肌に潤いを与えて生まれ変わらせる美肌法

肌を生まれ変わらせ、潤いを与える効果のある真の美肌方法をご存知ですか?

美肌を目指す人々は、定期的なフェイシャルトリートメント、美肌クリーム、アンチエイジングクリーム、肌用マスク、天然素材を使ったスキンケアなどの様々な方法や製品を試していますが、実際に肌を回復させ、潤いを与える最も手軽で効果のある方法は、8時間以上の「ヒーリングスリープ」と呼ばれる睡眠です。

質の良い睡眠は美肌効果だけではなく、心身の健康にも影響を与えます。十分な睡眠をとった翌日は、その効果を実感できます。

本記事では、休息と睡眠の大切さや、睡眠中に肌がどのように回復し、輝くような肌に生まれ変わるのかをご紹介します。

皮膚呼吸

毎晩、就寝前の正しい洗顔を欠かさず行ってください。

毎晩の洗顔で、肌の汚れを取り除き、毛穴を開くことで皮膚呼吸を促進します。この洗顔を怠ると、毛穴が閉じたままになり、皮膚や内臓を若く健康に保つコラーゲンが正常に働かず、ニキビやシワができやすい肌になります。

就寝前の肌の保湿

sleeping1

就寝中に肌は乾燥しますので、洗顔後はすぐに肌に保湿クリームを塗ってください。肌の保湿を行うことで、肌の水分を保つために大切な皮脂を保持し、柔らかく潤った肌を保ちます。また、朝目覚めたとき、肌が明るく輝くのを実感します。

唇のケア

私たちの顔の印象を決める要素の一つは唇です。荒れて乾燥した唇は、見た目にも健康にもよくありません。柔らかな歯ブラシで繊細な唇を毎晩優しくマッサージすると、唇の乾燥と荒れを防ぎ唇を柔らかくします

クリームを使った目の周りの保湿・修復

sleeping-2

就寝前のスキンケアで大切なのは、目の周りに良質のクリームを塗ることです。目の下の皮膚は非常に薄いので、目の周り専用のクリームでお手入れをすると、目の周りの保湿・修復を促進し、目の下のたるみやシワを予防します。

古い角質の除去

敏感肌は周りからのダメージを受けやすく、特に日光からの攻撃を受けやすい傾向があります。そのため、就寝前に優しく角質を除去するのが、ダメージの予防には効果的です。

手足のケア

sleeping-3

美肌という点では、顔や首のケアだけではなく、手足ケアも欠かさず行ってください。手足の保湿クリームを使って、乾燥や肌荒れを防ぎましょう。

手袋や靴下は、就寝時の血行を促進し、ストレスを解消する良い方法です。

これらの手足ケアは保湿だけではなく、ストレス解消や疲労回復の効果があります。さらに、快眠効果や肌の症状を改善する働きがあります。

寝るときの姿勢−仰向け寝

うつぶせ寝や、顔を枕につけた状態で寝ると、加齢を加速させて、シワなどの原因になります。

自分にとって快適な姿勢でも、このような姿勢は避けてください。間違った姿勢で寝ると、血行が悪くなり、顔がむくんだり疲れたようにみえる原因になります。仰向け寝を心がけましょう。

睡眠用フェイシャルマスク

肌の保湿や角質除去をする時間がない場合は、フェイシャルマスクをつけて寝るのがお勧めです。フェイシャルマスクが肌を保湿し、毛穴を開きます。朝起きたら冷水で顔を洗うと、さらなる効果が期待できます。