年齢よりも若く見せるヘアスタイル5

10月 13, 2016
勇気をふるって、年齢よりも若く見えるような新しい髪型に挑戦してみましょう。失敗しても大丈夫! 髪は伸びるのですから…

人は誰でも実年齢より若く、魅力的に見せる方法を探しているのではないでしょうか。若く見えるかどうかは、メイクアップ、服、そしてヘアスタイルがポイントとなります。

しかし、まず心に留めておかなくてはいけない点があります。いくら若く見せたいからと言って、例えば50歳の人が20歳に見えるようになどしてはいけないのです。

大切なのは、実年齢より老けて見せるようなことなく自分に似合うヘアスタイル、衣服、メイクアップを選ぶことです。

実際、パーソナルイメージの専門家によると、多くの女性が同じ間違いをしているそうです。その間違いとは、厚化粧や髪の色を明るくしすぎることです。そして、実年齢より若く見せるどころか、老けて見せているのです。

自分以上に自分のことをよく知っている人はいません。なりたいイメージをはっきりと知っているのも自分なのです。時にはどのようにすればいいのか、わからないかもしれません。イメージチェンジをするのが怖いかもしれませんね。

今日ご紹介する5つのコツを参考に、是非若返りましょう!

1. 若く見せるならショートヘア

顔の形やその人の雰囲気にも寄りますが、年齢が上がるに連れて、長い髪が似合わなくなってきます。

人は歳をとると顔が長くなり、あごの肉がたるみ、下がってきます。

  • 髪を長くストレートにすると、髪の性質が目立ちやすくなります。したがって、短めにしておいた方が髪の加齢が目立ちにくくなります。
  • ボブスタイルやピクシーカットがオススメです。誰にでも似合いやすく、若々しく自信があるように見せることができます。
2-bob-cut

2. 前髪を作る

年齢よりも若く見せたいのなら、前髪を切りましょう。もちろん、まっすぐ下ろす、サイドに流す、真ん中で分けるなどいろいろなスタイルにできますよ。

注意しておくべき点は、前髪を下ろすことで顔が少し大きく見える場合があります。まずはトライしてみて自分に似合うかどうか見てみましょう。

3. レイヤーを入れる

レイヤーを入れたヘアカットは若く見えることで大変人気です。

髪にレイヤーを入れることで髪に動きが出、軽やかに感じます。どうなりたいかヘアスタイリストに相談し、レイヤーを入れてもらいましょう。

レイヤーをいれたスタイルは時代遅れになることがありませんし、とても扱いやすくなるでしょう。

  • ストレートロングやカーリーヘアのロングの方が多いですが、短いの方でもレイヤーを入れることができます。短い髪にレイヤーを入れると、より動きとボリュームが出ます。
  • ショートヘアでレイヤーを入れる場合は、前髪で遊びましょう。サイドをくしゃくしゃっとしたスタイルはより若々しく魅力的に見せてくれます。
  • パーソナルイメージの専門家は、ペンシルレイヤースタイルを勧めています。元々1970年代に始まったスタイルで、髪を2つに分けてレイヤーを入れるシンプルなカットです。
  • フロントからバックにかけて毛先にトリムを入れます。そうすることで毛先が自然に顔に沿って流れを作ります。とてもクラシックなスタイルです。
3-haircuts-for-face-type

4. 髪色を変える

基本的に、髪を明るい茶色にすると若く見えます。

しかし、単に明るくすれば良いというものでもありません。ブロンドに近い髪にすることにはリスクを伴います。さらに、自分の肌の色にも合うかどうか考えなくてはいけません。

  • チョコレートブラウンは誰にも合いやすく魅力的に見えるでしょう。あまり奇抜な色に挑戦しないようにしましょう。
  • 一色ではなく数色を組み合わせてみるのも良いでしょう。

5. 後ろ側を短くする

髪をボブスタイルにするなら、後ろ上がりに切りましょう。

顔の周りに自然に髪が流れるカジュアルなヘアカットが理想的です。無造作なタッチが魅力的に見える、自然なスタイルを心がけましょう。

結論として、若々しく見えるかどうかは、何が自分に似合うかを知っているかにかかってきます。ヘアスタイルを決める前に自分の顔の形をよく知りましょう。

また、髪の色は肌のトーンに合ったものを選ぶことです。そうすることで美しさが引き立つでしょう。

4-hair-dye
まずは、信頼できるスタイリストを見つけ、頼りましょう。きっと良いアドバイスをくれるはずです。

また、自分でできる方法などをインターネットで検索するのは止めましょう。インターネットで見つけたモデルとあなたは別の人間なのです。似合うものも違うのです。

そして、若く見せる前に大切なことは、あなた自身が健康で魅力的に見えることです。これは何歳であろうと大切なことなのです。今日ご紹介した簡単なヘアスタイルのコツを取り入れつつ、ぜひ魅力的に、若々しく見せてくださいね。

あなたへおすすめ