前立腺肥大症の治療について

10月 29, 2019
前立腺肥大症(BPH)は、中年男性に非常に一般的に見られる状態で、前立腺のサイズが以上に大きくなる症状です。

前立腺肥大症(BPH)は、前立腺が異常に肥大化することを指す医学用語です。

第一に、これが良性なのか悪性なのかを判断することが非常に重要です。悪性の前立腺肥大は、発がん性細胞の成長を伴うからです。

また、患者の年齢も考慮すべき重要な要素です。これは、前立腺のサイズは常に同じではないためです。 40歳頃に、サイズが大きくなると言われています。

このため、前立腺あたりに圧迫感がある40歳以上の男性は、医師に相談して悪性かどうかを判断してもらう必要があります。

前立腺肥大症の徴候と症状は

前立腺肥大症

すべての前立腺肥大症には多くの兆候と症状が見られます。しかし、前立腺がんのような悪性の病態になると、その診断を早めるいくつかの特性があります。

下記で詳しく説明します。

病院では、患者の病歴と身体検査だけに基づいて、良性か悪性かを判断することはできません。過形成の性質を確認するには、追加の検査が常に必要です。

ただし、最も一般的な症状は次のとおりです。

  • 排尿時の痛み
  • 排尿できない
  • 血尿
  • 頻尿(夕方に最も多くなる)
  • 残尿感
  • おしっこの切れが悪い

しかし、これらの兆候と症状は尿路感染症と混同される可能性があります。そのため、問題が何であっても、医師に診断してもらうことが非常に重要です。

こちらもお読みください:クレメンタインを日々の食生活に取り入れるべき6つの理由

前立腺肥大症の症状

まず、患者の症状と病歴を考慮する必要があります。前述の通り、中年男性の場合、前立腺がんのスクリーニングを実施しなければいけません。

これは、前立腺がんまたは他の種類のがんの個人・家族歴がある場合に特に当てはまります。加えて、直腸検査などの全身検査が必要です。これらの検査で、様々な病気の可能性が診断できます。

「前立腺特異抗原(PSA)」を診断するための簡単な検査があります。PSAは、血液検査でわかる項目です。これを調べることによって、他の高価だったり不快感を伴う検査を避けることができます。

さらに、画像検査も実施されます。最初のオプションとして、超音波スキャンが選ばれることがほとんどです。他の画像検査ではより鮮明な解像度が得られますが、検査するのが生殖器なので、放射線により生殖能力に影響が出てしまう可能性があります。そのため、多くの場合、超音波スキャンが最良の選択肢です。

こちらもお読みください:亜鉛が豊富な食品とその利点

前立腺肥大症の治療

前立腺肥大症

前立腺肥大症の治療は、過形成の性質によって変わります。良性の場合、前立腺肥大症による症状が心理状態に影響を与えることが多いため、肥大した前立腺を治すことが必要です。

尿漏れは、中年男性が泌尿器科で最も頻繁に相談する内容の1つです。尿漏れは、初期段階で薬を使用することで治療できます。

一方、肥大して余分な組織を除去するために切除手術が必要になる場合があります。他の選択肢は、尿道を広げて排尿しやすくするためのレーザー手術です。ただし、切除手術が簡単で、良好な結果が得られるため、最も一般的な選択肢です。

悪性の場合、生検を行い、がんの種類、ステージを確認し、他の領域(通常は骨)の転移を確認するために詳しい検査が必要になります。多くの場合、患者をがん専門医に紹介する必要があります。

  • Briolat, G. M. (2016). Benign prostatic hyperplasia. In The Nurse Practitioner in Urology. https://doi.org/10.1007/978-3-319-28743-0_5
  • National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases. (2014). Prostate Enlargement : Benign Prostatic Hyperplasia. NIH Publication.
  • Barry, M. J., Fowler, F. J., O’leary, M. P., Bruskewitz, R. C., Holtgrewe, H. L., Mebust, W. K., & Cockett, A. T. K. (2017). The American Urological Association Symptom Index for Benign Prostatic Hyperplasia. Journal of Urology. https://doi.org/10.1016/j.juro.2016.10.071
  • Pinheiro, L. C., & Martins Pisco, J. (2012). Treatment of Benign Prostatic Hyperplasia. Techniques in Vascular and Interventional Radiology. https://doi.org/10.1053/j.tvir.2012.09.004