尿の異常に関するすベてを学ぼう!

11月 20, 2019
尿の異常にはいくつかの種類があります。尿に何らかの変化が見られる場合や異常を感じた時は、すぐに医師に相談することが大切です。

尿は、腎臓が有機廃棄物と過剰な水分をろ過した後に生成する液体で、その後は尿管を通過して最後に膀胱に到達します。

尿は96%の水分で構成されていますが、残りの4%は、尿素、尿酸、クレアチニン、塩化物などの溶解物質で構成されています。

尿の異常に苦しんでいる場合は、医師はこれらすべての物質を測定します。

膀胱を通過した後、尿道を通して尿が体外へと排出します。

膀胱は、正常に機能する場合、3〜5時間で最大170〜180 ccの尿を蓄えることができる器官です。

尿の異常:さまざまな側面

尿の排出の問題

尿の異常に関するすベてを学ぼう! 尿検査

腎臓結石は、尿量を変化させる主な問題の1つです。

様々な要因や疾患による尿量の変化、例えば結石によって尿道が阻害されたり、腫瘍が閉塞を引き起こすこともあります。

これらが原因で膀胱が正しく機能せず、空になりません。

尿量の問題は、腎不全に苦しんでいるときや腎臓病が原因で起こる可能性があります。

感染症は尿量に影響を及ぼし、男性の膀胱過活動、失禁、前立腺肥大などの膀胱をコントロールする問題にも影響します。

こちらもご参考に:腎臓結石に効果的な生姜とターメリックのお茶

尿成分の変化による尿の異常

前述のように、尿の主成分は水分ですが他の要素も含んでいます。

尿成分値は増減する可能性があり、この場合は体内機能の何かが正常に機能していないことを示しています。

尿検査では、これらの成分を測定して一部の疾患の診断に役立てます。

尿の異常を引き起こす可能性のある尿成分の一部をご紹介します。

  • タンパク尿:これは、尿中のタンパク質値の上昇を意味します。糖尿病、特定の中毒、糸球体腎炎、尿路感染症などの疾患の可能性があります。
  • グリコスリア:これは尿中にグルコースが存在していることを示し、通常は、糖尿病の管理が不十分である場合や一部の腎臓病の患者に起こります。
  • 尿ピュリア:これは、尿中の膿が存在していることを示しています。
  • 血尿:尿中に血液が存在していることを示し、尿路感染症、腎結石、または尿路がんの兆候である可能性があります。
  • 細菌尿:尿中に細菌が存在していることを示し、尿路が何らかの細菌に感染している兆候である可能性があります。

尿量の変化による尿異常

尿量が変化することがあります。

無尿とは、尿が全く排出されないことですが、その逆は、多尿と呼ばれる通常より尿の排出量が増えている状態です。

もう一つは、尿量が少ない時に起こる血尿と呼ばれる状態です。

尿閉は、尿を体外に排出することができない状態です。

尿失禁は不随意の尿漏れで、この場合は、排出する尿量をコントロールするのが困難になります。

こちらもご参考に:頻尿の原因とは?自宅でできる頻尿の簡単な対処法

尿の色の変化による尿異常

尿の色の最も一般的な変化は次のとおりです。

  • 濃い黄色の尿:一般的に濃い黄色の尿は、脱水症状の兆候です。
  • オレンジ色の尿:ベータカロチンが豊富な食品を過剰摂取した時や、ある特定の薬物の摂取が原因である場合があります。
  • 赤またはピンクの尿:尿中に液が混じっていることが原因で起こるのが一般的で、血尿と呼ばれます。
  • 紫色の尿:尿道カテーテルを装着している患者に発生します。カテーテルのチューブ内に存在する細菌が原因で、特定の色素の変化します。
  • 白っぽい尿またはアルブミン尿:深刻な尿路感染症やリンパ瘻、特に腫瘍の形成や腹部の外傷に起因すること考えられます。

尿の色の変化が3日以上続く場合は、医師の診察を受けることをお勧めします。

尿の色の変化が現れた場合、体内で何か異常が起こっていることを判断するため、いくつかの検査を行います。

他にも、尿の異常やそれに関連する症状が現れている場合は、直ちに医師の検診を受けることをお勧めします。

  • Graff, L. (1983). Analisis De Orina. Analisis De Orina Graff.
  • Escalante-Gómez, C., Zeledón-Sánchez, F., & Ulate-Montero, G. (2007). Revisión Proteinuria, fisiología y fisiopatología aplicada. Acta Médica Costarricense. https://doi.org/http://www.scielo.sa.cr/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0001-60022007000200004&lng=en
  • Andrés, E., Servicio, R., Fundació, N., & Barcelona, P. (2004). Fisiopatológica de la insuficiencia renal. Anales de Cirugía Cardíaca y Vascular.