頻尿の原因とは?自宅でできる頻尿の簡単な対処法

· 9月 2, 2015
炭酸飲料やコーヒーのような、カフェインや糖分などを含むエナジードリンクを飲み過ぎると、腎臓に悪影響を与えることがあります。水をたくさん飲んで水分補給を忘れないでください。

あなたは頻尿だと感じたことはありませんか?さっきトイレを済ませたはずなのにまた尿意を感じる…この原因は何でしょうか?何かの病気が隠れているのでしょうか?

1. 頻尿:その原因は?

頻尿、つまり過活動膀胱は、現代では多くの人、特に女性の間でよく見られる問題の一つです。通常、水分を取ると排尿したくなります腎臓が体から毒素を取り除かなけれればならないため、排尿自体は良いことですが、水分をそこまで摂っていないにも関わらず、頻繁にトイレに行きたくなることがあります。これを頻尿と呼びます。日本泌尿器科学会によると、”過活動膀胱は日本で800万人以上の男女が罹患する頻度の多い病気”です。

夜間に排尿するために何度も起きる必要があることを、夜間頻尿と呼びます。女性よりも男性、特に前立腺に問題を抱え始める一定の年齢の男性の間でより一般的です。頻尿は以下のような要因に起因している可能性があります。

1. エナジードリンクの飲み過ぎ

驚かれるかもしれませんが、コーヒーの飲み過ぎについて話しているのではありません。炭酸飲料や栄養ドリンクのような、他のカフェイン入りの飲み物も影響を与えることがあります。身体にもよくありませんが、毎日生成される尿の量は、主に体内の電解質のバランスによるということを覚えておいてください。長期的にエナジードリンクを飲み過ぎると、腎臓の不均衡を起こすかもしれません。こうした飲料はまた、糖分を多く含むので、飲みすぎないようにしましょう。

2. 糖尿病

糖尿病には多くの症状がありますが、頻尿もその一つです。脱水状態をもたらし、カリウム濃度を低下させる傾向にあるのです。糖尿病はまた、突然の体重減少、眠気、疲労、失神などの他の症状も見られます。頻繁に排尿する必要があるのは、体がインスリンを生産することができないため、血液中の過剰な糖は尿として排出されるからです。そして喉の渇きを誘発し、水分を摂取するためにひいては頻尿の原因となるのです。

こちらもお読みください『糖尿病の見逃せない8つの初期症状

3. 特定の薬

特定の薬剤の服用は、膀胱に変化を引き起こし、頻尿を誘発することがあります。ロラゼパム(抗不安薬)などの薬は、このような副作用を起こすとされています。新しい薬の服用を始める際は、常に副作用を確認し、服薬中に副作用を引き起こすかどうか注意してください。

4. ストレスに起因する障害

不安やストレスが一定期間続くと、胃の問題、腸の問題、神経過敏、めまい、下痢といった生理的変化が起こることがあります。そして過活動膀胱、つまり頻尿も一般的な症状の一つです。頻尿ではないかと感じたら、主治医に相談しましょう。そして常に水のボトルを持ち歩くようにしましょう。脱水症状を避けるため、トイレに行くたびに、水を少しずつ飲むと良いでしょう。

5. 感染症

尿路感染症もまた、頻尿を引き起こす原因の一つです。尿道、膀胱、腎臓組織、または外陰部や膣が感染することによって、不快な症状に悩まされることがあります。時には、ホルモンの変化、細菌、または免疫力低下によって引き起こされることもあります。適切な治療を受けるためにも、主治医に状態を正確に伝えましょう。感染の原因を知り、適切な治療薬を処方してもらいましょう。

 

2. 頻尿の簡単な対処法

にんにく

頻尿は、ある疾患の症状または他の健康上の問題の表れかもしれないということを忘れずにいましょう。まずすべきなのは、頻尿の原因が何かを見つけることです。ストレスなのか、感染なのか、それとも他の病気なのか?一番大切なのは、医師の診断を受けて原因を知り、治療計画に従うことですが、同時に次のような方法を取り入れてみても良いかもしれませんね。

 

  1. 食生活を変える:酢、強い調味料、コーヒー、唐辛子、赤身の肉、チョコレート、牛乳や乳製品、精製された小麦粉や砂糖などの刺激物は避け、野菜を多く食べる。
  2. トクサとレモン汁で作ったお茶を朝に飲む。
  3. お白湯と一緒に毎晩ニンニクを1欠片食べる。ニンニクは素晴らしい抗生物質。
  4. 抗炎症作用が期待できるジンジャーティーを飲む
  5. 毒素の排出、水分補給のために水をたくさん飲む

 

こちらもお読みください『ショウガを毎日使う13の理由