泣き止まない赤ちゃんを落ち着かせる方法

7月 22, 2019
泣き止まない赤ちゃんを落ち着かせるには、まず大人がリラックスする必要があります。こちらのストレスやネガティブな考えが赤ちゃんに伝わる可能性があるからです。

子供、特に赤ちゃんが泣く理由はさまざまですが、ほとんどの場合、その理由を完全には理解することができません。

しかし、親として、または赤ちゃんを世話する立場として、赤ちゃんが泣いている原因や赤ちゃんを落ち着かせるための行動を知っておくことが大切です。

本記事では、泣き止まない赤ちゃんを落ち着かせる方法をご紹介します。

赤ちゃんが自分を表現する唯一の方法が泣くことです。赤ちゃんが泣いている理由や、今何をして欲しいのか理解するのは簡単ではありませんが、親としては赤ちゃんが泣いている理由を理解することが大切です。

新生児が泣くのは、親にとってストレスやイライラの原因になることがあります。

しかし泣き止まない赤ちゃんを落ち着かせたいのであれば、できる限りリラックスする必要があります。

親がいつまでもストレスを感じたりイライラしていると、赤ちゃんがその感情を察知して状況が悪化する可能性があります。

赤ちゃんを落ち着かせる方法を知ることの重要性

人間の心身の健康は、感情や精神状態に大きな影響を受けることがあります。

赤ちゃんの場合は、心身の不快感を表現する手段として泣くことが多くあります。

そして赤ちゃんの求めていることが理解してもらえない場合は、精神面や感情面の問題へと発展することもあります。

しかし、親が赤ちゃんを落ち着かせる方法を理解していれば、赤ちゃんとの関係がより良いものとなります。

その結果、赤ちゃんの世話が以前よりも容易に感じるかもしれませんし、赤ちゃんとの信頼の絆がより強いまります。

赤ちゃんが常に泣き始めるようなストレスの多い環境は避けてください。

赤ちゃんの笑顔は私達を幸せな気持ちにします。

泣き止まない赤ちゃんを落ち着かせる方法を学べば、赤ちゃんが笑顔でいる時間や幸せな時間が増えます。

こちらもご参考に:赤ちゃんをぐっすり眠らせる方法

赤ちゃんがずっと泣く理由

泣き止まない赤ちゃん

アレルギーや過敏症

私たち人間の祖先は衣服やアクセサリーを身につけていませんでした。

しかし、衣服を着用する現代社会では、赤ちゃんが木綿や金属、そして洋服の素材や飾りに敏感になって泣いている可能性があります。

この場合は、すぐに医師の診察を受けて、適切な治療を開始する必要があります。

また、赤ちゃんは人見知りで泣くことがあります。

母親などある特定の人との深い感情的な結びつきが始まると、逆に知らない人には抱かれたくないことを表現するために泣きます。

この場合は、母親が赤ちゃんを抱いて相手に悪意がないことを赤ちゃんそして抱いた人の両方に伝えることをお勧めします。

空腹と喉の渇き

人間は生きていくために食事と水分補給をしなくてはいけません。

赤ちゃんは自分で食事や水分補給を行うことができないため、お腹が空いたり喉が渇いているときには泣き、これらの欲求が満たされるまで泣き続けるでしょう。

こちらもご参照を:おむつを替えるために赤ちゃんを起こすべき?

睡眠

騒音や光が赤ちゃんの睡眠を妨げることがある一方で、赤ちゃんが眠りたいけれど睡眠に最適な場所にいない場合は、しばらく泣き止まないことがあります。

この場合は、赤ちゃんが落ち着くか眠りにつくまで抱っこをしてあげることをお勧めします。

痛みや疝痛

赤ちゃんが泣いている理由の中でも「最悪のシナリオ」が、疝痛、感染症、その他の症状の不快感や痛みです。

そのため、赤ちゃんの定期健康診断を欠かさないことが大切です。

また、見た目には何の問題もない赤ちゃんが、いつまでも泣き止まない場合は、何か病気を発症している可能性も考えられるため、医師の診察を受けることをお勧めします。

赤ちゃんを落ち着かせるためにすべきこと

愛情を持って接することで、赤ちゃんだけでなく大人を落ち着かせるのに役立ちます。

つまり泣き止まない赤ちゃんを落ち着かせるためには、愛情を持って赤ちゃんに接してください。

特にぐずっている時などは、赤ちゃんを笑顔にして泣き止むのに効果があるでしょう。

赤ちゃんは歌を歌ってもらうのが大好きです。

自分は歌うのが得意じゃないと思うお母さんも心配いりません。すべての赤ちゃんは歌が大好きです。

赤ちゃんが眠りにつくまで子守唄を歌ったり、機嫌が悪いときには楽しい歌を歌ったり、優しく抱きしめながら歌を歌うことで、赤ちゃんは自分が愛されていること、そして親の近くは安全だということを理解して泣き止むでしょう。

赤ちゃんを長時間泣かせることの影響

赤ちゃんのお世話をする母親

赤ちゃんが長時間泣いているのにお世話をせずに泣かせたままにしておくと、短期的および長期的な影響をもたらす可能性があります。

赤ちゃんの時期には、泣くことが唯一の感情表現ですが、自分の泣き声に誰も反応しないという経験は、感情表現に問題が生じる可能性があります。

赤ちゃんが泣き続けると、両親はストレスを感じるかもしれません。

そしてストレスが続くと、子供に怒鳴るなどの衝動的な行動をすることもありますが、これらの親の行動は、子供にトラウマと呼ばれる心理的な外傷を与える可能性もあります。

またストレスから、赤ちゃんに手をあげてしまうリスクも高まります。

いうまでもなく、これは絶対に避けるべき行動です。

どうしても自分の感情をコントロールできない場合は、医師などの専門家に相談してください。

結論

初めての子どもの場合は、親にとっても赤ちゃんを落ち着かせるのは簡単なことではありません。

時間の経過とともに経験を積めば、親も徐々に赤ちゃんを落ち着かせる方法を学んでいきます。

赤ちゃんには泣く以外の表現方法がないという事実を理解し、忍耐力と愛情を持って赤ちゃんのお世話をすれば、赤ちゃんが泣き止み笑顔を見せる時間が増えるでしょう。

赤ちゃんと一緒により幸せな思い出を共有してくださいね!

  • Eberly, S., Lanphear, N., Lawrence, R. A., Lanphear, B. P., & Howard, C. R. (2006). Parental Responses to Infant Crying and Colic: The Effect on Breastfeeding Duration. Breastfeeding Medicine. https://doi.org/10.1089/bfm.2006.1.146
  • Tirosh, E., Scher, A., Sadeh, A., Jaffe, M., & Lavie, P. (1993). Sleep characteristics of asthmatics in the first four years of life: A comparative study. Archives of Disease in Childhood. https://doi.org/10.1136/adc.68.4.481
  • Radesky, J. S., Peacock-Chambers, E., Zuckerman, B., & Silverstein, M. (2016). Use of mobile technology to calm upset children: Associations with social-emotional development. JAMA Pediatrics. https://doi.org/10.1001/jamapediatrics.2015.4260