気をつけて! 出産時の会陰裂傷とその予防法

10月 19, 2019
出産時によく見られる会陰裂傷は、非常に痛みを伴う場合があります。今回の記事では、会陰裂傷とそれを防ぐ方法についてお話しします。

会陰裂傷は、深刻な結果を引き起こす可能性あります。

早期の効果的なケアを行うことで、この傷を治癒して合併症を予防することができます。

会陰裂傷は、鉗子での分娩または会陰切開が行われたときにも頻繁に発生します。

世界中の多くの医療専門家が、出産時の会陰裂傷を予防する最も効果的な方法を研究しています。

現段階では、出産時の会陰裂傷を最小限に抑えるため、いくつかの予防策が講じられています。

会陰裂傷とは?

出産時の会陰裂傷について

出産時の会陰裂傷は、会陰、膣、そして肛門の間の皮膚などが裂けてしまうことです。

出産時、赤ちゃんが産道を通過するときに起こるため、経膣分娩を行う女性の多くに影響を与えます。

会陰裂傷の症状には個人差があり、小さな切り傷から深い裂傷にまで及ぶことがあります。

一般的に、女性の会陰の皮膚が、分娩時に十分に伸びきらないことが原因です。

ご存知ですか?:一人目とどう違うの?二人目の妊娠の大変さについて

出産中に会陰裂傷が起こる理由

初めての出産の場合や、前回の出産で3度または4度の会陰裂傷が起こったなど、分娩時の会陰裂傷が起こる原因には様々なものがあります。

分娩時の会陰裂傷に影響を与える可能性がある、いくつかの条件をご紹介します。

  • 赤ちゃんがとても大きい場合
  • 分娩誘発、特に鉗子を使用している場合
  • 会陰切開の有無
  • 反屈位、回旋異常、または逆子
  • いきむのが早すぎた場合またはいきむことが難しい場合
  • 膣口と肛門の間の距離が非常に短い場合

分娩時の会陰裂傷の度合い

出産時の会陰裂傷を予防するには

会陰裂傷は、症状の重症度によって4度に分類することができます。

  • 第1度会陰裂傷:会陰部の皮膚の表面に小さな傷が起こるケースで、大きな影響を与えることのない傷なので、簡単に治癒ができ、筋層には達しない裂傷
  • 第2度会陰裂傷:会陰部の筋肉の一部である会陰筋層に表面上の影響を与えるが、肛門括約筋には達しない裂傷
  • 第3度会陰裂傷:会陰の周りの筋肉にも影響を与え、特に肛門括約筋まで切り込みが入る裂傷
  • 第4度会陰裂傷:第3度裂傷に加えて、肛門粘膜や直腸粘膜での損傷を伴う激しい痛みを伴う裂傷

ご存知ですか?:産後の女性が回復するのに必要なのは1年

分娩時の会陰裂傷を予防する方法

出産時の会陰裂傷とその予防法

分娩中の会陰裂傷を防ぐ最前の方法は、妊娠中から予防策を講じることです。

これらの予防措置を行うことで、分娩中の会陰切開を避けることも可能です。

予防策には次のものがあります。

  • 会陰マッサージ:会陰に適した体に良いオイルを使用して会陰部にマッサージします。これにより、会陰部分の筋肉と皮膚に弾力が与えられます。
  • ケーゲル体操:膣の筋肉を強化するケーゲル体操は、妊娠5ヶ月目から毎日行うことをお勧めします。
  • 産道を通る赤ちゃんの通過速度をゆっくりとさせること:これは会陰部分が出産への準備をする時間が十分に得られることに加えて、赤ちゃんが外に出るときにかかる負荷を軽減します。
  • 出産時の位置:会陰をサポートする効果がある位置がいくつかあります。座った状態、立った状態、または横になった状態などです。また、水中出産は会陰裂傷のリスクが少ないと言われている出産方法です。
  • 温湿布:筋肉の弾力性を高め、分娩中の痛みを緩和するのに役立ちます。

現在妊娠中の方で、分娩中に起こる会陰裂傷が心配だという場合は、今回ご紹介したアドバイスに従い、会陰裂傷のリスクを軽減するように努めましょう。

何か疑問や懸念することがある場合は、必ず産婦人科医に相談をして自分が納得いくまで話をするように心がけてください。

  • Sánchez Casal, M. I. (2012). EPISIOTOMÍA VERSUS DESGARRO. Revisión de las evidencias científicas. Enfermería Docente.
  • Ferri Morales, A., & Amostegui azkúe, J. M. (2004). Prevención de la disfunción del suelo pélvico de origen obstétrico. Fisioterapia. https://doi.org/10.1016/S0211-5638(04)73110-7
  • Vardon, D., Reinbold, D., & Dreyfus, M. (2015). Episiotomía y desgarros obstétricos recientes. EMC – Cirugía General. https://doi.org/10.1016/S1634-7080(14)67435-8