母乳はどのように作られるのか?

4月 29, 2019
母乳の生産は体と心の健康によって左右されます。ですから何か問題があれば、専門家に相談し対処法を見いだすことが大切です。

妊娠している女性なら胸の形の変化と、その敏感さにすぐ気づくでしょう。しかし、生理学的にどのように母乳が作られているか知っている人は少ないと思います。そこで今日の記事では女性の体の構造と変化を交えて、母乳の産出についてご紹介します。

女性の胸の構造

母親と赤ちゃん1

母乳がどのように作られているかを知るには、まず、女性の胸の構造について知ることが大切です。女性の胸は大変複雑な構造をしています。ほとんどや脂肪とそれをつなぎ合わせる組織で成り立っています。母乳の生産とその仕組みを守るのが胸の大切な役割です。

母乳の生産には腺房と呼ばれる小さな細胞の集まりが深く関わっています。母乳が作られると、乳管を通り乳首へと運ばれます。乳管は乳首を囲む乳輪の裏にもあり、そこで一旦保管されます。

こちらの記事もお読みください:胸の痛みを和らげる5つの自然療法

どのようにして母乳が作られるのか?

吸引されることで乳首と乳輪にある神経終末が刺激されます。すると脳に信号が送られ、プロラクチンとオキシトシンというホルモンが生産されます。

  • プロラクチンは腺房がプロテイン、糖などの栄養素を血流中から吸収するのを手助けます。この働きにより、母乳の基礎となる栄養素が形成されます。
  • オキシトシンは腺房が母乳を溜め、乳首から母乳を分泌するのを助けます。

授乳時、赤ちゃんは舌と顎を使って乳首を刺激します。その結果、小さな穴が20個ほどあるとされている乳首へと流れていきます。

妊娠時の胸の変化

妊婦

妊娠時には、女性の胸は明らかに大きくなります。そして乳首と乳輪が腫れて色も濃くなります。これは全て、赤ちゃんがおっぱいに興味を持って、吸引しやすいようにするためです。あかちゃんも安心して心地よくなります。

また乳輪には小さなモントゴメリー線と呼ばれる小さなつぶつぶがありますが、妊娠時に特に目立ってきます。この線からはオイルが分泌されますが、そのオイルには授乳時に乳首をきれいにし、滑らかに、そして守ってくれる働きがあります。水分不足か原因のひび割れや傷などその他の怪我を予防し、吸引しやすくしてくれます。

忘れてはいけないのが、胸を綺麗に保つことです。授乳している女性向けの製品や衣類を身に付けるようにしましょう。普通の石鹸や化粧品などは胸の質感を変えてしまうことがあります。また、モントゴメリー線から分泌されるオイルを取り除いてしまうことがあるので、赤ちゃんの口や粘膜を傷つけてしまうことがあります。

母乳の生産に関わる変化:原因と症状

妊娠時または授乳時に、母乳の生産に関わる変化によって影響をうける女性はたくさんいます。症状は深刻なものでないことがほとんどです。授乳時の痛みや、母乳の減少や味の変化などです。

  • 健康的な赤ちゃんが母乳を拒むことはありません。ですから、授乳時に何か赤ちゃんの行動に変化があれば、専門家に相談してみることが大切です。
  • 出産してから数日で母乳の生産が止まってしまう女性もいます。
  • 消化に関わる病気のため、乳管が正常に構築されない場合もあります。

上記のような可能性があるので、妊娠時や授乳時には専門家や医師による医療指導を受けることが必要です

こちらの記事もお読みください:胸が痛む原因は?

授乳時の問題

授乳

  • 疲れやすくなる。疲れがたまる。ストレスがたまりやすくなる。
  • ネガティブになる。鬱になったり常にイライラする。
  • 気持が不安定になる(恐怖、恥、怒り、恨み、イライラなど)
  • 不適切な授乳の仕方や、ポジション(赤ちゃんが母乳を飲みづらくする)
  • 不適切な授乳のタイミング(不適切な時間の授乳、授乳回数の軽減など)
  • 適切でない環境:家庭環境の崩れ、ストレスのたまる環境、スケジュールの詰めすぎなど。
  • 授乳にたいする間違った理解や恐れ:授乳時の痛みや、パートナーからの拒絶など。
  • 乳房の鬱血(授乳時のはじめ数日間でよく現われる症状)

このように、感情や心理的な問題が原因で授乳に影響が出ることがあります。ですから、赤ちゃんと母親が心身共に成長できるのに適した環境にいることがとても大切です。

よって、家族みんなで健康的な妊娠、そして授乳生活ができるように努力しなければなりません。

専門家に相談し、母乳の生産についての知識を高め、授乳時のアドバイスも受けてみましょう。

 

  • Stanford Children’s Health. Anatomía de las mamas.

stanfordchildrens.org/es/topic/default?id=anatomadelossenos-85-P03255

  • Sutter Health. Cómo se Produce la Leche Materna.

bebes.sutterhealth.org/breastfeeding/bf_production.html

  • M. Blázquez. Curso de Medicina Naturista. (2003). Anatomía y Fisiología. Anatomía de la mama durante la lactancia.

unizar.es/med_naturista/lactancia%203/-Anatomia%20y%20Fisiologia.pdf

  • J. Martinez, V. Valdés. Problemas en la Lactancia.

.unicef.cl/lactancia/docs/mod03/Mod%203%20Problemas%20de%20lactancia%2018%20feb%2005.pdf