夏に赤ちゃんを迎えるあなたへ:出産に役立つアドバイス

3月 6, 2020
夏の出産には多くの利点があります。四季の中でも、夏は特に赤ちゃんを家族全員で迎えるのに最適な時期ですが、夏の暑さには注意が必要です。

夏に出産を控えている女性は、夏の暑さが出産や産後の回復期にどのような影響を与えるのかと不安に思っているかもしれません。

しかし、夏の出産には多くの利点があります。

今回は、夏の出産に役立つアドバイスをいくつかご紹介します。

夏の出産の利点

夏になると、学校が休みになり、職場でも休暇を取る人が増えます。

つまり夏の出産は、家族や友人のサポートをお願いしやすいと言えます。

天気の良い日には、家の周りを散歩してリラックスすることもできます。

暑い時間を避けて涼しい時間に散歩をすれば、ストレスを感じることなく穏やかな時間を過ごすことができるでしょう。

夏に赤ちゃんを迎えるあなたへ:出産に役立つアドバイス 母親と新生児
夏は、家族全員で赤ちゃんの迎えるのに最適な時期です。

夏に出産を迎える妊婦へのアドバイス

夏に出産予定の場合は、出産と産後の生活が幸せで快適なものになるための鍵となる推奨事項に従いましょう。

1. 食生活に注意を払う

夏の間は特に、少量の食事を頻繁に行う食生活を実践しましょう。

健康的な食生活の実践は一年中大切ですが、妊娠中と産後の栄養補給は特に大切です。

また夏の間は、熱中症や脱水症状の恐れがあるため、適切な水分補給を欠かさないようにしてください。

専門家は、1日5回の少量で栄養バランスの良い食事を推奨しています。

自分の体が求めているものに耳を傾け、野菜や果物を積極的に食生活に加えてください。

野菜や果物は栄養補給だけでなく、水分の補給にも役立ちます。1日に8杯以上の水分の摂取を心がけてください。

正午から午後4時の間は、日差しが強い時間なので、出来るだけ日陰や室内で過ごし、熱中症を予防してください。

続きを読む:気をつけて! 出産時の会陰裂傷とその予防法

2. 母乳育児を心がける

赤ちゃんへの授乳は自然で健康的な行為です。

人前でも恥ずかしがらずに母乳育児を推奨するべきです。

母乳育児専用の衣服やカバーが販売されているため、これらを活用して母乳育児を心がけてください。

母乳育児を行なっている人が、授乳中に喉が渇いたり汗をかくのは普通のことです。

授乳中にもこまめに水分補給を行い、汗が出る場合はガーゼを使いましょう。

夏に赤ちゃんを迎えるあなたへ:出産に役立つアドバイス 母乳育児
夏の母乳育児では、特に快適な衣服の着用をお勧めします。

3. 衛生状態に気をつける

夏の出産では、産前と産後の衛生状態に注意してください

出産後、最大1か月間は出血が続きます。

また膣からのオリモノと呼ばれる分泌物も多くなりますが、暑さや汗と組み合わせり、悪臭を放ったり、非常に不快で非衛生な状態になる可能性があります。

会陰切開を行った場合は、できれば中性石鹸と水で傷を丁寧に洗う必要があります。

できる限り湿気などを避けて清潔に保ちましょう。

また、産後はホルモンバランスの変化や授乳によって、ほてりや発汗が過剰に起こることがありますが、シャワーなどで症状を緩和してください。

子宮頸部が元に戻るまでには時間がかかるため、出産直後のシャワーは、医師の指示に従うことが大切です。

入浴は感染症を引き起こす恐れがあるため、医師の許可が下りるまではしばらくは避けてください。

4. 夏は産後の旅行を延期する

専門家は、産後2週間までは新生児との旅行や移動を避けることを推奨しています。

これは赤ちゃんと母親の両方の安全のためにも大切です。

旅行や長距離の移動をしなくてはいけない場合も、必ず医療の行き届いた場所にしてください。

5. 夏の暑さに対処するいくつかのヒントに従う

夏の出産では、夏の暑さに対処しなければいけません。

しかし、正しい方法で暑さを乗り切れば心配する必要はありません。

エアコンや扇風機を活用して、室温が上がりすぎないように気をつけ、エアコンや扇風機などの冷たい風が、直接赤ちゃんに当たらないように注意してください。

寝る時間の1時間前にエアコンをつけて部屋を冷やしたら、睡眠時はエアコンを止めるようにしてください。

ただし、室温が上がりすぎる場合は適度にエアコンを使いましょう。

快適な衣服を着用することが大切です。

夏でも涼しくなる時間には、できる限り外に出て散歩をするようにしてください。

発見:妊娠中に行うマタニティーピラティスの効果について

結論

出産は素晴らしい瞬間と体験であり、夏の出産だからと言ってそれが変わることはありません。

夏という季節を心配しすぎて、ストレスに感じないように注意してください。

夏に出産する利点を理解して、幸せで楽しい出産と産後の時間を過ごしてください。

  • Panthangi, V., West, P., Savoy-Moore, R. T., Geeta, M., & Reickert, E. (2009). Is Seasonal Variation Another Risk Factor for Postpartum Depression? The Journal of the American Board of Family Medicine. https://doi.org/10.3122/jabfm.2009.05.080066
  • Pregnancy, Childbirth, Postpartum and Newborn Care: A Guide for Essential Practice. 3rd edition. Geneva: World Health Organization; 2015. M, INFORMATION AND COUNSELLING SHEETS. Available from: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK326681/
  • Counselling for Maternal and Newborn Health Care: A Handbook for Building Skills. Geneva: World Health Organization; 2013. 11, POSTNATAL CARE OF THE MOTHER AND NEWBORN. Available from: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK304191/
  • Fletcher, S., Grotegut, C. A., & James, A. H. (2012). Lochia Patterns Among Normal Women: A Systematic Review. Journal of Women’s Health. https://doi.org/10.1089/jwh.2012.3668
  • Karsnitz, D. B. (2013). Puerperal infections of the genital tract: A clinical review. Journal of Midwifery and Women’s Health. https://doi.org/10.1111/jmwh.12119