顔型で決まる自分に似合う髪型の見つけ方

「女性の印象は髪型で決まる」といわれるほど、自分に似合う髪型は周りに新鮮で良いイメージを与えます。

似合う髪型を見つけるには、まず自分の顔型を知ることがとても大切です。顔の形によって似合う髪型が違うことをご存知ですか?

私たちが「間違った髪型」を選ぶと、いくら美容師さんの技術が高くても、最終的に「似合わない」「気に入らない」髪型に仕上がってしまいます。

それぞれの個性を引き出し、最適なヘアスタイルを提供するためのテクニックとして、フランス人のクロード・ジュイヤールが生み出した顔型によって似合う髪型を選択する方法がヴィザジズムです。

本記事では、美容院で自信を持って髪型を注文できる、顔型別のお勧めヘアスタイルをご紹介します。

丸顔

rostro-redondo

丸顔は顎が小さく、顔の輪郭と頬が丸いのが特徴です。そのため、顔を細く長く見せるヘアスタイルをお勧めします。

トップに高さがでるようにボリュームを加える、サイドの髪で頬を隠して横幅のボリュームを減らす、横に流す前髪にして縦のラインを見せるなどの髪型が丸顔の方にはよく似合います。

の長さで髪を切ると丸顔が強調されるのでご注意ください。

ショートヘアの場合、耳にかかる髪の長さを輪郭に沿って長めにしたり、髪の毛をアップにする時には、顔の横にかかる髪を少しおろすと、縦のラインが強調される効果があります。

 

卵形の顔

rostro-ovalado

ほとんどの髪型が似合う卵形の顔は、ヘアカタログでも見本となる顔型です。

卵形の顔は、頬からの長さよりもおでこの方がわずかに長いため、おでこの長さをカバーして顔を短く見せる効果のある、長過ぎずストレートすぎない前髪がお勧めです。

また、分け目を真ん中にしてふんわりとしたボリュームを出す、自然でシンプルな、カジュアルスタイルの髪型も似合うでしょう。

四角顔

rostro-cuadrado

四角い顔は輪郭が四角いだけでなく、顔が平面的で横に長いのが特徴です。また、強い印象を与えてしまうことがあります。

トップに高さを持ち、顔の周りの髪に動きをつけることで縦長の柔らかなラインを強調でき、四角い顔を卵形に見せる効果があります。

四角い顔の方には、の長さや髪のウエイトが顎より下の髪型がお勧めです。顎で切り揃えるような長さは、顔のラインや顔の幅広さが強調されるのでご注意ください。

またロングヘアの方は、横の髪を巻くなどして角張った部分を隠す髪型をお試しください。

アンバランスな髪型もベース型にはおススメです。髪を片側で結ぶなど、片側だけ長い髪型などはいかがでしょうか?

面長顔

rostro-alargado

面長の顔は、顔の横幅が狭くほっそりとして角張っていません。そのため、自然な髪型にすると、顔の幅が出てとてもよく似合います。

顔の周りに髪の毛がかかるような髪型は、面長の顔を余計ほっそりと見せてしまいますので、髪がかからないようにご注意ください。

ウエーブや長めのレイヤーは、顔の長さを短く見せながら、両側にボリュームを持たせます。また、ストレートヘアの方は顎より短くしない方がいいでしょう。

逆三角顔

rostro-corazon

ハートやダイアモンド型の逆三角の顔は、おでこが広く顎に従って顔が細くなるのが特徴です。

これらの顔型には、広いおでこが強調されないような髪型が似合うので、広いおでこを隠す横に流す前髪がお勧めです。

また、頬骨の真ん中やその下から始まるレイヤーもよく似合います。

ただし、顎より下まで伸びる長めのショートヘアは、顔を大きく見せ、シャープさを強調させてしまうのでご注意ください。

今回ご紹介したのは顔型別の髪型ですが、単なる「お勧め」でしかありません。

、輪郭、おでこ、そして顎の形を考慮して、似合う髪型を、美容師さんとじっくりと話し合って決めてください!