尿酸を減らしてくれる薬草

11月 2, 2015

昨今、尿酸が原因による疾患はよくみられる問題です。悪い生活習慣と質の悪い食生活は、間違いなく代謝する際に生じる廃棄物を血中に出現させる主な要因です。しかし、自然な薬草を使うことで改善できるのです。今回は尿酸を減らしてくれる薬草についてご説明します。

尿酸を減少させる薬草

尿酸2

我々はみな体内にある程度の尿酸をもちます。バランスがとれている限りはなんの問題もありません。しかし、食事内容が悪いと、プリン体として知られる物質が体内に蓄積します。プリン体とは動物の肉、コーヒー、特定のアルコール飲料のタンパク質を分解する際にできる老廃物のことです。

体内に過剰な尿酸があると、痛風や関節痛などの炎症が起こります。そして、極端な場合は尿酸が腎不全や肝不全をもたらすこともあるのです。他にも覚えておかなくてはならないことは、尿酸は血中のpH値の上昇を起こすことです。それにより他の器官も損なわれ、免疫も弱くなり、疲れやすくなり、病気になりやすく、骨格が弱くなったりします。

 それでは、我々は尿酸を減らしこれらの深刻な問題を避けるために、何ができるのでしょうか。まずは赤肉、動物性蛋白質、脂肪分、アルコール、精粉、塩、砂糖、炭酸飲料の摂取量を減らしましょう。

一方で、野菜やフルーツ、穀物の摂取を増やすことにより、食事を改善するべきです。例えばオーツ、いちごやレモン、グレープフルーツ、オレンジなどのかんきつ類の量を増やすのが一番です。また、尿酸を減らしてくれる薬草があることも知っておくと良いでしょう。もちろん、薬の代用品にはなりませんが、素晴らしいサプリメントとしての役割をはたします。

1.プリン体を取り除く利尿作用のある薬草

タンポポ

ツクシ、タンポポ、そしてアーティチョークの抽出液は過剰体液を除去し、毒素を浄化し、血液とリンパ系をきれいにし、素晴らしい利尿効果をもたらします。尿の排泄を増やすことはすべてのプリン体を除去するのを助けるので、これらの抽出液はあなたの体をきれいにします。一日の最初の食後に抽出液を飲むのがベストです。それらは、尿酸の治療にとても良いです。

2.オオアザミの効果

花

オオアザミは肝臓とすべての肝機能を守ってくれます。オオアザミには洗浄効果、タンパク質の形成を助ける効果や尿を促す効果があるのです。また、抗酸化物質を提供し、浄化を助けます。そしてなにより体を劣化させる過剰なタンパク質であるプリン体を減らし、血液を浄化します。こちらも一日の最初の食後に飲むことをお勧めします。自然食品店で抽出液として、または錠剤でみつけることができます。

3.炎症を抑えるハルパゴフィツムまたはグラップル植物

抽出液

あまり馴染みのない植物ですが、とても治癒力がある植物なので知っていて損はありません。ハルパゴフィツムは、直接的に筋肉や関節に作用し、尿酸による炎症を減少させる効果があります。もしあなたがすでに痛風ならば症状を緩和してくれます。また、関節の可動性を改善させることで痛みを和らげます。これらの植物も自然食品店で見つけることができます。天然の鎮痛剤として、痛みを感じる時に摂取すると良いでしょう。

あなたへおすすめ