがダメージを受けていることを示す12の症状

· 10月 26, 2017
あなたは便秘やお腹のハリ、消化不良に悩んでいませんか? 腸内フローラがダメージを受けている時体に現れる症状とバランスの取り方を学びましょう。

腸内フローラは、腸内細菌叢、微小植物とも呼ばれ、体に住んでいる何百万もの細菌群のことです。

これらの微生物はカビ、イースト、細菌、ウイルスかもしれません。でもショックを受けないでください。これらの細菌は、害のあるものではなく、私たちの体に有益なのです。

この細菌のバランスは、私たち人間の健康に直接関連します。

腸:数十億の細菌が住む場所

人の腸の図

信じられないかもしれませんが、大人の腸の粘膜の表面は279〜372㎡ほどもあります。

そのため、人間の腸の微生物叢の数は、約1000億、種類は500〜1000ほども有ります。

私たちの腸は様々な機能を持ち、複雑な構造となっています。腸の目標は食べ物から取り入れた物質を認識し、吸収することです。

言い換えると、人間の腸は外部と内部の環境をつなぐ橋と言えるのです。これは、腸には2つの重要な機能があるからです。

  • 栄養。消化を通して食べ物を分解する。体を維持し、強くするために栄養を吸収する。
  • 防御。腸の構造は体に害を与える外部からの要素を認識する。

腸は栄養だと認識すれば吸収します。しかし、攻撃だと捉えれば防御力を発揮し、体を保護する拒否システムを活性化するのです。

腸内フローラの機能

代謝

町内フローラはたくさんの酵素を通して基質を吸収します

これは私たちの体がエネルギーを得、カルシウム、マグネシウム、鉄分の吸収を促すのに役立ちます。

保護

腸内フローラには様々な利点がありますが、その中でも防御力が挙げられます。

腸の中で、有害な細菌や異質な細菌の成長を遅らせるバリアを作り上げます。

学説

私たちの体の腸内細菌は、内部空洞、臓器、組織をカバーするたくさんの細胞の成長や区別をコントロールします。

  • 腸内フローラは免疫系の発達において重要な仕事を行います。
  • アレルギー、腸の病気、ガン、糖尿病、肥満などの健康トラブルの発達を決定付けます。

腸内フローラがダメージを受けていることを示す症状とは

お腹に手をやる女性の姿

腸内フローラの何かがおかしい時に出てくる症状をいくつか挙げましょう。

以下は、腸内フローラに関する特に重要なサインです。

  1. お腹のむくみ
  2. 便秘
  3. 頻繁に下痢をする
  4. 便の臭いがキツい
  5. おなら、ガスが溜まる
  6. お腹の痛み、ハリ、腸の痛み
  7. 感染
  8. 消化や腸のトラブル
  9. 舌が白くなる
  10. 食べ物の不耐性
  11. 過敏性腸症候群
  12. 関節の痛み

腸内フローラを守るのに必要なものとは

野菜とフルーツとナッツ類

微生物叢の状態を良く保つには、下記のような簡単なステップに従うことが大切です。

  • 清潔な場所で食べる
  • 食べ物は適切に調理する
  • 食べる前にはよく食べ物を洗う
  • 全粒穀物、野菜など繊維が豊富な食べ物を取り入れる
  • 砂糖や精製された炭水化物を摂りすぎない
  • きちんと消化されるよう、よく噛んでゆっくりと食べる
  • 生きた細菌を含むヨーグルト、乳製品、プロバイオティクスを取り入れる。これらは良い細菌の成長を促す
  • 動物性脂質の摂取を減らす
  • 抗生物質の使用に気をつける。抗生物質は細菌を見境なく減らしてしまう

腸の微生物叢を傷つける要素

腸の微生物叢を傷つける要素として、一般的なものを挙げます。知っておくと意識して以下の要素を避けることができるでしょう。

  • 経口薬
  • ストレス
  • 化学的に作られた便秘薬
  • 腸の病気
  • 脂肪の多い食生活、肉、精製された砂糖
  • タバコやお酒の飲み過ぎ
  • 激しい感情

オススメの食べ物

ヨーグルトとブルーベリー

腸内フローラに良い食べ物をいくつか以下に挙げます。

  • ヨーグルト
  • オーツ麦
  • ダークチョコレート
  • ハチミツ
  • チーズ
  • ゴートチーズ
  • ショウガ
  • 脂身のない赤身の肉

また同時に、サプリメントで腸の調子を整えるという方法も有ります。

しかし、食べ物やサプリを取り入れる前に、一度自分の腸の様子については専門医に相談するのよいでしょう。

人間の腸には数え切れない莫大な数の細菌が住んでいます。これらの細菌は腸のバランスを維持しているのです。結果として、細菌の活性力は直接私たちの体に影響を与えるのです。

言い換えると、私たちの健康は腸内フローラの調和に次第なのです。

健康的な食生活を送って是非、腸内フローラを守りましょう!